Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2018年7月6日放送分ネット配信

7月6日のBrillante!は、FM愛媛から、 「山の神硝子工房」の梶川泰臣さんをご紹介しました。

 


No.188 2018年7月6日放送(愛媛) 梶川 泰臣さん [山の神硝子工房]

今回は、「山の神硝子工房」の梶川泰臣さんにお越しいただきました。

 

愛媛県今治市玉川町の、山の麓にある古民家を改装した「山の神硝子工房」。ここで梶川さんは、「吹きガラス」という技法で、ガラス作品を制作しています。工房の隣に「ギャラリー未在」があり、梶川さんの作品が展示されています。

「普段使いで使っていただきたい気持ちもあるし、観賞用として置いておいていただきたい気持ちもあるし。その時のテンションで作っています。」と梶川さん、おっしゃっていました。

 

制作、展示だけでなく、一般の方向けに体験、講座なども開いていて、「吹きガラスをしてみたい!」という方が、県内外から来られるそうです。

「コップ、お鉢、一輪挿し、作りたいものを決めてもらって、それを目指して、僕がマンツーマンでついて、作ってもらいます。僕と一緒に何か作りたい方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください(*^-^*)」…イケメンの梶川さんファンの方も多いのではないかしら?と思いました。

 

今治で生まれ育った梶川さんは、大学卒業後、コンピュータ関係の企業に就職し、大阪でサラリーマンとして働いていらっしゃいました。そんな中、「自分の本当にしたいことを探そうと思った時期があったんです、サラリーマンやめて。  いつ死ぬか分からないし、何か、モノを残したいなと思いました。」

 

…どうしてガラスだったのですか?

「師匠の作品を見た時に、“すごい!”という、インパクトがあったんです。

ガラスって、透明なコップくらいのイメージしかなかったんですが、師匠の作品は金銀はじめ、色を使っていて、工芸品のガラスもありました。この人の所で勉強したいなと思って。」

すぐに兵庫県の師匠(吹きガラス作家・川原有造氏)に体験を申し込み、体験したその場で弟子入りを申し入れたそうです。

 

「修業は楽しかったです。体力的には、休みもほとんどなくてきつかったですけど、師匠がすごくいい人だったし、師匠が作るところを間近で見て、勉強できるのが楽しかったんですよ。最初は全然、思うような形にならないんですが、練習を重ねていくことによって、できるようになっていく。難しいことがちょっとずつできるようになるということが、僕に合ってたんですよね。毎日続けて、思うようなものができるのに、1年くらいかかりました。」

修業時代を、梶川さんはこう振り返っていました。

「1人だけで修業していたので、比べようがなかったのも良かった。

目指すところが、師匠。僕ヘタ、師匠うまい、なので 自分の成長具合が分からないところも良かったのかもしれません。上だけを見て、ただ追っていくのが、良かったと思います。」

 

…師匠に追いつけましたか?

「追いつきたいと思っていました。師匠も“うまくなったのは、独立してから”と言われていましたし、毎日好きなだけ作れるので、僕も独立したら追いつけるかなって思ってたんです。でも、僕が毎日作る間、同じように師匠も作っているわけで、その差は永遠に埋まらないんじゃないか!と思ったんです。でも、技術だけじゃなくて、感性とか閃きもあると思うので、その部分では、師匠に追いつけるようないいものを作れたらいいなと思います。」

 

梶川さんの夢は…

「作家活動を少しでも長く続けて、いいものを生み出していきたいです。もし機会があれば、アメリカなどで展示会を開きたい!これが最終目標かなと思っています。」

 

そんな梶川さんのキーワードは 感謝☆彡

「(誰に感謝かと言えば)修業をするにあたって両親の協力がないとできてないし、師匠も僕を弟子としてとってくれていないと成り立たないし、独立することになっても、友達や先輩後輩の協力、宣伝が色々あって、今の僕があると思うんです。幼稚園時の園長先生や、受け持ってくださった先生も、ガラスを始めてから再会して、応援してくれています。そういうみなさんと出会うたびに、感謝だなって思います。

僕にしてくれた分、これから僕のような子が出てきたら、応援してあげたいな、と思います。」

 

県展に入賞されたり、展示会も定期的に開催したり、積極的に活動されています。

今月19日(木)から24日(火)まで、香川県善通寺市の「灸まんギャラリー」で、展示会があります。

普段使いのコップ、お鉢から、花器、茶道具まで、梶川さんの渾身の作が並ぶそうです。ぜひお出かけください。

今後のご活躍を楽しみに応援しています!

 

梶川さんの作品は、HP →  https://yamanokami-glass.jimdo.com/

そのほか、インスタグラムでも見ることができます。


2018年6月15日放送分ネット配信

6月15日のBrillante!は、FM高知から、HIRAKO Labの主宰者、平子真治さんをご紹介しました。


No.187 2018年6月15日放送(高知) HIRAKO Lab 主宰 平子 真治さん

HIRAKO Labとは?

「木を活かす・森を育む・アダプター」をコンセプトに、

森林保全、自然体験(ネイチャーゲーム)

木づかい(木育インストラクター、木工)などの活動を行っています。

 

平子さんが、活動を始めたきっかけはお子さんの誕生。

椅子・机など、身の回りの物が

どれもサイズが合わず、それなら作ってしまおう!と。

スプーンやバッグ、おもちゃを作り始めました。

 

当時は広告関係、デザインの仕事をしていた平子さんですが、

2011年国際森林年に高知県の森林環境税を考えるシンポジウムに関わり、

森林や環境への取り組みに積極的に力を注いでいる人たちの存在を知り、

「自分には何ができるのか」と、考えたのが「木育」活動のスタートでした。

 

活動していく中で、強く関心を持ったのが

「行為をデザインする」こと。動きをデザインする。

何かに触れることで、その人の動き・目線などがデザインされる。

デザインは平面だけの世界ではないと、その可能性に触れることができました。

 

なので、ワークショップなどで木のモノづくりをしますが、

大切なのは、教える側のイメージ通りに仕上げることではなく、

モノづくりの過程で参加者に何を感じてもらうのか、

自己肯定感の構築がとても大切なのです。

 

 

6月16日(土)17日(日)は、

高知大丸で木育ワークショップが開催されます。

10時〜16時まで随時開催!

●マイお箸作り(670円)

●木のペンダント作り(400円)

 

今後の展望は・・・

県内各地に木育の風をおこすこと(地域を活かした木育プログラム、ヒトづくり)

今なぜ木育なのか?人が生きるために必要としてきた営みが、

失われてしまう危機感が生まれているからと言われています。

私たちの暮らしを見つめ直し、生活の中にある知恵や工夫、

自然との繋がりについて、皆さんも考えてみてください。

 

今日のキーワード

モノは媒体、主役は心

facebook⇒『ヒラコラボ』で検索!

 

♪リクエスト♪

『RAIN』/BLU‐SWING

 


2018年6月1日放送分ネット配信

6月1日のBrillante!は、FM徳島から「和の学び舎」主宰、藍(あい)さんをご紹介しました。


No.186 2018年6月1日放送(徳島)  藍さん[和の学び舎主催 三味線・着付け講師]

 

今回は「和の学び舎」主催、三味線・着付け講師の 藍さん にお越しいただきました。

 

 

藍さんは徳島県の上板町のご出身。

大阪の大学を卒業後、東京のIT企業に就職され、27歳の時に三味線に出会われます。

その後東京八王子花柳界で芸者になられ、それまで働いていた会社を退職。

そして38歳の時に徳島県にUターンされ、今では三味線・着付けなど和のマナー総合スクール、

「和の学び舎」を徳島や東京で運営されています。

 

何故藍さんが三味線に魅せられたのかというと、それは「音色」なんだそうです。

三味線は沖縄の三線が元になっている楽器で、

藍さんはその心地よい共鳴する響きに魅せられたとお話しくださいました。

 

そんな藍さんが運営されている和のマナー総合スクール、「和の学び舎」は現在、

小学生から80代の方と様々な年齢の方が通われていますが、

一番多いのは30代と40代、そして60代のご婦人方。

また若い生徒さんは三味線を新しい音楽と捉える方が多く、

一方で60代のご婦人方となると三味線を懐かしい音楽と捉え、

余暇を楽しむ一つのものと思っている方も多いようです。

 

藍さんは元々芸の道をお伝えしたいという想いから三味線を教えることを始められました。

そのようなことから、「学ぶ」ということはしっかりと技術を伝えることだと思われていました。

しかし生徒さんによって環境が違ったり、何のために三味線を学びたいかということが異なり、

そのことを気づくまでに時間がかかったんだそうです。

また藍さん自身が忙しくなりすぎた時に生徒さんの気持ちを考えることなく接した結果、

辞められる生徒さんも出てしまったことも。

そのような経験を経てから、

「対人間として」自分の考えを押し付けてはいけないという考えを持たれるようになったんだそう。

人によって生き方も考え方も全て違う…。

藍さんは一人一人に心を込めて向き合うことの大切さを語ってくれました。

 

そして今回はスタジオで藍さんが徳島県の那賀町に伝わる「わじき小唄」を披露してくれました。

この曲は「ご当地ソング」と言えるもので、鷲敷の風光明媚な景色を歌ったものとなっています。

藍さんはこの他伝承によって伝わってきた曲を「譜面化」することで後世に残そうと活動されています。

中には江戸時代から伝承によって伝わっている曲もあるとのことで、

未来に伝統を残す大切さもお話してくれました。

 

そんな藍さんのキーワードは

き感謝き

生徒さんやコンサートのお客様から人生観など教わることは本当に多いそう。

またコンサートの際にはお手伝いをしてくださる方もいらっしゃり、

自分の労力と時間を使って行ってくださる為、感謝という言葉しかないと語ってくれました。

 

そんな藍さんが今一番力を入れているのは、ここ徳島に伝わる曲を掘り起こしていき、

譜面化と音源化をして一人でも多くの方に伝えることなんだそうです!

また三味線そのものの魅力を伝えていくことも行いたいとおっしゃっていました。

 

 

さて藍さんですが、7月に徳島でコンサートを行います!

 

藍 三味線のきらめきコンサートvol.6

〜未来へ伝えたい。阿波の唄、お座敷をお囃子入りで華やかに〜

 

こちらのコンサートが7月21日(土)に、徳島市、ふれあい健康館で行われます。

入場料は1000円!

開場は13:00、開演は13:30です。

今回のコンサートで特に力を入れているのは、徳島の曲を後世に伝えることだそう!

その他東京の粋な曲も併せて演奏されるので、

是非多くの人に聴いていただきたいプログラムとなっています。

 

詳しくは藍さんが運営されている「和の学び舎」のサイトからもお問い合わせができますので、

是非チェックしてみてくださいね!

http://wanomanabiya.com/     

 

 

 

 


2018年5月18日放送分ネット配信

5月18日のBrillante!は、FM香川から、フィットネススタジオ VOVAS代表の脇坂諭さんをご紹介しました。

 


No.185 2018年5月18日放送(香川) 脇坂 諭さん [株式会社NOVAS代表]

Brillante! FM香川からのゲストは 株式会社NOVAS代表の 脇坂諭(わきさかさとし)さんです。

 

鹿児島県出身の脇坂さんは元サッカー選手で、高校時代に国体優秀選手、大学では新人王、カマタマーレ讃岐では得点王に輝きました。Jリーグの選手が引退する平均年齢26歳の時に、脇坂さんも退団しました。色々と方向性を模索しつつ、社会人の4年間を過ごした香川で仕事をするのが最良という「直感」で、自分が一番輝けるブランドを作るため、株式会社NOVASを独りで立ち上げました。

 

会社名は、「健康寿命を延ばす」の、ノバス。生活習慣病、介護予防につながるようなフィットネスの会社です。その一番の特徴は在宅の介護予防として、トレーナーが訪問するスタイル。マンツーマンで、ヒアリングをしっかり行うことによって、個々に応じたトレーニングをします。

 

高齢者には、歩くときに使う筋肉の運動になるサッカー(ボールを蹴る)運動も脇坂さんならでは。おうちでフィットネスは畳2、3畳あればできること、近所を歩いて散歩コースを提案したりと独自の目線が光ります。

 

また、40歳前後からを対象としたトレーニングスタジオは、一人で来て誰とも会わずにマンツーマンの指導が受けられるシステムになっています。生活習慣病になって体の衰退の変化がみられるのが40歳くらいなので、家に帰ってもできる<自分で出来るストレッチ>や体幹トレーニングをしっかりと指導していくという脇坂さん。マンツーマンにこだわるのは効果が出やすいからだそうです。

 

J2カマタマーレ讃岐の現役時代の得点王は、「走るのが嫌いだ」と言い切りました。「だからゴール前に陣取って、ここぞ!というときに走り込む。嗅覚がある・・・というか、感覚でプレイしていたところもあるので、お客様に「感覚」を伝えることも得意なんです。また、そうした「合理的」「効率のいい」運動方法は今のトレーニングに存分に生かされているそうです。

 

したくないことはしないで、好きなことをしてもらえるのが一番だと思います」と豪快に笑います。「今の悩みを全部聞いて、その人の一番よくなる方法を考えます。もしできないことがあれば、正直に他をお勧めします」・・・とのこと。

 

そんなNOVASの目標は、「まずは、この5年のうちに県内1のフィットネスチームを目指す。誰もが知っている存在になれたら、サッカー環境の悪い香川県で子供達が思い切りサッカーを出来る環境創りを進めたり、国外の有力サッカーチームとの連携も実現してゆきたい」ということでした。

 

今週のキーワードき思考は現実化するき


想いをかみくだいて理解し、その目標にむかって逆算していく。そこで何をするかを細かく設定してそれにそって頑張るということです。

 

自らのサッカー経験から得た技術と知恵。そして研ぎすまされた嗅覚で、正面からお客様に向き合う脇坂さん。今後は運動系のDVDや、動画の配信も行う予定だそうです。

 

株式会社NOVAS HP

 


2018年5月4日放送分ネット配信

5月4日のBrillante!は、FM愛媛から、 東温市にある「廣川農園」の 廣川 慎太朗さんをご紹介しました。

 


No.184 2018年5月4日放送(愛媛) 廣川 信太朗さん [廣川農園]

今回は、東温市にある「廣川農園」の 廣川 慎太朗さんに、お越しいただきました。

 

廣川さんが農園で栽培しているものは、インドと日本のお米のハイブリッド米、タイのトウガラシ、空心菜、パクチーなど。

ほとんどが「エスニック料理」に使われる農産物です。愛媛県内のほか、関西・関東方面へ出荷されるそうです。

中でも廣川さんが力を入れている野菜が、「パクチー」。
現在は、廣川さんと東温市内の若手農家みなさんでグループを作って、通年栽培を行っています。
「有機肥料を使い、化学肥料・農薬はなるべく使わない。有機肥料は量が必要ですし、重いし大変ですけど、その分、野菜本来の甘味が出る美味しい野菜が出来るので、そこはこだわっています」と、廣川さん。

廣川さんは、東京・品川のご出身です。高校卒業後、都内の飲食店で働く中、食材に興味を持つようになり、「自分で作りたい!」と一念発起。まず「福井県」で、米作りなどを3年間、続けられました。インドのお米とのハイブリッド米「プリンセスサリー」などに挑戦したそうです。
そこで出会った愛媛出身の方との縁で、3年前、愛媛・東温市へ。「プリンセスサリー」を作る中、「エスニック野菜もほしい」というお客さんの声から、パクチーなどを作り始めました。
「最初の1年、野菜はきれいにたくさんできたのですが、ことごとく売れなくて。産直でも売れないし、卸す先も少なくて、処分したものも結構ありましたから、なんで売れないんだろうと、思いました。1軒1軒、少しずつ扱ってくれるお店が増えて、お客さんが喜んでくださる顔を見られて、すごく幸せに思いました」。

愛媛のくらしはどうですか? 
「1年中、住みやすいです。周りの農家さんもとても親切で、機械を貸してくれたり、作り方も教えてくれたり。最初は知り合いもいなかったので不安でしたけど、今はもう大丈夫です。」
「元々一人で作っていたのですが、東温市の若手農家みんなが集まってきてくれて、一緒にパクチーを作れるところまでになったのが、うれしいです。今は、僕も含めて10人ほどで、それぞれ規模は小さいですが、1年中みんなで時期をずらして生産コントロールして、儲けが出るように工夫して作っています」。

皆さんで作るパクチーは、「東温パクチー」という名前でブランド化され、売り出し中です。
愛媛県内のスーパー、産直市などで手に入るほか、「ご連絡いただければ、配達します!」と、廣川さん、おっしゃっていました。

 

そんな廣川さんの夢は、
「僕が作った、東温パクチーとエスニックの野菜やお米で、エスニック料理店を作りたいです。」
愛媛・東温が、パクチー王国、エスニック料理のメッカになるかもしれません!

廣川さんのキーワードは、まさに、き東温パクチーき☆彡
「若手農家の想いが詰まった、「東温パクチー」をたくさんの方に食べていただきたいです。パクチーが苦手な方も、一度挑戦していただきたいです。」

廣川さんやみなさんが大事に育てたパクチーが、たくさんの方に届きますように、応援しています!

 


5月。これから田植えも始まり、パクチーの収穫もあって、忙しい中お越しいただきました。
日焼けしたお顔がりりしい、35歳の廣川さんは、「今年の夏には子どもが生まれる予定です」と、照れながらも、パパの顔で話してくださいました。

 


廣川さん達、東温市の若手農家のみなさんが作る「東温パクチー」。
スタジオ中に、いい香りが広がりました。
まっすぐな、さわやかな、「ザ・パクチー!」なパンチのある味が、くせになります。

廣川さんや、パクチーなどの情報は、Facebookで観ることができます。

https://www.facebook.com/hirokawanouen/
「廣川農園」で検索してください。

 


| 1/30ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

recent comment

サイト内検索