Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2017年3月17日放送分ネット配信

3月17日のBrillante!は、FM高知から、川添ヤギ牧場の川添健太郎さんをご紹介しました。


No.155 2017年3月17日放送 (高知) 川添ヤギ牧場 川添 建太郎

南国市にヤギ牧場を経営する川添建太郎。

国内ではあまり目にする・口にする機会が少ないヤギミルク。

川添さんがヤギミルクと出会ったのが約12年前。

音楽の勉強でドイツに留学した際にスーパーで出会ったヤギミルク。

日本ではあまり馴染みがなく、少し興味を持ったそうです。

(当時飲んだ感想は「あまり美味しくない」独特の臭みが強かった印象)

 

日本に帰って、すぐに牧場経営を始めたわけではなく、

5年位は「ヤギミルク」には全く触れず生活を送っていました。

その後、農業共済組合に務めるようになり「家畜担当」に。

その際に牛の農家さんと話をする機会が増えました。

(実はヤギは牛科の動物!ヤギの病気や飼い方を学ぶ)

この時に、大きい牛を飼うのは大変だから、

ペットを飼うような感覚でヤギのオス・メス1頭ずつを飼い始めました。

後々商売にする!という考えはなく、

ペットがミルクを出してくれるならラッキー♪

自分で飲むくらいは出来るのかな?という感覚だったそうです。

 

川添ヤギ牧場のヤギミルクは独特の臭みがないのが特徴。

その秘密は、こだわりの「飼料」にあります。

100%自給飼料で、輸入飼料は一切使わず新鮮な牧草を通年ヤギに与えています。

ヤギの排泄物を土に加えて畑で牧草を栽培。

循環型の仕組みを確立するなど育て方を工夫しています。

 

ヤギミルクは牛乳と違って通年流通している訳ではありません。

秋頃に発情し、約5カ月の妊娠期間を経て春に出産。

ヤギミルクの流通が始まるのは3月頃からなんです!

(可愛い赤ちゃんがたくさんいました!)

 

現在、日本で商売としてヤギを飼育している牧場は20件ほど。

その中で頭数だけで言えば、川添さんの牧場は2位!(100頭ほど)

まずは、数で全国1番になることが川添さんの目標です。

 

きキーワードき

 縁と運

色んな方に恵まれて助けられながらヤギを飼育できている。

様々なタイミングが重なって今があると感じています。

 

昨年は、地元の「ひまわり乳業」と共同でヤギミルクの生乳を商品化。

また、プリンやジェラートなど様々な企業の加工品にも使用されています。

高知県内で見かけた際はぜひ味わってみてください!

ひまわり乳業のHPからも購入できますニコ


2017年3月10日放送分ネット配信

3月10日のBrillante!は、FM徳島から、ドローングラファーの水口知己さんをご紹介しました。


No.154 2017年3月10日放送(徳島) ドローングラファー 水口 知己さん

FM徳島からご紹介するのは、ドローングラファーの水口知己さんです。

 

 

ドローン動画コンテストで最優秀賞を受賞された水口さん。

 

受賞作品「くもとそら」が見られるのがこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/porto3316drone 

 

普段私たちが地上を歩いている場所、

空から見るとこんなにも美しいところで暮らしているんだ!と、

改めて発見と衝撃をおぼえました。

 

 

そもそもドローングラファーとはどんなお仕事なのでしょうか?

 

一般の方にもドローンが普及している昨今、

ただドローンで撮影するだけでなく、作品として作り上げるまでが仕事。

 

愛用機は「PHANTOM」という小型のドローン。

大型のドローンは2オペレーターで操縦と撮影が別ですが、

水口さんは操縦と撮影を一人で行っているそうです。

 

元々、航空機に乗って写真を撮影する業務に携わっていた水口さん。

費用や天候などの問題に直面することも多く、

新たな上空撮影を考えていたところ出会ったのがドローンでした。

 

法律の関係上、都市部などの街中では撮影が難しいため、

ドローン業界では地方の町が熱いスポットになっているのだそう!

 

都会よりも地方の方がドローンでは一歩先へ進んでいるんですね。

 

 

水口さんのキーワードは…

 

き見たことのない美しい景観が無数にあるき

 

 

全国の美しい景観をまとめたマップの制作プロジェクトを現在進行中とのこと。

 

今までに見ることがなかった空からの視点は、

私達のふるさとの美しさを改めて教えてくれます。

 

これからの水口さんの活動にご注目ください!


2017年3月3日放送分ネット配信

3月3日のBrillante!は、FM香川から、番組最年少ゲスト・インドにかき氷ショップを出した小学生、ななちゃんと、お母さんの智美さんをご紹介しました。

 


No.153 2017年3月3日放送(香川) インドにかき氷のお店を出店した小学生・ななちゃん

今日はFM香川から、3月3日、ひな祭りにふさわしい、かわいいゲストをご紹介します。なんと、小学生の普通の女の子が「インドでかき氷のお店」を出してしまったんです。お越しいただいたのは、「ななちゃん」と、お母さんの智美さんです。
 


 

一昨年の春、お父さんから、旅をしたときやお仕事でのインドの話を聞いて興味がわいてきたななちゃん・・・小学生の世界では唯一の「暑い国・インド」の人に、自分の大好きなかき氷をインドの人たちにも食べてもらいたいなぁと思ったのが事の起こり。なんと、インド・かき氷店出店計画書を作ってしまったのです。
 

計画書の表紙には 2016年の春にお店を出す!と 目標が掲げてあり、お店を出すのに準備すること、そのためにどうするのかが内容として書いてあったそうです。これを元に両親や親戚にプレゼンテーションを行い、お爺ちゃん・おばあちゃんには「出資のお願い」の手紙を書きました。そこから大好きなおやつをがまんし、毎日お手伝いをしてお小遣いをため、なんとか必要経費を捻出しました。
 

そしてついに昨年の春、ななちゃんは 初めてインドに行ってきました。お父さんのお友達であるインドの家族、子どもたち サクちゃん、ハスちゃんも一緒です。
 

仏教の聖地といわれるブッタガヤの街で ななちゃんのかき氷のお店「Nana’s cafe」がオープン。氷を削ったり、シロップをかけたり、子どもたちが一生懸命になっている姿をみて、周りの見知らぬ人たちも沢山手伝ってくれました。暑いインドの国で日本のかき氷が食べられる!お店は大人気となって、2時間で40杯も売れたそうです。現地の新聞でも取り上げられて話題になりました。
 

 
 

しかし、実際にインドに行ってみると、お金がなくて買えない子どもたちがいるのを目の当たりにします。そして、自分と同じような年の子どもたちが学校に行きたくても行けないという現実も、ななちゃんは知りました。そこで今度は「みんなが行ける学校を作りたいな。きれいなお水が飲めるように、井戸も作りたいな。お店を手伝ってくれたインドの人たちにも恩返しがしたいな。」と、また夢が膨らみました。
 

ちなみに「学校」は、現地の人たちの協力ですでにフリースクールが開設されています。

 

 

 

もうひとつの夢「井戸を掘る」ことも実現するには・・・Nana’s cafeを大成功させることでその新たな目標へつなげよう!と家族で話し合いました。そのために、その年の夏の二度目のインドでは、Nana’s cafeはかき氷の代金を決めませんでした。お客さんがそれぞれの払える額を支払ってもらうというシステムにしたのです。そして小さな子どもたちにはかき氷をプレゼントしました。これは大成功で、今度は3時間で90杯と大盛況!
 
ナナズカフェのメニューはもちろんななちゃんが考えました。シロップの種類はマンゴー、イチゴ、ピーチ、チャイ。いろんな味が楽しめるごちゃ混ぜフレーバーもあります。中でも富士山をイメージした「Mt.Fujiフレーバー」は、ブルーハワイに練乳がかかって、一番人気! 話してくれている途中でも「食べたくなった〜」とななちゃん。
 
メニューの考案だけでなく、メニュー表もななちゃんの手作り。絵を描くのも大好きだというななちゃんと、インドのお友達もサリー姿で一緒に描かれています。そしてそこには綺麗な虹がかかっています。
 

どうして虹なの? と聞いてみると・・・「インド人と日本人とをつないでいる 架け橋だから」
 

 

昨年の秋からは、この新しい夢とともにクラウドファンディングで資金を集めたところ、目標額を大きく上回る出資金が集まりました。中には、直接ななちゃんに渡したいという人もいて「がんばってね」と応援してくれました。そのおかげで、この春には 新しい移動式店舗が出来ました!そこには願いがこめられた虹も描かれているとか!!

 

今週のキーワードき思ったことは実現する!き
 

 

ななちゃんが最初に「インドでかき氷屋さんをしたい!」と思ったから今があるわけですから、この言葉には重みを感じますね。そんなななちゃんを見てお母さんのともみさんは・・・
 

「インドの国ってハチャメチャなんですが、小学生の娘もハチャメチャなんです。でも、それがすごく楽しいんです。最初はななちゃん一人の夢が、家族の夢になって、クラウドファンディングを通していろんな人の夢になっています。それを追っかけているのが、また楽しいんですよね」
 

すかさず、ななちゃんからは「ママに似たんや」とツッコミが入りました(笑)

2017年2月24日放送分ネット配信

2月24日のBrillante!は、FM愛媛から、絵本作家の秋田緑さんをご紹介しました。

 


No.152 2017年2月24日放送(愛媛) 秋田 緑さん(絵本作家)

今回は、絵本作家の 秋田 緑さんに お越しいただきました。

 

秋田さんの絵本には、「天使」、「ユニコーン」、「蝶」や「青虫」などが出てきます。

「心の目で見たらやっと見えてくるような、現実にはいない存在や、虫たちが、先生となって教えてくれる、という話が多いです。

主人公となる、コンプレックスを持っている存在を、『私』として描いています。」と、秋田さん。

 

ストーリーは、秋田さんがこれまで生きてきた中で、乗り越えられなかったことや、迷いがあった時に、お友達やお世話になった方から教えていただいて、秋田さんの心に響いたことが描かれているそうですが、秋田さん、とても興味深いことをおっしゃいました…

「実は、描く前に、宇宙に投げかけるんです。今、この地球に必要なメッセージがあれば、私を通して描かせてください、って。

そうすると、勝手に物語がダウンロードされて、降りてくるんです。」

「私の心が浮かれていても、落ち込んでいても、一切降りてこないんですが、フラットな、ニュートラルな状態でいると、自然と、物語の声が会話として聞こえてきて、それを、私がパソコンに向かって打ち込む。大体、そういう作業で、絵本が出来ます。」…魔法のようですね!

 

そして、書き始めてもいつも、「物語の最後は分からない」のだそうです。

「迷ったり悩んだりしたことを乗り越える流れとか、いきさつとかを、新たなヒント、アイデアとして、主人公が、教えてくれるんです。私自身がそこで学ぶこともあるんです。」

 

例えば、「ユニコーンと魔法の愛の種」。

角や羽根がないこと、みんなと溶け込めないことをいつも悩んでいた、ユニコーンの子供「ユニ」が、 地球でたくさんの仲間と触れ合うことで、大切なことが分かっていく、というストーリーですが、この絵本の制作には、半年かかったそうです。

「3章を書き終えたところで、自分の中にエゴが出てしまったんです。

うかれすぎて、わくわくしすぎてしまって、そうしたら、ダウンロードが止まってしまい、何も浮かばなくなってしまいました。4章にとりかかれるまで2か月、ブランクがありました。よく見せたい、よくありたいと思ったり、他人と比べたりすると、物語が生まれないことがよく分かって、気持ちをゼロの状態にしたら、ふっと降りてきました。」

 

秋田さんの絵本の読者は、20代から40代。男性は、特に50代の方が多いそうです。

「みなさん、なかなか人に聞けなかったり、気づいたけど相談できない、ということがあると思うんです。なので、大人でも、迷っていいんだよ、悩んで当然なんだよ、ということを言いたくて、『大人向けの絵本』として、作っています。」

 

秋田さんは、去年の11月、5冊目の新作「あなたが描いた物語〜ハッピーエンドにしかならない〜」を出版されました。

女の子が青虫と出会って、その青虫が蝶になっていく様子を見ながら、自分の成長を感じていく物語です。

 

秋田さんは、「『自分をちゃんと愛してあげてほしい。心の声をいつも聞いてほしい。』そんなことを伝えたいです。」とおっしゃっていました。

 

秋田さんにこれからの夢を伺いました。

「表現をすることが大好きなので、言葉であっても、音であっても、描くことであっても、与えられたステージは、躊躇したりせずに、できるだけなんでもやっていきたいと思っています」。

そんな思いで今回制作されたのが、「あなたが描いた物語」の「聴く絵本・オーディオブック」。歌にも挑戦されました。

 

「言葉だけでなく、音が乗ることで、もっと伝えられることがあるんじゃないかと思って。 人生って、どの瞬間にも、BGMが流れていると思うんです。それを意識することで、『どの瞬間も、今がゴールなんだ』、って思える。それを、自分がフォーカスして、無駄な時間はなくて、どこも自分のクライマックスと思えば、投げやりになることもなく、集中してできるんじゃないかな、と思います。もちろん、力を抜くことも大切なんですけどね。

歌の表現、言葉の表現をミックスして、色んな形で発信していきたいです。」

 

そんな秋田さんのキーワードは、き「ハッピーエンドにしかならない」き☆彡

「新刊絵本の副題です(^-^)。絵本にもあるんですが、

えんま様は、ハッピーエンドのシナリオにしか、OKを出さなくて、それで私達が地球に生まれてきたと思っているので、私達全員の人生が、ハッピーエンドにしかならない、と思っています」。

 

秋田さんのイベントがあります。

・3月19日(日)13:30〜14:30 エミフル・フローラルコート 

・4月9日(日)13:30〜15:00 子規記念博物館・視聴覚室

 

詳しい情報はこちらからどうぞ。

↓↓↓

http://ameblo.jp/greenti/entry-12248189157.html

 

さらに、Facebookもあります。

秋田さんのイラストとメッセージが描かれた、人気の「言の葉カード」も

掲載されています。とってもあったかな気持ちになれます…ぜひご覧ください。

秋田さんの作品と、秋田さんの声やお話は、まさに魔法のようで、たくさん癒され、たくさん元気をいただきました。

これからも、たくさんの人に、幸せをお届けください!


2017年2月17日放送分ネット配信

2月17日のBrillante!は、FM高知から、タウン情報誌「季刊・高知」を発行する株式会社クリケット代表取締役 野並良寛さんをご紹介しました。


No151 2017年2月17日放送(高知) 株式会社クリケット 代表取締役 野並 良寛さん

株式会社クリケットでは、

年4回刊行のタウン誌「季刊高知」の発行・編集、

印刷物の企画・製作、地域づくりのプランニング、

コンベンションのコーディネートを手掛けています。

 

タウン誌編集者から25歳で独立して「季刊高知」を創刊した野並さんですが、

その約4年後に休刊。資金面での決断でした。

季刊高知休刊中は、観光に携わる仕事などを経験。

高知県には、まだまだ知られていない素晴らしい財産がたくさん。

「やはり本を作りたい!」という思いから、

10年間の休刊を経て2005年に復刊。

 

季刊高知には特集ページや著名人へのインタビュー、エッセイなど、

高知の豊かさや、ヒト・モノ・コトを掲載。

 

内容は、野並さんが実際に食べた、感じた、歩いたなど、

良いと思ったことを記事にしているそうです。

「僕の好きなように作らせてもらっている。」

という、言葉が印象的です。

 

またクリケットのHPのは、

英語版の季刊高知を更新しているそうで、

その記事を見た外国の方が、高知を訪れることもあるそうです!

 

き今日のキーワードき

ずっと残っていく本

季刊高知は、バックナンバーの注文がとても多いそうです。

最新号を読んで「前のも読んでみたい!」と思い読者の方が多い証拠ですね。

 

野並さんは、多くの方に「読みたい」「ずっと家で残したい」

と言ってもらえる本づくりをしたい、

これからも季刊高知を継続して発行していくことが、

これからの展望でチャレンジだとお話をされていました。

 

株式会社クリケット

http://www.k-cricket.com/index.html

 

今日のリクエスト♪

「ブルースカイ」/チューリップ


| 1/24ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 近藤公美
FM徳島
近藤公美
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

recent comment

サイト内検索