Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.183 2018年4月20日放送(高知) 土佐清水市観光商工課 畠中 陽史さん

今日のゲストは、

土佐清水市観光商工課の畠中陽史さん。

 

土佐清水市は、

高知県の最南端に位置し、

離島を除き東京からの移動時間が一番かかる場所、と言われています。

沿岸地域のほとんどが足摺宇和海国立公園に指定されていて、

足摺岬では、雄大な太平洋が一望できるほか、

竜串・見残し海岸では、海岸の岩が波や風に削られてできた

一風変わった景色を楽しむことができます。

また、黒潮の恵みを活かした水産業が盛んで、

特に宗田鰹から作られる宗田節は、

一般的な鰹節よりも強いダシ・香りが特徴です!

 

今回、お話を伺うきっかけとなったのが

『ジョン万デニム』を製作するというニュース。

 

 

現在、高知県では志国高知 幕末維新博が開催されています。

それに伴い土佐清水市にある『ジョン万次郎資料館』が、

今月1日にリニューアルオープンしました。

このリニューアルにあたり、

ゴールドラッシュ時代にジーンズが誕生したこと、

このゴールドラッシュにジョン万次郎が参加していたことから、

「ジーンズを最初に履いたのは万次郎ではないか?」

このゴールドラッシュ・ジーンズ・ジョン万次郎の3つが繋がれば、

歴史に興味がない人やジョン万次郎を知らない人にも、

ジーンズからジョン万次郎を知ってもらえるのでは?という閃きから、

ジョン万デニムの企画が立ち上がりました。

 

監修にはヴィンテージデニムのカリスマ、

原宿のヴィンテージショップ「ベルベルジン」のディレクター藤原裕さんが。

藤原さんも実は、高知県のご出身なんです!

そして、藤原さんのご紹介でウエアハウスさんと繋がり

「ジョン万デニムプロジェクト」が始動したのです。

 

気になるのが・・・デザイン!

1870年から1890年代のデニムディテールを取り入れながら

「現代のスタイル」にも合うシルエットを実現!

「こだわり」も詰まっています!

鹿皮のラベルパッチにジョン万直筆のサインをプリント。

ズボンのサスペンダーで履いていた時代のボタン。

後ろ右ワンサイドポケットデザイン。※ピストル収納用

ベルトループをアレンジ(当時のジーンズはサスペンダーなのでなかった)

1台のミシンで縫われた事を想定して全て本縫いを使用。

 

ジョン万デニムは、120本限定販売!受け付けは4月21日(土)13:00から。

ジョン万次郎資料館で受付をされた方には、シリアルナンバーが入ります!

料金は36,000円(税別)さらに特典としてジョン万デニムを履いて、

資料館にご来館の方は、同伴者3名まで入館無料!

平成31年1月31日まで有効です。

 

今後の展望としては、

「ジョン万デニム」をこれからどうしていくのか。

また新たな商品を開発するのか、何か企画を考えるのか。

畠中さんは、発売した後の方が怖い・・・とおっしゃっていました。

何だか分かる気がする。この企画を通して、

多くの人にジョン万次郎に興味を持ってもらい、

土佐清水にお出かけいただきたいですね!

 

き今日のキーワードき

一期一会 出会い

全ては飲ミニケーションから

人が人を呼び、面白い企画が始まりました。

「ジョン万デニム」が高知を飛び出し、日本を飛び出し、

そして世界でも知られるように願っています!まるでジョン万次郎のように。

 

♪今日のリクエスト♪

「ジョン万が見た海へ」/チハル


| 1/46ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

recent comment

サイト内検索