Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2020年5月15日放送分ネット配信

5月15日のBrillante!は、FM香川から、香川県三豊市のパートナーシップ宣言制度により、四国で初めて同性パートナーと認定された、田中昭全さん・川田有希さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

NO.233 2020年5月15日放送(香川) 自治体により四国初の同性カップルと認められた田中昭全さん・川田有希さん

Brillante! FM香川からのゲストは、「三豊市パートナシップ宣誓制度」により、四国で初めて証明を受けた同性パートナー 田中昭全(たなかあきよし)さん・川田有希(かわたゆうき)さんです。新型コロナウィルス感染防止のため、リモート出演していただきました。お二人のそばで愛犬のツブちゃんも顔を見せてくれて、リラックスモードで収録です。

 

「パートナーシップ宣誓制度」とは、LGBT・同性同士で家族を築いている人たちに、結婚に相当する関係を地方自治体(今回は三豊市)が認めるという制度です。法的な効力はあまりありませんが、証明書が発行され、パートナーであることが公的に保証され、例えば市営住宅に入居できたりするというメリットがあります。

 

しかし、法的な婚姻関係はないため、最近お二人は家を買いましたが、名義人である田中さんにもしものことがあっても川田さんに相続することができないなどの様々な問題も残っています。

 

お二人が、三豊市で12年間共に暮らす中で「自分たちの関係性を考えると、結婚といいう形が一番近かった」ということで、去年の2月に婚姻届を出しましたが、不受理。しかしそこから三豊市役所人権課の方達が動き始めて一年立たないうちにパートナーシップ宣誓制度が出来、2020年1月17日、三豊市役所で「パートナー証明書」を受け取りました。

 

市職員たちから拍手で祝福されたとき、「三豊市という場所にいていいんだ」自分が住んでいる場所で「家族」と認められたことが嬉しかった、と振り返りました。

 

お二人はアーティストでもあり、映画の作成、イベントプロデユース、そしてメディア対応などで積極的にLGBTの啓発活動を行っていますが、殆どのLGBTの人は声をあげたり公の場に出ることができません。そんな中でも、後に続いてく地元のカップルが出てくれたこと。特に、地元の講演イベントでは三豊市長も登壇し、パートナーシップ宣誓制度の成り立ちや、功労者の一人一人を紹介したりと、理解の広がりを実感するそうです。

 

そんなお二人の活動を通してのキーワードは「結婚の自由

 

今ある結婚制度は、夫婦別姓にできないなど、旧来の「家制度」が色濃く残っており。その「制度に乗ろうとしている」こと自体に違和感がないわけではありませんが、男女のカップルなら家族に慣れるのに、「なぜ僕たちは家族になれないのか?」・・・それは「憲法による人権の保障」に反しているのではないか・・・と、訴訟も起こしている二人。

 

「結婚は制度としか思っていないけれど、ちゃんと家族になりたい」と、田中さん。川田も、「結婚をするのも、しないのも自由。それが選択できるのが人権的な平等につながります。『結婚を選べないこと』と『選べるけど、選ばない』のは違います。これからも「(結婚を)自由に選択できる!ということを求めていこうと思います、と力強く語りました。

 

四国においてのパートナシップ制度は、今年1月の香川県三豊市に次いで、高松市、そして徳島市が続いています。まだまだ法的な部分ではクリアできていませんが、この動きが四国〜全国に広がり、最終的に「自由な結婚」が認められるようになればいいと思います。

 

当事者同士が集まって、みんなで話し合う場「プラウド香川」もあります。LGBTへの理解が深まることを願う田中さんと川田さん。穏やかで、優しく、そして信じる強さは、周りへの感謝から紡がれたものだと感じました。

お二人の活動はBLOG「onekoan」をご覧ください。

2020年5月1日放送分ネット配信

5月1日のBrillante!は、FM愛媛から、「ルリイロサンド」代表、正岡貴達さんにお越しいただきました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


NO.232 2020年5月1日放送(愛媛) ルリイロサンド 代表 正岡 貴達さん

2020年5月1日放送分、

正岡 貴達さんのインタビューを終えて・・・

 

今回は、「ルリイロサンド」代表、正岡貴達さんにお越しいただきました。

 

「ルリイロサンド」は、移動販売をメインにしたサンドイッチ専門店です。

鮮やかな青「瑠璃色」のフードトラックで、愛媛県松山市を中心に、ファッションビルや店舗などの駐車場を借りたり、週末はイベントに出店したり、県内各地を回っていらっしゃいます。

 

「ルリイロサンド」のフードトラックと正岡さん。東予や南予へも出向かれます

 

「新型コロナウイルスの影響で、今はみなさん外に出られない。出店も少なくなっていますが、飲食店とコラボレーションして配達をしたりして、普段とは違っても、その状況に応じて移動販売の強みを活かしています。」と正岡さん。

 

移動販売。「フードトラック」や「キッチンカー」、「ケータリングカー」などとも呼ばれますが、ここ数年で全国的に広がりを見せ、愛媛県でも増えているそうです。

 

「ひと昔前までの移動販売と言えば、『〇曜日の△時から、◇◇に行きます』と

事前に案内してお客さんに来ていただいていましたが、今はSNSで『今から出店します』、もっと言えば『今、ここにいます』とリアルタイムに発信できるようになって、SNSの普及とともに急速に発展した業界だと思います。今の時代にあった販売の仕方、ビジネスと言えるのでしょうね。」

 

メニューのメインは、「サンドイッチ」と「コッペパン」。

彩り豊かな愛媛県産の季節の野菜と、無添加の燻製肉を使った、ボリュームたっぷりのサンドイッチや、旬のフルーツや生クリームを使ったコッペパンは、「萌え断サンドイッチ」「映える」と、女性を中心に人気です。

サンドイッチとコッペパン。「お客さんがインスタグラムにアップ

してくださるのを観ると、本当にうれしいです」と正岡さん

 

正岡さんは大学卒業後、地元松山の出版社に就職し、7年間勤務されました。

仕事で飲食店の方と関わることが多く、シェフやオーナーの話を聴く中、だんだんと

「自分も飲食店をしてみたい」という想いが募ってこられたそうです。

 

「東京や海外へ行ってお店のヒントを探していた時、都会でキッチンカーが増えていることを知ったんです。当時、就業中の休憩時間に昼食をとることができないビジネスマンを指す『ランチ難民』という言葉も出てきていましたが、ビジネス街にキッチンカーが並び、OLやサラリーマンが大行列をなしている。キッチンカーが、みなさんの救世主になっている光景を見ました。」

 

他にも、実店舗よりキッチンカーの方が開店時の費用がかからず、ランニングコストも抑えられて、お店を始めやすいということ。

お世話になった飲食店のオーナーからの、「キッチンカーというやり方もある」という言葉。

キッチンカーを話題とした映画などに後押しされて、「飲食店をキッチンカーで」という意志が固まったそうです。

 

さらに注目したのが、「パン」です。

「パン店の人口10万人あたりの登録件数による都道府県ランキング(2016年・NTTタウンページ(株))」で、愛媛県は2位。

(ちなみに1位は徳島県、4位は高知県、香川県は15位です。四国はパン好きの方が多いでしょうか。)

 

「愛媛にパン文化が根付いていてパン屋さんは多いのですが、サンドイッチの専門店はあまりないなと感じて。そこで、サンドイッチの専門店をキッチンカーで!と決めました。」

 

正岡さんは脱サラして、念願の「ルリイロサンド」を開店されました。

 

オープンして3年。正岡さんは、実店舗でなくフードトラックだからできること、移動販売ならではの強みを感じたと、おっしゃっています。

 

「2年前の西日本豪雨。その最中の時は、情報が交錯していたり、積極的に行って迷惑をかけてもいけないという思いがあったりしたので、物資を運ぶ形で協力させていただきました。

その後少しして、被害を受けた方がいらっしゃる大洲で、子供向けに『お祭り』を開催する取り組みがあると知って賛同し、子供たちに喜んでもらえそうなチョコバナナのコッペパンを届けました。子供たちはもちろん、大人の方も子供以上に喜んでくださって。」

 

フードトラックでコッペパンを無償提供。「みなさんの笑顔から強さをいただけました。」

そして今も、この状況の中、「お店ごとどこへでも行ける」からこそできることを模索している、ともお話しくださいました。   

正岡さんの夢は、「沖縄への出店」だそうです。

 

「オープン当初からの目標です。

沖縄に行って海を見た時に、『この綺麗な海の前に、うちのお店があったらいいな。』と思いました。店名も、沖縄の鮮やかな青い海、『瑠璃色』から思いついた名前です。

それから、『幸せの青い鳥』という童話。青い鳥のモデルは『オオルリ

(・・)』という説もあると知って、『ルリイロサンド』が『幸せを運ぶ青い鳥』ならぬ『幸せを運ぶ青いトラック』になれたらいいなという想いもこめました。」

 

沖縄県豊見城市の、那覇空港からほど近い離島・瀬長島に2015年にオープンしたリゾート施設「瀬長島ウミカジテラス」。

青空と青い海に、地中海をイメージしたような白い建物が美しく映える人気スポットに、正岡さんは去年、出店権利を得ました。

夢が叶うまで、もう少しです。

「ウミカジテラスの景色や青い海をバックに、うちのサンドイッチを撮った写真がインスタグラムにアップされる」ことを想像しながら、準備を進めていらっしゃるそうです。


そんな正岡さんのキーワードは「利他主義」☆彡

 

「『自分以外の人の幸せや利益を一番に』という意味の、出版社時代に出会った言葉なんですが、この言葉が僕の中でビビっと走りました。

確かにそれまで、自分の利益や得だけを考えて動くと、それが人に伝わるし、あまりいい結果を生んでいませんでしたが、周りの人たちの幸せや、どうしたら喜んでくれるか考えて行動するようになってから、周りの人も喜んでくれ、それを見た僕も喜べるという、いい循環になっていったんです。

移動販売も、『周りの方々に喜んでもらいたい』という想いから始めたことなので、自分のサンドイッチがどうしたら喜んでもらえるかな、どういうふうにしたらみなさんが幸せになってくれるかな、と考えながら作っています。

それを、手と手で渡しあえて、その場で食べてもらって喜んだ顔を見ることができて、SNSで感想やおいしかったという投稿や、DMもいただいて。

まわりまわって、自分も幸せを感じることができています。」

丁寧にラッピングされているサンドイッチ。

「燻製チキンとポテサラのサンド」(左)と「燻製チキンと大葉サンド」(右)

 

なんと、サンドイッチをスタジオにお持ちくださいました。

私は「燻製チキンと大葉サンド」をいただきました。

レタスのグリーン、人参の赤、紫キャベツの紫。カラフルで、新鮮さが伝わってきて、まずビジュアルでワクワクします。

そして、一口。

「ボリュームたっぷりなので、大きな口を開けていただいてください」と正岡さん(*^-^*)。

「シャキシャキシャキ・・・。」

野菜たちの気持ちのいい歯ざわり、歯ごたえ。そして甘さと、大葉のアクセントの間から、スモークされたお肉の香ばしい香りとうま味がじわ〜っと広がりました。

「身体もきれいになれるような商品を作りたくて、野菜もたっぷり使っています。」

 

正岡さんの優しさがたくさん詰まったサンドイッチ。幸せと元気をいただけました。ごちそうさまでした。

 

周りの人の幸せを考え、着実に夢を叶えていく正岡さん。

正岡さんの想いや幸せが、さらにたくさんの方へ届きますように、ますますのご活躍を応援しています!!

 

「ルリイロサンド」のInstagram  https://www.instagram.com/ruriirosand/?hl=ja


2020年4月17日放送分ネット配信

4月17日のBrillante!は、FM高知から、エムアイティーガレージ代表 寺岡宏一さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


NO.231 2020年4月17日放送(高知) エムアイティーガレージ 代表 寺岡 宏一さん

今日のゲストは、高知県吾川郡いの町にある

カー用品・カスタマイズ専門店

「エムアイティーガレージ」代表 寺岡宏一さん。

 

 

高校時代は、

ガソリンスタンドでアルバイトをしていた寺岡さん。

先輩たちが仕事終わりに自分の愛車をカッコよくカスタマイズしていて、

その姿がヒーローのように見え、自分もこうなりたい!と思ったのが車に興味を持ったキッカケだそうです。

 

寺岡さんは、お仕事と並行して「ある事にチャレンジ」しています。それは・・・

自ら設計した音響機器で雷や恐竜の足音を体感できるバスを整備したのです。

2016年に大阪府の自動車イベントに音響を整備した車を出展。

その際に、来場の方が音楽より「振動や圧力を楽しんでいる」事に気が付いたとか。

その後、この仕組みは遊園地で活用できないか?と考え、

2017年12月に、全国の遊園地やレジャー施設関係者が訪れるイベントに初出展。

乗用車では乗れる人数が少なすぎるという指摘を受け、

沢山の人が乗れるように34人乗りの中古バスを購入。

特殊な音響装置を使って超重低音波を発生出来る

アトラクション型エンタメバスを整備したのです!

 

 

寺岡さんが「音」にこだわる理由は、音や音楽にある不思議な力。

車内のラジオから流れてくる何気ない音楽だったり、自然の中で感じる音だったり。

音楽や音には人の感情を一瞬で動かす力があると語る寺岡さん。

その力を借りて、人を笑顔にしたり高揚させたりする事が

寺岡さんにとっても最高に楽しいと感じる瞬間だそうです。

 

 

今後は、屋外のイベントなどでエンタメバスを沢山の人に体験してもらえるよう企画中。

国内でのテーマパーク施設や海外での展示会出展も視野に入れて、

エンタメバスのパフォーマンスに磨きをかけます!

 

★今日のキーワード★

『信じぬくこと、そして挑戦し続けること』

 

お仕事と並行して、エンタメバス事業に挑戦する寺岡さん。

昨年10月は、豪雨被害でお店も打撃をうけたそうですが、

周囲の皆さんの支えによって立ち直ったそうです。

そんな時にラジオから流れてきたMrs.GREEN APPKEの「春愁」

寺岡さんもまた、音や音楽に心救われた1人。

皆さんにも、音や音楽の優しいマジックが降り注ぎますように。

 

リクエスト♪

「春愁」/Mrs.GREEN APPLE


2020年4月3日放送分ネット配信

4月3日のBrillante!は、FM徳島から、徳島県南部・海陽町で”竹灯り”の制作を行う「たけの花」の桧垣健さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.230 2020年4月3日放送(徳島) 竹灯り作家「たけの花」桧垣健さん

今回のゲストは、徳島県南部・海陽町で、

”竹灯り”の制作を行う「たけの花」の桧垣健さんです。

 

 

”竹灯り”は、竹の表面に大小さまざまな穴を開けて、それを灯り取りにしたランプシェードのこと。

ただ穴を開けているだけではなく、日本の伝統的な模様や、

風や水の流れをイメージさせる装飾が施されているのが特徴です。

 

 

桧垣さんは大阪の出身ですが、

2年ほど前、フランス人の妻・フローレンスさんとともに

徳島県海陽町での暮らしをスタートさせ、

地元の竹を活かして”竹灯り”の制作活動を行っています。

 

収録当日には作品を持ってきてくださり、

実際に竹灯りを身近で見せていただきました。

暗い中灯りを灯していただくと、

スタジオは、一気に心を穏やかにしてくれるやさしい光に包まれました。

みつめていると、短い時間でも癒される心地がしました。

 

桧垣さんは、海陽町にある竹林の地主さんにお願いをして竹を切り、

自分の作品の材料にしています。

これが、町の『竹害問題』の解決に一役買っているそうなんです!

タケノコ農家さんが高齢化で手入れができなくなった竹林では、

竹がどんどんと根を張り、植生に影響を及ぼします。

 

そんな問題を抱えていた町に、桧垣さんたちがやってきて、竹を欲しいと言ってくれる。

これには、地主さんたちも大喜びだそうで、

「これで山が生き返る」という言葉をかけてくれたことをお話してくださいました。

 

奥様がフランス人ということもあって、

町の人たちが気さくに声をかけてくれたり、

生活に不便がないか気にかけてくださったりというエピソードも伺えて、

海陽町の人たちのあたたかさにも、合わせて触れることができました。

 

そんな海陽町での暮らしを楽しみ、

人がときに涙を流すほど美しく輝く竹灯りを制作する桧垣さんが

活動を通して感じたキーワードは、

 

 ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÂ£Ã‚Â 竹灯りは人と人とをつなぐツール ÃƒÆ’ƒÆ’ƒÂ£Ã‚Â

 

桧垣さんは、”竹灯り”を制作するだけでなく、

さまざまなイベントで装飾、展示も行っています。

自分自身が多くの人に出会えたこと、

そして、彼の”竹灯り”に感動した人が別の土地の竹灯りを知り、

またその作家さんとつながっていくということも、心から喜んでおられました。

 

 

現在は、徳島県伝統の藍染めを”竹灯り”に取り入れ、

海陽町のふるさと納税の返礼品にも選ばれるほどの作品を生み出している桧垣さん。

 

ますます、徳島を代表する竹灯り作家として、

このやさしい灯りを!地元の魅力を!全国、全世界に広める活動を続けていかれます!

 

桧垣さんたち「たけの花」の活動の最新情報は、

ぜひFacebook(https://www.facebook.com/takenohana.japan/)や

Instagram(https://www.instagram.com/takenohana_/)でチェックしてくださいね。

 

あたたかい時間を本当にありがとうございました。

 


2020年3月20日放送分ネット配信

3/20のBrillante!は、FM香川から、手袋の街・東かがわ市に新風を吹き込むブランド、te+.の代表取締役 宮本健哉さん・ブランドマネージャー 松下文さんご夫妻をご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.229 2020年3月20日放送(香川) 株式会社 tet. 代表取締役 宮本健哉さん・ブランドマネージャー 松下文さん

Brillante! FM香川からのゲストは、手袋ブランド 株式会社te+. 代表取締役の宮本健哉(みやもとたけや)さんと、ブランドマネージャーの松下文(まつしたふみ)さんをご紹介します。

 

お二人はご夫婦で、奥様の松下さんが東かがわ市のご出身です。大学時代からお付き合いしている旦那様の宮本さんは、大阪のご出身です。結婚を機に、香川での暮らしと会社を立ち上げました。「te+. 」と書いて「テト」と読みます。ローマ字表記ですが、日本の「手」に由来していて、手と〇〇の意味も込められています。

 

大学進学・就職と、しばらく県外で暮らしていた松下さん。ふるさと・東かがわ市が手袋の産地日本一であることが知られていないという事に悔しい思いがあり、日本にここにしかない産地をもっと知ってもらいたい、という想いをずっと抱いていました。そして、新しい手袋ブランドを立ち上げる為人を探しているという情報を得て、「これまでの想いを形にできるかも?」と、te+.を2016年10月にスタートすることになりました。松下さんの想いを側で見守っていた宮本さんも、応援したい!一緒にやってみたい!と香川へ。それぞれ、家電メーカー、化学メーカーと前職を辞めて、未知にチャレンジするワクワクした気持ちで始めたと、楽しそうに振り返ります。

 

te+.立ち上げの際、工場や職人さんの手が生み出すもの、手仕事の緻密さに感動した松本さん。手が生み出す手袋の先にある物語、培ってきたものの手が含む暖かさを表現したいと、感じたそうです。そして、作り手が持っている得意分野を深く知ること、対話をしてちゃんと考えてしっかり見つけることがte+.のこだわりになりました。 

 

スタジオに、te+.が手がけた手袋を持ってきてもらいました。ずらりと並んだ手袋が、なんとバラエティに富んでいることか!一つ一つ、得意な役目があるような・・・どの手袋も誇らしげです。
 

「日本一の手袋の産地東かがわ市には、たくさんのメーカーがあって、それぞれが特徴を持っているんです。得意分野に特化したもの、多様性を発信するのが私たちte+.なんです。」と松下さん。
 

「商品を選んでもらう理由になっているのはもちろん、自社の魅力や、培ってきたものを見つめる機会になるので、各社さんと一緒に作り上げる自社ブランドはいい流れだと思う」と宮本さんは、地域でサポートしてくれる人々への感謝を語ります。
 

te+.の協力メーカーは10社、130種類に及びます。
 

「まだ知られていない多様性や魅力を多くの人に届けたい。新たなことにチャレンジすることによって、産業に新しい可能性と、ポジティブな風を吹 き込めるような存在になっていきたい」te+.の挑戦は続きます。
 

今週のキーワード「誠実

 

そんなお二人のキーワードは、、、大事にしてきたこと、大事にしたいこととして「誠実」という言葉を選びました。
 

「産地が100年以上かけて培ってきたものがあり、その中でも魅力を伝えている私たちte+.を選んでくださっている。その思いに感謝をして、いつも誠実でありたい・・・産地を背負っているという自覚も忘れず、誰に対しても誠実でありたいです。

 

 

パッケージもとっても素敵!贈り物にぴったりですね。というと、「お土産に 選んでもらえる存在になれるように。うちの街自慢になりたいと思っています」と笑顔の松下さん。そこには、地元を大切に思う手袋のようなあたたかい気持ちと先人たちへの感謝が込められていました。

 

te+.の手袋はオンラインサイトでご覧いただけます。 https://te-t.jp

 

そこにも<FROM東かがわ>の文字が!どこまでも地元愛が織り込まれています。


| 1/39ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 森寛子
FM徳島
森寛子
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

recent comment

サイト内検索