Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2018年9月21日放送分ネット配信

9月21日のBrillante!は、FM香川から、雑誌IKUNAS編集長で、グラフィックデザイン事務所 tao.代表・久保 月さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.193 2018年9月21日放送(香川)久保 月 さん (グラフィックデザイン事務所 tao.代表)

9月21日のBrillante!は、FM香川から、雑誌IKUNASを発行しているグラフィックデザイン事務所tao 代表の久保 月さんをご紹介しました。

 

 

 

何の先入観もなく手に取ると、中央のハイセンスなカルチャー系の雑誌と見紛うこと間違いなしの「IKUNAS」・・・「讃岐」をローマ字にして(SANUKI)逆から読むと→IKUNAS=イクナス。9月末には最新刊8号が発行されます。

 

 

とにかく引力が強い「表紙」・・・見た事ある物や風景なのに初めて見るような力で迫ってきます。それは久保さんが、28歳で東京からUターン出戻り、カメラとペンと紙を持って突撃取材を初めた頃からの「コンセプト」なのです。

取材を通して印象的なフレーズ、シズル感、上質な質感、広がり、それを切り取って表紙につなげていく。自分たちのフィルターを通して、この土地の「今気分」を集めて届けるぞ、と言う気持ちが全ページに詰まっています。

 

 

 

 

IKUNAS発刊のきっかけは、久保さんが東京で進学・就職する中で、故郷香川について問われてもあまり答える事が出来かったこと。地元に戻って来てから、東京時間と香川での時間が違うこと(居心地の良さ)にあらためて気付いたことだとそうです。

 

 

 

そんな中である漆作家に出会い、もっと知りたいと思う気持ちが芽生え、それを受け入れてくれた作り手の人、魅せてくれた素敵な時間を「紹介したい!」と言う衝動に駆られたと振り返ります。元来、東京指向だった久保さんは、当然、どうせ紹介するなら東京へ・・・と思いましたが、意外にも地元からの反響が大きく、地元の人でも「知りたいんだ」という気づきが会ったそうです。

 

 

もともと<手仕事><職人><道具>が好きな久保さん。香川の手仕事>漆作家>伝統工芸>産業として成り立っている・・・と、段階的な気付きがあって、「これ面白い」・・・になって、「さぬき時間を楽しむ」という基本コンセプトが出来て、IKUNASがスタートしたそうです。

 

 

普通に暮せば暮らしていけるけれど、「おもしろがって暮らすと、もっとおもしろいよ」というところが伝われば「よし!」という編集方針です。

 

 

 

今週のキーワード「繋ぐ

 

 

久保さんは、ものづくり、伝統工芸、郷土料理、産業。讃岐時間を楽しみながら、みんなを巻き込んで次につないでいくのが役割だと感じています。それは、第一号が発刊された2006年12月の翌月に長女を出産したことで、(地元で生きていく)強い根っこが出来たから・・・。だから、我が子のように愛おしくて可愛くて可愛くて、と顔をほころばせます。

 

 

 

 

 

おしゃれな北浜地区にはIKUNAS Roomtao編集部の隣には、IKUNASで取り上げた物が並んだギャラリーを展開しています。「さぁ、ぜひみなさんご一緒に讃岐時間を楽しみましょう」IKUNASの1ページ1ページから、写真と言葉で語りかけているようです。

 


2018年9月7日放送分ネット配信

9月7日のBrillante!は、FM愛媛から、 、シンガーソングライターの、白石ひでのりさんにお越しいただきました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.192 2018年9月7日放送(愛媛) 白石 ひでのりさん [シンガーソングライター]

今回は、シンガーソングライターの、白石ひでのりさんにお越しいただきました。

去年惜しまれながら解散したバンド「キミトサイン」。

アルバムを3枚リリースし、2017年には、映画「今夜新宿で、彼女は、」(主演:広山詞葉、監督:山田佳奈)で、「消せらセラレル」、「所在不明」が劇中歌となるなど、東京を拠点に幅広く活動していました。

その「キミトサイン」のリーダーで、ボーカル&ギターを担当されていた方が、白石さんです。

 

現在39歳の白石さん。音楽を始めたきっかけは、「挫折」だったそうです。

「中学高校大学と陸上をしていました。オリンピックとか、実業団に入って活躍したい!と頑張っていたのですが、大きな大会で、才能ある選手たちと競走した時、『自分は才能ないなんだな』と、実感して。 

心がポキッと折れて一晩泣き明かしたあと、なぜか、『自分の曲を作ろう』と、ギターを買いに行っていました。」

それまで音楽の経験は全くなかったそうですが、幼い頃から絵を描くことが好きで、大学進学時には芸術大学に行くか、陸上で進学するか、迷ったほど。創作に通じる“美術と音楽”は、白石さんにとって近い存在だったのでしょう。

「曲を書いて、そこに、自分のアイデンティティ、自己証明を求めた感じですね。」と当時を振り返ってくださいました。

 

広島の大学を卒業すると、故郷松山へ戻り、ライブハウスやバーでライブ活動を始め、ソロやバンドで、音楽活動を続けてこられました。 2006年には、当時結成していたバンド「ニッポリヒト」で、四国最大級のロックフェス「モンスターバッシュ」に出演されたり、2008年には、高校野球愛媛大会のテレビ番組テーマソングに「肯定前夜」が選ばれたほか、「裏松山計画」という音楽イベントをスタートさせるなど、愛媛のミュージックシーンを引っ張って来たキーパーソンの一人です。

 

「こんなこと言ったら・・・ですが、それまでは、“東京”とか、“売れる”ことにアンチなところがあったんです。でもだんだんと、本当は色んな人に伝えたいんじゃないかな、届けたいんじゃないかな、と思うようになりました」。

ご自身の30歳の誕生日・2009年1月16日に、大きな野望を持って東京へ拠点を移しました。

そして、2014年、「キミトサイン」結成。

「東京では、色々なものに気づかせてもらい、学ばせてもらいました。松山の大切さとか、夢をもらったし、夢が厳しいものだということも教えてもらいました。」 そんな経験も、白石さんの楽曲で聞くことができます。

「歌詞は、自分のことしか書けないんです。ほとんどが私小説で、その時その時思っていることをそのまま書きました。 若い頃は、文句ばっかり言ってる歌詞が多かったんですが、だんだんと、それじゃあ成長につながらないと思い出して…。 現実を書いて、最後に少しだけ背伸びをして書くようにしています。そうすると、歌っている時に自分も後押しされるんです。ウソは歌いたくないですしね。」 自分の人生のストーリーが、白石さんの楽曲と重なる部分があるのは、私だけではないと思います。

生きる指針、道しるべのような応援ソングだなあと感じました。

 

白石さんは、39歳になられた今年、愛媛に帰ってこられました。

「タイミングが色々重なりました。メンバーの人生もしょっていたので、このまま闘い続けるのか、一度みんな離れたほうがいいのか、僕はこれからどうしようかな、と考えるようになって。そんな時に松山から色々お誘いがあったり、家族のこともあったりしたので、松山でもう1回頑張ってみようかな、松山でもっとできることがあるかもしれないと、思って決めました。」

現在は、ご自身の音楽活動も続けながら、「マッドマガジンレコード」で、愛媛のご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」、

「唯我独尊」のプロデュースやマネージメントなど運営にもかかわり、多彩に活動していらっしゃいます。

 

白石さんの夢を聞きました。 「自分自身の音楽は、マイペースで、自分の自信を持てる曲づくりやライブをして、音源も自信を持って1人1人に届けられる音楽活動を、人生通して取り組んでいきたいです。 マネージメントとしては、自分が担当している「ひめキュンフルーツ缶」、「唯我独尊」がもっともっと有名になって、愛媛を盛り上げていく存在になってほしいと思っています。」

白石さんワールドが今後どこに、どのように広がっていくのか、楽しみです。

 

そんな白石さんのキーワードは「心鳴」✨✨

「“心鳴る”、で“しんめい”。僕の 作った言葉=読み方なんですが(*^-^*)。僕はなんで歌ってるんだろう?っていつも思うんです。 結局、歌うことが好きで、誰かに届けたいんですね。そのためには、心を裸にして、鳴らしていかないといけないと思っています。 せっかく松山に帰ってきたんだから、松山のアコースティックシーンを盛り上げたくて“心鳴”というタイトルでイベントを開催しています。」

そのイベントが9月16日 松山市河原町「松山キティホール」で行われます。ぜひお出かけください。

シンガーソングライターとして、そしてプロデューサーとしてのさらなるご活躍を応援しています!

 

にこっと笑うと、少年のような優しい笑顔を見せてくださいました。 白石さんのお言葉に、心が鳴りました♪

 

白石さんの活動は、HP → http://shiraishi-hidenori.com/ 

そのほか、Facebook、Twitter、Instagramでも見ることができます。


2018年8月17日放送分ネット配信

8月17日のBrillante!は、FM高知から、高知工科大学 宇宙開発サークルRaSK代表の池田 直崇さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.191 2018年8月17日放送(高知) 高知工科大学 3年生 池田 直崇さん

今日は、高知工科大学 宇宙開発サークルRaSK代表の

池田 直崇さんにお話を伺いました。

 

RaSKは、ロケットや模擬人工衛星、エンジンの製作、

製作したロケットの打ち上げなどを通じて、

機械工作技術や電子工作技術の習得、

ロケットや宇宙工学に対する知識や関心を深めていくことを目的に、

2017年に設立されたサークルです。(HPより抜粋)

 

また、地域貢献活動として、

ロケットの打ち上げの教室なども開催しています。

 

先日、北海道で打ち上げられた

民間開発のロケット『MOMO2号機』には、

サークルの顧問の先生が自ら打診し、

超低周波音計測器を積み込みました!

 

池田さんは現在工学部の3年生。

サークルの代表を務める傍ら、

高知県初の大学生によるロケットエンジン開発にむけて

部員の皆さんと奮闘中です。

 

小さいころから、大きな乗り物や

空を飛ぶものに興味があった池田さん。

しかし「宇宙」に関心があったかといえば・・・

入学してフラッと見学に訪れた宇宙開発サークルに出会い、

あっという間に虜に。

 

今まで苦労したこと、印象に残っていることは、

1年生の時、初めてロケットの実験リーダーを任せられたこと。

当時の先輩から手厚くフォローをしてもらえるだろう・・・!

可愛い子には旅をさせろ精神だったのでしょう。

かなり大きな重圧の中、夜も眠れない池田さんでしたが、

仲間や先輩の協力もあり、初の実験を成功にさせました。

 

苦しい思いをしたからこその成功であって、

先輩も、そういう経験を池田君にしてほしかった。という思いがあったそうです。

池田さんも、後輩たちには強い気持ちをもって

サークル活動に取り組んでもらいたいと考えています。

 

今後は、10月からクラウドファンディングを実施して

エンジン開発にむけて資金を調達する予定だということです。

これを絶対成功させて高知県初のロケットエンジンを製作し、

たくさんの人に知ってもらいたい!と気合が入っています。

 

これが、エンジンだそうです・・・

ものすごくコンパクトで驚きました。

 

今日のキーワード 気持ち

⇒気持ちが全ての始まり、やる気も結果も気持ちの後についてくる!

 

RaSKのこれからの活動はHPをチェック!

http://wprask.wp.xdomain.jp/

 

♪リクエスト♪

『ランニングハイ』/Mr.Children.


2018年8月3日放送分ネット配信

8月3日のBrillante!は、浅井製菓所の浅井裕太さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.190 2018年8月3日放送(徳島)浅井裕太さん(浅井製菓所)

今回は徳島県民に親しまれている花嫁菓子を製造販売されている浅井製菓所の浅井裕太さんにお越し頂きました。

 

 

”お嫁さんのお菓子”。

徳島県民なら一度は食べたことのある、そして聞いたことのあるであろうこのお菓子。

浅井製菓所のものは赤・白・黄色の三色に彩られた小判型が特徴で、サクッとした食感の後口の中でホワッと溶ける、

とても優しい味わいのお菓子です。

そしてこの花嫁菓子はなんと徳島県のみで一般化しているとてもおめでたい風習なんだそうです。

 

徳島が誇るお菓子を作られている浅井さんは徳島市のご出身。

小さいなころから「いつかは家業を継ぐだろうなあ」と思われていたそうですが、

大学2年までは野球に打ち込まれていました。

そして野球を続けていく中で自分自身の中に限界を感じ、その際昔からやろうと思っていた家業を継ぐと決心されました。

また家業を継ぐに当たっては無理をして野球を続けさせてもらったご両親への感謝の気持ちもあったそうです。

 

現在浅井さんはお父様とお母さまの3人でお菓子作りをされていらっしゃいます。

幼いころからご両親が仕事をする姿を見ていた経験もあり、すぐに仕事に馴染めると思っていた浅井さん。

しかし実際に作業を行えば行うほど様々な想いが出てくるようになり、

上手くいかないことに憤りを感じることもあったんだそうです。

また家族と言えど同じ空間でずっと作業を行うことや、気遣いも大変なことの一つであると仰っていました。

 

浅井さんはお菓子作りを続けるうちにあった印象的なこともお話してくださいました。

ある期間浅井さんご自身が思うように仕事の工程が上手くいかないことがあったんだそうです。

そんな時お菓子を買ってくれたとあるお客様から、

「お菓子を使ってよかった。お兄ちゃんも頑張ってやってね」という言葉をいただき、

その一言から頑張るエネルギーをもらうことが出来たんだそうです。

今でもそのことには感謝しかないと仰っていました。

 

そんな浅井さんのキーワードは、

き楽しむ・縁き

良いこと、悪いこと、様々なことがある人生。

辛いことを辛いと考えるとただ苦しいだけなので、どちらの面も楽しもうと考えているんだそうです。

また生きていく中で全ての人と会うことは不可能ですが、その中で出会った人の”縁”を大切にし、

今後お菓子を使っていただけるお客様も”縁”だと思って、一生懸命にお菓子を作って提供していきたいと仰っていました。

 

 

さて浅井さんの今後の展望として、もっと多くの方に知って頂き、

気軽にお菓子を使って頂きたいという想いがあるんだそうです。

毎日真剣に一枚一枚手作業で作られている浅井さん。

その気持ちをお菓子の優しい甘さとして皆さんにお届けしたいと仰っていました。

また最近は結婚式の際、新郎さんと新婦さんが皆さんをお見送りする際に、

プチギフトとして花嫁菓子を送る方がよくいらっしゃるんだそうです。

浅井製菓所では可愛くラッピングしているそうで、

多くの方に気軽に利用して頂きたいともお話してくださいました!

 

徳島県ならではのおめでたい花嫁菓子。

是非これからも多くの方に利用して頂きたいです!

 

 

浅井さんが作られている花嫁菓子などについて詳しくは、

浅井製菓所のHPをご覧ください!

http://www.asaiseikasyo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年7月20日放送分ネット配信

7月20日のBrillante!は、台湾出身で香川県在住、観光情報サイトLife Takamatsu編集長、Ting Linさんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.189 2018年7月20日放送(香川)Ting Lin(林怡亭)さん(Life Takamatsu 編集長)

Brillante! FM香川からのゲストは、インバウンド向けタウン情報サイトLife Takamatsu 編集長の Ting Linさんです。大きな瞳と甘い声、満面の笑みで「緊張します〜」と、とても流暢な日本語です!

 


 

台湾から香川県に移住してきたTingさんが手がけるwebmedia「Life Takamatsu」は、観光地、飲食店、宿泊施設、イベント情報などを英語、韓国語、台湾、中国語の4言語で発信しています。穴場やきめ細かい情報などが多くの読者の人気を集めています。
 

もともと海外への移住は全く考えていなかったTingさん。6年前に訪れた、瀬戸大橋を渡る電車から見える瀬戸内海の夕景に一目惚れしたのだとか。島や観光地を巡り、その後何度も足を運びます。そこで旅人として感じたのは「日本語の情報はたくさんあるのに、私たちが読める繁体字の情報が少ない」ということ。訪日を重ねて友人も増え、あるとき香川の友人から移住について問われたところ・・・台湾ではメディア関係の仕事をしていたこともあり、自分らしいやり方、自分たちの言葉で香川の魅力を発信したい、と「Life Takamatsu」を立ち上げました。
 

そして、香川県へ移住して3年目になります。旅行の情報だけじゃなくて、できれば住みやすいという雰囲気も伝えたい、と考えて付けた名前。Tingさん自身も、住み心地のいい雰囲気を感じたからだそうです。
 

台湾では、瀬戸内国際芸術祭がよく知られていて、日本を訪れるきっかけになっているようです。自然が沢山あるところから、作品鑑賞するだけではなく、遊びや、のんびりするために、いくつかの島を巡り、まるで「帰ってくる」かのように香川を訪れるそうです。
 

台湾で行われたイベントでも、香川県に対する関心の高さが感じられたと語るTingさん。女の子に「何処が一番好きか?」を聞いたところ、手帳を見せながら丁寧に説明してくれたこと。鮮明に記憶に残されている、と感動したと振り返ります。
 

「島の自然がいっぱいなところは何度見ても感動します。地元の人たちがすごく熱心で、地域をおこすように頑張っている姿が一番の感動です。」
 

 

「これからの目標は台湾人として、観光客として、珍しい面白い記事をたくさん増やしたいです。これからも頑張らなくちゃ!」と張り切る様子も可愛くて魅力的!そんなTingさんです。
 

 

今週のキーワード★「初心を忘れないこと」
 

 

香川に住んで何でも慣れてきました。でも、どんなに慣れていても最初の気持ち、初心を忘れないで(観光客の目線で)面白い情報を提供したいです」自然や人を魅力的だと感じる心。それがまたTingさんの描く香川の魅力とTingさん自身の魅力につながっているのだと感じました。
 

 

Life Takamatsu」は、ライフ高松、Life Takamatsuで検索してください。

 


| 1/31ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

recent comment

サイト内検索