Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2018年11月16日放送分ネット配信

11月16日のBrillante!は、FM香川から、ゲストハウス・Traditional Apartment オーナーの、内田大輔さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.197 2018年11月16日放送(香川)内田大輔さん(ゲストハウス・TRADITIONAL APARTMENT)

Brillante! FM香川からのゲストは、ゲストハウスTraditional Apartment オーナーの内田大輔(うちだだいすけ)さんを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒の上下にザック姿で颯爽と現れた内田さんは、都会的でありワイルドな印象。野球、サーフィン、トレーニングと趣味も躍動感にあふれています。今や「ゲストハウス」という言葉も珍しくない時代ですが、内田さんが始めた頃は、中四国でも内田さんと友人の二人だけ。香川における先駆者なのですね!

 

 

 

 

サラリーマンからゲストハウスのオーナーになった、その気になるいきさつは?

 

 

 

 

 

元々、海外願望が強かったという内田さんは、独立してビジネスを興したいと考えていました。ある時、ドイツに住むいとことヨーロッパ旅行に行った際に、面白い物があると紹介されたのが、当時現地で流行り始めていた「ゲストハウス」でした。普通の民家に行き、鍵を渡され、自由に過ごせるそのスタイルに衝撃を受け、今までの観光旅行にはなかった旅の醍醐味を知りました。

 

 

 

 

これを日本で、ツーリストに向けてサービスしたら面白いのではないか?と考えた時に思いついたのが、高松市塩上町にあるおばあちゃんのアパート。築60年のその建物は、おじいさまがペンキ屋を営んでいた頃に、職人さんの下宿でした。時代もかわり、このままでは取り壊すしか無いと思われていたアパートの一室を、民泊サイトに登録。反応の大きさに手応えを感じつつも、お客様第一号を家族みんなで迎え入れたと振り返ります。

 

 

 

 

築60年の木造アパートがゲストハウスに。その名も Traditional Apartmentトラディショナルアパートメント・・・ところが、まだその時点では、他に自分がやりたい事を仕事にしようと悩んでいたのです。そんな中、旅先の北海道で出会った人の言葉によって「どう生きるか」「今の自分が出来る事で、人に喜んでもらえる事を!」と、あらためて本格的にゲストハウスを展開していくことになりました。

 

 

 

 

今では数あるゲストハウスの中で、Traditional Apartmentの最も特徴的なことは、そこが「内田さんが生まれ育った場所」だということ。「この場所のおかげでご飯を食べさせてもらっているから、今までの感謝の気持ちを込めて地域に還元できる仕組みを作りたいですね」そんな想いで作られた冊子が【SANUKI ZINE】旅にまつわる言葉と、地域の人々の日常がなんとも魅力的に綴られています。アプリをDLすればAR動画もあわせて楽しめるという仕組み!面白い!!それにオシャレです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週のキーワード「ピンチはチャンス

 

 

 

 

 

〜良き時こそ襟を正し顕著になり、悪い時こそチャンスととらえ大胆に攻める。それが大切な事だとおもいますし、事前に対処することを心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までと違う道に進んでも、サラリーマン時代に培ったノウハウが着実に今の内田さんの強みであり財産になっています。リピーターの多い内田さんのゲストハウス。それは、常に前向きにしっかり生きる内田さんの息づかいが感じられる場所、心地よい空間。今日もTraditional Apartmentは、海の向こうから訪れた人々で賑わいます。

 

 

 

 

 

 


2018年11月2日放送分ネット配信

11月2日のBrillante!は、FM愛媛から、一般社団法人「ノヤマカンパニー」代表理事の加藤雄也さんにお越しいただきました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.196 2018年11月2日放送(愛媛) 加藤 雄也さん [ノヤマカンパニー]

今回は、一般社団法人「ノヤマカンパニー」代表理事の加藤雄也さんにお越しいただきました。

 

「ノヤマカンパニー」は、愛媛県西予市を中心に活動する「自然学校」です。

自然→野山→ノヤマ…。 

「お洒落でかわいらしい名前ですね」と言うと、加藤さんは嬉しそうに恥ずかしそうに笑ってくださいました。

 

西予市には、「四国西予ジオパーク」があります。

「西予市一体が自然の宝庫」というぜいたくな環境の中、加藤さんは、地域の自然を活かした事業を行なっていらっしゃいます。

 

まず、「森のようちえん『ヒュッテ』」。

野外での活動を軸にした幼児教育「森のようちえん」は、1950年代、デンマークの1人の母親が、我が子を森に連れて行き保育をしたのが始まりとされ、ドイツや北欧に広がり、日本でも「NPO法人 森のようちえん全国ネットワーク連盟」が設立され、全国各地に活動が広まっています。

この「ノヤマカンパニー」も連盟に参加していて、「野外に出かけてとことん遊ぶ。子ども達のしたいことを大切にして、大人はできるだけ口を出さずにじっくりと見守る。」ということを軸に、週に2回平日に、就学前の子供と保護者を対象に、西予市内の野山やキャンプ場など、自然の中に出かけて遊ぶ活動を行っています。

 

そして、「野山のがっこう」。

平日になかなか参加できない、幼稚園児や小学校低学年の子どもたちを対象に、週末に家族で参加できます。草木染めや自然観察など、季節に合わせて自然の楽しみ方を提案してくださいます。

 

「森のようちえん『ヒュッテ』」も「野山のがっこう」も、西予市周辺からの参加者が多いそうです。

「普段自然の中で遊ばない子も結構いるので、楽しみ方が分かると積極的に遊びだします。先月は、四国カルストのブナの森に探検に出かけて、秋を探す活動をして、どんぐりや色づいた葉っぱを集めたり、キノコを見つけたりしました。これからの時期は寒くなってくるので、焚き火などをしていきたいと思っています。落ち葉を自分たちで集めて、マッチを擦ってどういうふうにしたら上手く火が起こせるか、火を育てるかやって、最後はその火を使って調理をするようなイベントをしてみたいと。焼き芋なんか、美味しいですよね。」…嬉しそうにお話しくださいました。

 

加藤さんは愛媛県今治市のご出身で、岡山の大学を卒業後、埼玉でお仕事をされていました。

「地元の豊かな自然の中で暮らしたい、子育てしたい」と、愛媛へ戻り、西予市へ。

「帰ってみると、家の近所に同じ世代の子供がいなくて、広い田んぼに出かけて行っても、自分と娘だけ。寂しいな、自然の中で子ども達が集まれる場があったらいいなあと思いながらネットで調べてみても、ピンとくるものがなくて、ないなら自分たちでやってみようか!とイベントを始めたのが「ノヤマカンパニー」のスタートでした」。

2016年に、知り合い同士で活動を始め、次第に口コミで広がり、今年5月に、一般社団法人化されました。

 

これまでで印象に残る出来事はありますか?

「少しずつ参加者も増えてきて、リピーターの方に「楽しみにしてるよ」と言われたり、イベントが参加者のみなさんの生活の一部になっている感じがしたりして、うれしかったです。

今年に入ってからは、やはり、7月の「西日本豪雨」です。普段遊びにいっていた場所も被害があって、使えなくなってしまいました。

“自然と人間とのかかわり”をテーマに活動をしているので、改めて、自然との関わり方とか、地域の中で自分達がどんな役割を果たしていけるのか、自然という存在はすごく大きくて、その流れ、仕組みの中で僕達がどうやって生きていくか、考えるきっかけになりました。まだまだ自然から学ぶことがたくさんあるな、と思います」。

 

「ノヤマカンパニー」をこれからどうしていきたいか、加藤さんの夢を伺いました。

「法人として立ち上げたばかりなので、少しずつ今の活動を継続できればと思っています。

これからは、幼児や小学生だけでなく、もっと上の世代の子供たちにも教育活動ができたら。例えば、学校とか地域の活動の中で教育の機会があると思いますが、そういったものにも自分たちの得意とするところでなにか貢献できたらと思います。」

 

そんな加藤さんのキーワードは、「旗を掲げる」☆彡

「私達は、自然の中でのびのび子育てをしたいという思いを持って、それを地域に対して発信する、旗を掲げることで、それに賛同してくれる仲間が集まって、少しずつ活動できるようになりました。暮らしの中でこんなことしてみたいな!って思っている人も結構いらっしゃると思うんですが、そういう人は、ぜひ自分の旗を掲げてみてほしいです。旗を掲げたら、意外と共感して、仲間が集まってくれるんじゃないかなと思います」。

 

「ノヤマカンパニー」HPは→ http://noyamacompany.com/

 

「場所にもよりますが、西予市は少しずつ復興してきています。今月11月末には、野村町で『乙亥大相撲』もありますから、ぜひ西予市へ遊びに来ていただきたいです。そして『森のようちえん』、『野山のがっこう』にも参加いただいて、西予の自然に触れてほしいです」と、加藤さん。

たくさんの方に、自然の魅力や楽しみ方、加藤さんの想いが届きますように、応援しています☆彡


2018年10月19日放送分ネット配信

10月19日のBrillante!は、FM高知から、 NPO砂浜美術館 スポーツ部スポーツツーリズム担当 山崎悠さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.195 2018年10月19日放送(高知) 山崎 悠 (NPO砂浜美術館 スポーツ部)

NPO砂浜美術館 スポーツ部

通称「sunabiスポーツ」は、

スポーツ施設や宿泊などの手配はもちろん、

合宿や大会の企画・運営など、利用される方が

黒潮町でスポーツを楽しめるよう様々なサポートを行い、

また、チーム力の向上や子どもたちの健全育成に効果的な

黒潮町ならではの自然体験プログラムや、

体の負担への低減などが期待できる砂浜トレーニングなどを組み合わせて

コーディネートもしてくださるそうです。

 

sunabiスポーツは、2011年からスタートした事業で、

地域の人口減少により消費需要が減退し、

地域経済の活力低下が顕在化することが懸念されていた黒潮町。

スポーツを通じた交流人口の拡大、それに伴う地域経済の活性化などを目的に

スポーツツーリズムの取り組みを行うようになりました。

 

立ち上げ初期の頃は知名度もなく、

人脈も少ないことなどから、なかなか上手くいかないことも多かったそうです。

また、どういう方向性で推進していったら良いのかも手探り状態。

そんな中で、官民一体となって取り組みを行いながら、

スポーツ団体の関係者など、人と人との繋がりを大切にすることで

少しずつ知名度も上がってゆき、毎年合宿や大会を実施する団体もいるとか。

 

 

今後の展望は、

訪れた子どもたちが、将来家族や友人と一緒に、

また黒潮町に帰ってきてくれるような取り組みを積極的に行い、

将来的には一般観光にも繋げていきたいそうです。

 

今日のキーワード

人と人との繋がりが地域を笑顔にする

 

sunabiスポーツhttp://sunabi-sports.com/


2018年10月5日放送分ネット配信

10/5のBrillante!は、FM徳島から、 しゅぎの鍼灸整骨院、院長の藤田顕生さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.194 2018年10月5日放送(徳島)藤田顕生さん(しゅぎの鍼灸整骨院)

今回は徳島県で初の交通事故むち打ち治療の専門医療機関と認められた、

しゅぎの鍼灸整骨院、院長の藤田顕生さんにお越し頂きました。

 

 

みなさん、”整体・整骨”と聞くとどんなイメージがありますか?

”バキボキ”と力をかけそう、針も太そうというイメージの方もおられるかもしれません。

しかしここ、しゅぎの鍼灸整骨院でされている施術はとてもソフトな治療なんだそうです。

中には施術中の患者さんもいるとか!

また整体の他にもリウマチ治療や不妊治療まで、心と身体を整えるような治療を行われています。

そのような施術からスポーツ選手は勿論、お年寄りから小学生まで、

あらゆる年代の方が治療に訪れていると仰っていました。

 

現在、鍼灸整骨院の院長として活躍されている藤田さんは徳島市のご出身。

幼少のころからスポーツをされていて、サッカーを小学校3年生から高校まで続けられていました。

しかしサッカーを続けていくうちに怪我に悩まされるようになったんだそうです。

そんなある時、サッカー部の監督に連れられて整体院に行くことがありました。

最初は「少し怖いなあ」と思いながら病院を訪れたと仰っていました。

しかし実際に治療を受けてみると、なんと半年以上ずっと苦しんでいた怪我がたった一回で随分ラクになり、

とても驚かれたんだそうです。

それまでは”鍼灸整骨”に興味を持つどころか存在も知らなかった藤田さんですが、

この経験から身体を治す仕事に就こうと決心なさいました。

 

藤田さんが運営するしゅぎの鍼灸整骨院は徳島県で初、そして唯一の交通事故むち打ち治療の専門医療機関として、

(社)交通事故医療情報協会に認定されています。

これにより事故後の示談に対する法律家による無料相談のサービスが提供できることになったそうです。

また藤田さんはレントゲンに写らないような患者さんの不調でも、触ったり見るだけでも分かると仰っていました。

その技術などが認められたからこそ、徳島県で唯一にして初の成果を挙げられたんだと思いました。

そして藤田さんのお話から、本当に一人ひとりの患者様にあった治療を丁寧に取り組まれているんだなと強く感じました。

 

藤田さんの苦労したことや印象的なエピソードは、京都で修行を行っていた時と教えてくださいました。

修行をしていた治療院は中々厳しい環境だったそうで、そこで藤田さんは施術者として何ができるかを考え、

その結果誰よりも早く出勤して全力で掃除に取り組まれたんだそうです。

先輩よりも早く出勤し、施術以外の掃除をずっと大切にされた藤田さん。

いつしか診療所内だけではなく、地域にも清掃の輪が広がり、

いろんな方と顔なじみになったことが印象的だったと笑顔で語ってくださいました。

また整体師としてのお仕事とともにトレーナーのお仕事もされている藤田さんは、

プロアスリートのケア、その高校サッカー部のケアなども印象に残っているとお話ししてくださいました。

 

そんな藤田さんのキーワードは、

き継続き

ひとつのことをずっと続けるのは想像以上に難しいこと。

しかしその継続を行った人だけが目に見える世界があり、チャンスをも掴むことができる。

そう力強く語って下さった藤田さんは今後も一人ひとりの患者さんを大事にしながら、

治療への強い想いを持ち続けていかれるんだろうなあと思いました。

 

 

 

さて藤田さんの今後の展望として、自分自身も更に磨きながら、

更新の育成に力を入れたいという想いがあるんだそうです。

現在しゅぎの鍼灸整骨院には藤田さん以外にも7名の先生が在籍しており、

より多くの方の不調を緩和したいと仰っていました。

 

これからの時期は気温も寒くなり、関節など痛まれる方が増えるのではないでしょうか?

そんなときはどんな身体の悩みにも寄り添ってくれる藤田さんに是非、相談していただきたいなと思います!

 

藤田さんが行っている治療などについて詳しくは、

しゅぎの鍼灸整骨院のHPをご覧ください!

http://syugino.com/

 


2018年9月21日放送分ネット配信

9月21日のBrillante!は、FM香川から、雑誌IKUNAS編集長で、グラフィックデザイン事務所 tao.代表・久保 月さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.193 2018年9月21日放送(香川)久保 月 さん (グラフィックデザイン事務所 tao.代表)

9月21日のBrillante!は、FM香川から、雑誌IKUNASを発行しているグラフィックデザイン事務所tao 代表の久保 月さんをご紹介しました。

 

 

 

何の先入観もなく手に取ると、中央のハイセンスなカルチャー系の雑誌と見紛うこと間違いなしの「IKUNAS」・・・「讃岐」をローマ字にして(SANUKI)逆から読むと→IKUNAS=イクナス。9月末には最新刊8号が発行されます。

 

 

とにかく引力が強い「表紙」・・・見た事ある物や風景なのに初めて見るような力で迫ってきます。それは久保さんが、28歳で東京からUターン出戻り、カメラとペンと紙を持って突撃取材を初めた頃からの「コンセプト」なのです。

取材を通して印象的なフレーズ、シズル感、上質な質感、広がり、それを切り取って表紙につなげていく。自分たちのフィルターを通して、この土地の「今気分」を集めて届けるぞ、と言う気持ちが全ページに詰まっています。

 

 

 

 

IKUNAS発刊のきっかけは、久保さんが東京で進学・就職する中で、故郷香川について問われてもあまり答える事が出来かったこと。地元に戻って来てから、東京時間と香川での時間が違うこと(居心地の良さ)にあらためて気付いたことだとそうです。

 

 

 

そんな中である漆作家に出会い、もっと知りたいと思う気持ちが芽生え、それを受け入れてくれた作り手の人、魅せてくれた素敵な時間を「紹介したい!」と言う衝動に駆られたと振り返ります。元来、東京指向だった久保さんは、当然、どうせ紹介するなら東京へ・・・と思いましたが、意外にも地元からの反響が大きく、地元の人でも「知りたいんだ」という気づきが会ったそうです。

 

 

もともと<手仕事><職人><道具>が好きな久保さん。香川の手仕事>漆作家>伝統工芸>産業として成り立っている・・・と、段階的な気付きがあって、「これ面白い」・・・になって、「さぬき時間を楽しむ」という基本コンセプトが出来て、IKUNASがスタートしたそうです。

 

 

普通に暮せば暮らしていけるけれど、「おもしろがって暮らすと、もっとおもしろいよ」というところが伝われば「よし!」という編集方針です。

 

 

 

今週のキーワード「繋ぐ

 

 

久保さんは、ものづくり、伝統工芸、郷土料理、産業。讃岐時間を楽しみながら、みんなを巻き込んで次につないでいくのが役割だと感じています。それは、第一号が発刊された2006年12月の翌月に長女を出産したことで、(地元で生きていく)強い根っこが出来たから・・・。だから、我が子のように愛おしくて可愛くて可愛くて、と顔をほころばせます。

 

 

 

 

 

おしゃれな北浜地区にはIKUNAS Roomtao編集部の隣には、IKUNASで取り上げた物が並んだギャラリーを展開しています。「さぁ、ぜひみなさんご一緒に讃岐時間を楽しみましょう」IKUNASの1ページ1ページから、写真と言葉で語りかけているようです。

 


| 1/32ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

recent comment

サイト内検索