Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2017年11月17日放送分ネット配信

11月17日のBrillante!は、FM香川から、有限会社 電マーク代表、中野裕介さんをご紹介しました。

 


No.173 2017年11月17日放送(香川) 中野 裕介さん(有限会社 電マーク 代表)

Brillante! FM香川からのゲストは 有限会社 電マーク代表の 中野裕介(なかのゆうすけ)さんです。

 

 


 

電マークは、2000年に立ち上げた「デジタルにかかわる領域をつかって新しいこと!」に取り組む会社です。設立当初は、まだインターネットが出始めの頃で、なかなか自分の回りの環境も人も追いついていなかったと振り返る中野さん。今はスマートフォンやSNSが登場し驚くほど状況が変わりました。それでも未だに電話では「どこの国?」とか言われることもあるそうです(笑)

 

香川県出身の中野さんが大学卒業後、東京で就職し、地元に帰ってきた頃、香川大学大学院工学研究科が創設されたこともあり、研究室に入り、情報通信の技術開発に取り組みました。さらに、地域でどうやって活用できるかということに興味がわき、そのなかでインターネットを使ったライブ配信や、Team☆Laboとコラボしてデジタルアートの展示に関わり始めます。
 

高松ウォーターフロントフェスティバルや高松メディアアート祭など、四国で大きなイベントのある所には必ず中野さんがいらっしゃいますが、最近では先月に徳島県三好市で行われた「ラフティング世界選手権」では4台のドローン映像を遠隔地に生送出する取り組みを行い、白熱のレースを全世界に発信しました。
 

スタジオには、そのラフティング世界選手権2017の際の模様を360度のカメラで撮影した映像をVR体験できるヘッドセットを持ってきてくださいました。
 

VR初体験!!「わぁ〜〜!」と思わず声がでます。水しぶきとせまりくる岩、選手達の迫力。全てが目の前に広がっているかの様でした。競技会場となった大歩危小歩危の景色も美しいです。実際にパブリックビューイング会場では、VR体験コーナーもあり、多くの人でにぎわったようです。「観光客の人が映像をみて、その地域の観光の促進になれば・・・デジタルでどうやって興味をもってもらえるかが僕たちの狙いなんです。」と中野さんは語ります。

 


そして将来は東京オリンピック!で、今までは撮影できなかったものをドローンをつかって沢山の人に配信したり、遭難や災害現場の報道・救助に役立つ技術にしてゆきたいということです。

 

そんな電マーク・中野さんの、今一番新しい取り組みは「ロボット開発」。チュニジア、インドなど外国からの若く優秀なエンジニアとチームを組み、「ひよこの雄雌を鑑別するためのロボットシステム」を開発中なんです。ABB社の産業用ロボットをカスタマイズして、動き回るひよこを捕まえ、雌雄を判別する機械に送り、ワクチンを接種し、さらに仕分けするところまでを全自動化するというロボットです。今、電マークのオフィスは「大量のひよこ」と英語が飛び交う大変な状況になっているそうですよ(笑)
 
これは現在アメリカのロボット開発企業「ABB」のコンテストに出品され、現在、ファイナリスの三組として残っているそうです。11月21日には結果が発表されます。楽しみですね。

 

今週のキーワードき新しい体験き

 

さて、中野さんが、香川、四国にこだわる理由は何でしょうか?—————都会のようにインフラが発達していない地方には、人が入りにくい場所・情報が発信しにくい場所がたくさんあります。だからこそ地方から情報発信することに魅力があり、そのことに気付いた人が増えてきたと実感するそうです。

 

デジタル技術をを使って、もっといろんな方に新しい体験を提供したい。地方から発信したコンテンツで見てほしいと、中野さんは願っています。


 

 

 


2017年11月3日放送分ネット配信

11月3日のBrillante!は、FM愛媛から、コミットコーポレーションの 森松直木さんをご紹介しました。

 


No.172 2017年11月3日放送(愛媛) 森松 直木さん(コミットコーポレーション)

今回は、「コミットコーポレーション」の 森松直木さんにお越しいただきました。

 

結婚式での「プロフィールムービー」は、おなじみになってきたでしょうか。

その、「出産バージョン」のムービーである「ベイビーストーリー」を森松さんは制作しています。

 

出産のため産婦人科に入院している時に、お母さんに赤ちゃんの色々な写真を撮ってもらい、さらに赤ちゃんへの想いを手紙に書いてもらって、その写真と手紙を合わせて1つの作品(ムービー)にしているそうです。

 

「何気ない写真が、お母さんのメッセージと重なることで、ものすごく感動的なストーリーに仕上がるんですよね。喜んでいただいています。」と、森松さん。

 

森松さんは、元々、「消防士」でした。

「救急がメインだったんですが、色々な現場に行く中、独居老人、子供への虐待、介護放棄。家族の絆が薄くなってるな、と感じました。そんな時ちょうど娘が生まれて、趣味で映像を作ったんですが、自分で作りながら、感動して涙が出て…。ずっと趣味として作っていたんですが、ある時、『すごくいいことやってるんだから、事業にしたら?』とアドバイスをもらって、28歳の時に、思い切って退職して起業しました」。

 

恐らく全国で初めての「ベイビーストーリー」は、決してスムーズにいかなかったそうです。

「営業もしたことないですし、人脈もないですし、3年ほど苦労しました。

最初は、資金繰り。貯蓄もなく退職したので、銀行からお金は借りられないし、両親にも内緒で退職したので、親にも頼れない。そんな中、『ビジネスプランコンテスト』などに出て信用を得て、そこからお金を借りられるようになりました。最初は、軽のバンを買って、それに布団を積んで、全国津々浦々、車中泊をしながら営業して回りました」。

 

地道な努力で、だんだん軌道に乗っていったという森松さん。人と大きくかかわる中、皆さんからうれしい声をいただくことが、やはり大きな励みだそうです。

「『この病院で産んでよかった』という感想もいただきますし、この映像は、出産して1か月健診の時に病院から贈られるんですが、お母さんにとって1か月の頃というのは、育児に対して一番ストレスがたまったりして、大変な時期なんですよね。そういう時に『この映像を見て、初心に戻れました』、という声をいただけると、最初は娘のために作った映像だったんですが、ああ、やっててよかったなあと感じます。」

産婦人科の先生からも、「心のこもったとてもいいプレゼント」と高い評価をいただけているということで、現在、県内外の病院で「ベイビーストーリー」が取り入れられているそうです。

 

森松さんのこれからの夢を聞きました。

「結婚式のプロフィールムービーは、一般的になったと思いますけど、『ベイビーストーリー』がそれと同じくらい、子供が生まれたら、こういった1つのメッセージを親が残してあげるっていう、そういった習慣、文化として定着していったらいいなと思うんです。今、全国で年間、2万世帯の映像を作っていますが、もっと広げていきたいです」。

 

森松さんのキーワードは、き「信頼」き☆彡

「ビジネスにおいても、家族、友人・・・そういったところにおいても、『信頼』の上に成り立っていると思うので、『信頼』が、私の経験の中ですごく重要だったんじゃないかな、と思います。」

 

森松さんのように、新しい仕事を始めようとする皆さんへ、一言いただきました。

「新しいことを始める上で、リスクがあると思うのですが、私が考えるには、やらないで後悔するより、やって後悔する方がいいんじゃないかなと…。挑戦しないことのほうがリスクだと思うので、勇気をもって、一歩前に進んでほしいなと思います。」

 

「元消防士」と聞いて、筋肉隆々なところに納得しました。

森松さんの、淡々と話される、その奥に感じられた、熱いもの。森松さんの想いが、ますますたくさんの人に届きますように、応援しています。

 

「コミットコーポレーション」HPは → http://commit.jp/

 

HPでは「ベイビーストーリー」も見ることができます。

お腹の中にいる時の3D写真や、お母さんの手をギュっとにぎる小さな手の写真に、お母さんから赤ちゃんへのメッセージ。

胸に大きなものがこみあげました。

 


2017年10月20日放送分ネット配信

10月20日のBrillante!は、FM高知から、高知工業高等専門学校 機械・電気工学専攻科2年生 水野 裕晴さんをご紹介しました。


No.171 2017年10月20日放送(高知) 高知工業高等専門学校 機械・電気工学専攻科 水野 裕晴さん

今日のゲストは、

高知工業高等専門学校 機械・電気工学専攻科2年生

水野 裕晴さんです!

今回お話を伺うキッカケとなったのが

図書の検索や書棚への案内ができるスマホ向け図書館アプリを水野さんが開発。

約2年の開発期間を経て、現在高知県立図書館で実証実験が行われています。

 

今井一雅教授の研究室で「ビーコン」(電波受信機)を活用した

アプリの研究をしている水野さん。

もともとプログラミングには興味があり、

アプリ開発をやってみたいと思っていたところ、

今井教授からの提案と図書館の協力のもと開発がスタート。

 

学校でAndroidアプリを開発している人がいなかったので、

分からない事があっても周囲に相談できず、

なかなか解決に辿りつけないを繰り返し。

その度に文献やインターネットから必要な情報を収集。

今考えると「何でもないこと」でも、

開発当時は「大きなこと」基礎がしっかりしていないと、

先に進めない、進まない。という事から

活動のキーワードとして・・・日々成長き

という、メッセージをいただきました。

 

 

12月28日まで県立図書館で実証実験がされていますので、

利用された方からのアドバイスをもとに、

さらなる改善・開発を進め来年夏にオープンする

「オーテピア」への導入を目指しています。

さらにオーテピアには科学館も併設されるので、

展示物の説明音声やスタンプラリーなどの機能を搭載したアプリも開発予定。

水野さんの挑戦は続きます。

 

♪リクエスト♪

「Brand New World」/D‐51


2017年10月6日放送分ネット配信

10月6日のBrillante!は、FM徳島から、株式会社ハレルヤの市岡沙織さんをご紹介しました。


No.170 2017年10月6日放送(徳島) 株式会社ハレルヤ 市岡沙織さん

FM徳島からのゲストは、株式会社ハレルヤの市岡沙織さんです。

 

 

徳島でハレルヤといえば誰もが思い浮かべる「金長まんじゅう」。

誕生から今年で80年目を迎える金長まんじゅうは、

ほろ苦いチョコレート味の皮に、まろやかな白あんが包まれて、

子どもから大人まで愛されている徳島銘菓の一つ。

 

誕生80年を記念して募集しているお客様の声では、

親・子・孫の世代にいたるまで、想像以上に多くの思い出が届いているそう。

 

市岡さんは現在、商品や店舗の営業・企画のお仕事をされています。

 

家業であるお菓子の仕事は、子供のころから全く違うことをしていても、

いつも心のどこかで「これはいつかハレルヤでも役立つかもしれない」

という思いがあったといいます。

 

市岡さんが初めて手がけた店舗である「ハレルヤスイーツキッチン」は、

オープン当初はスタッフも、市岡さん本人も初めてのことだらけ。

頭を抱えて悩んでいた時期もありましたが、

しだいに、まずは「行動」するということを心掛けるようになったそうです。

 

そんな市岡さんのキーワードは、

 

き何事にもチャレンジき

 

やらなかった後悔よりも、やった後悔のほうがずっといい。

手探りだった店舗企画も、まず行動することで、

多くの人でにぎわう素敵なお店へと成長してきました。

 

 

ハレルヤ、市岡製菓のスタートは、

市岡さんのお祖父様が戦後間もない時代に"かりんとう”で、

「子供たちに滋養のつくものを食べさせてあげたい」という思いから始まりました。

 

そんな優しい思いが息づくハレルヤのお菓子たち。

 

市岡さんの挑戦はこの秋にもたくさん待っています。

10月20日(金)〜22日(日)に開催される「2017秋の大収穫祭」では、

生産者とお客様とをつなぐ「農家さんと楽しもう!大人のなると金時収穫ツアー」を企画!

徳島名産の素材を誇りに思い、大切にしていきたいという思いから生まれたそうです。

 

詳しくはぜひ、ハレルヤスイーツキッチンのホームページで!

 

https://www.hallelujah-sweets.com/

 


2017年9月15日放送分ネット配信

9月15日のBrillante!は、FM香川から、バイリンガル漁師・玉浦功次さんをご紹介しました。

 


No.169 2017年9月15日放送(香川) 玉浦 功次さん(バイリンガル漁師)

Brillante! FM香川からのゲストは、バイリンガル漁師 玉浦功次(たまうらこうじ)さんです。

 


 

玉浦さんは、高松市の北浜港を基点として漁をしている現役の漁師さん。17歳から漁をはじめて14年、現在32歳です。ハツラツとした爽やかな笑顔が印象的です。玉浦さんが働く港には水揚げされたばかりの新鮮な魚を提供する食堂もあり、人気のスポットになっています。そこでお客さんと話をすることも少なくないそうですが、ある日、中国から来た観光客に「釣りがしてみたい」と声を掛けられます。その日の夜に船を出し、女木島へと連れて行きました。
 

「釣りの成果は全然だったんですが、要望に応えてくれたことに感謝している様子でした。自然が感じられる島に行けたこと、すごく空気がきれいで素敵なところに感動したり、サンポートの赤灯台をバックに写真を撮ったり、船旅を随分と喜んでくれました」と笑顔で振り返る玉浦さん。
 

「僕らにとっては当たり前の景色も、海を見慣れない人たちにとってはいいものなんだなぁ、もしかしたらこれは喜ばれることなのかもしれない」とそこで少し視点が変わりました。また、近年、気温の上昇などによって漁獲量も減って漁業が年々厳しい状況になり、このままでは・・・という不安もある中で「観光」のヒントが浮かんだ瞬間でした。
 

「どこまで魅力を伝えられるだろうか・・・それには、英語が必要だ!英語が話せればもっと良い関係が作れるはずだ」と決心し、バイリンガル漁師になるため、観光業のための英会話スクール「えいたlanguage shelter」に相談します。
 

代表を務める穴吹さんが、玉浦さんの学生時代の先輩ということもあり「漁業の魅力を英語で案内する漁師、バイリンガル漁師」に賛同し、全面的にバックアップしてくれることになりました。学生時代は敬遠していた英語を、一から学んでいるところです。
 


 

「単語をとにかくたくさん覚えないといけないので苦労はありますが、先生と英語で通じたときは やったー!という嬉しい気持ちになります。英語の力がついていると実感できると楽しいですね。通いはじめて、ペンやノートを使うようになりました」と見せてくれたノートには予習復習の後がビッシリ!!家でも小学生の娘さんと一緒に英語の勉強をしているんだそうです。
 

今週のキーワードき「人とのつながり」き
 

バイリンガル漁師を目指そうとしたきっかけにもなった先輩。その夢を実現させるために、いろんな人が携わってくれて、後押ししてもらっています。人とのつながりが、こうして自分を支えてくれています。
 

 

僕自身も、瀬戸内海に沈んでいく夕日が見られる景色がすきです。そんな素晴らしい景色を海外の方にも見てもらいたい。そして「またみたいな」と思ってもらえるようなツアーをバイリンガル漁師として提供できたら、と思います。
 

 


| 1/27ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 近藤公美
FM徳島
近藤公美
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

recent comment

サイト内検索