Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.224 2020年1月3日放送(愛媛) HARVEST 代表 大橋和彰さん

2020年1月3日放送分、

大橋 和彰さんのインタビューを終えて・・・

 

20201回目は、「HARVEST」代表、大橋和彰さんにお越しいただきました。

 

HARVEST」は松山を拠点として、主に「イベント業」などを行う会社です。

アーバンスポーツ(若者に人気のあるBMX、スケートボード、ボルダリングなど都市型スポーツ)のイベントでのパフォーマーのキャスティング、プロデュースをする中、大橋さんご自身は、BMXのショーチーム「LUSH」のパフォーマーとしても活動されています。

(写真右が、大橋さん。)

 

BMX(Bicycle Motocross)は自転車競技の1つで、

2020年 東京オリンピック」の競技にも追加され、人気も高まっています。

小さ目のホイールと特徴的なハンドルの自転車で、競技としては、スピードを競う「BMXレース」と、アクロバティックにスピンやジャンプなどの技をする「BMXフリースタイル」があります。

 

大橋さん皆さんは、プロのパフォーマー。

全国でも数組しかいないそうですが、中でも大橋さんは、BMXでは難しいとされてきた、音楽に合わせて技を行う「音ハメ」や、2人同時に行う「シンクロトリック」を実現され、現在は、愛媛県内だけでなく、広島、大阪、関東などで、イベントや、学校へ出向いてパフォーマンスを行っていらっしゃいます。

もともと自転車が好きだったという大橋さんがBMXと出会ったのは、中学3年生の時。

サッカー部を引退し高校に入学するまでの間、岩など障害物を乗り越える「トライアルバイク」に挑戦しようとインターネットで約3万円の中古車を購入したところ、届いた自転車が、「BMX」の自転車!とてもよく似ているそうで、なんと、買い間違えてしまったそうです。

 

「中学生にとっての3万円は大きな金額で。せっかく買ったんだから、やるしかない!と思いました()

これが運命の出会いとなり、はじめは動画を見て真似をするなど独学で。その後、BMXをしている知人に教わるようになり、のめりこんでいかれたそうです。

 

「親も放任主義だったので好きにやらせてもらえました。

最初は、弁慶の泣き所を打つという、地味なケガが多いんです。めちゃめちゃ痛いですが、慣れてくるとそこが強くなっていって(*^-^*)慣れてくると、転び方、失敗の仕方も学んでくるので、大きなケガはこれまでありません。」

 

どんなところにひかれたのですか?

「技1つできるごとに、高揚感というか達成感というか、子供の頃、自転車に初めて乗れた時と似たような感覚を味わえるんです。それが何回も味わえるので、また新しい技をやってみよう!と、はまっていきました。」

 

朝から晩まで、時には丸1日BMXに乗り続けるという生活を、大阪の大学に進学してからも続けたという大橋さん。

 

「当時は大会に出て優勝したいという目標を持って練習していましたが、20歳の頃に先輩から誘われて、BMXのパフォーマンスチームメンバーとなり、灘波を中心に、大阪のライブハウスやクラブでパフォーマンスをはじめました。そこで、お客さんを楽しませる面白さに気づいて。大学を卒業して地元愛媛の企業に就職したのですが、年々『自分がのめりこんだBMXの魅力を発信していきたい。仕事としてBMXをやっていきたい。』という気持ちが強くなってきました。」

 

大学卒業後、4年間企業で勤務された後、「HARVEST」を立ち上げられました。

全国各地を回る中、「東京オリンピック」効果はやはり大きいそうです。

「メディアでも取り上げられるようになり、23年前と比べると、知ってくださる方、興味を持ってくださる人が増えたなあと、肌で感じます。」

と大橋さん。

 

現在は、指導にも力を入れていて、各地のイベントでは、パフォーマンスの後「子ども向け体験会」。地元愛媛では、「BMXライダー育成スクール」も開催しているということです。

 

「最近は子ども用のBMXもあるので、4歳くらいから始められます。大人と比べると子どもたちは覚えるのが早くて、2、3年で上達するので、すぐ追い抜かれそうです()

普通に乗るだけでなく、技にも挑戦していきますが、BMXは、技の数が限られていないんです。想像力次第でオリジナルの技、誰もしていない技を作り出せるので、子どもの発想力で面白い技を考え出していくところも、楽しそうですね。これが、BMXの魅力の1つでもあります。」

自転車1台で、無限大の可能性があり、夢が広がっていく。楽しみです。

大橋さんの夢を伺いました。

 

「僕自身の夢としては、BMXを使って、地元愛媛から世界に魅力を発信していきたいです。

愛媛県は『自転車推進県』なので、BMXの愛媛代表ということで、『愛媛県自転車大使』になれるように活躍したいです。

それから、子ども向けの教室をしているという立場からの夢は、愛媛県からオリンピック選手、世界チャンピオンを輩出できるよう、指導を頑張っていきたいです。」

 

そんな大橋さんのキーワードは、「失敗を恐れない」☆彡

 

「これは何にでも共通することだと思うんですが、パフォーマンスで言うと、ある程度していると、いわゆる「テッパン」という形、いつもの流れができてくるんです。そうすると、どうしてもその「テッパン」に頼ってしまって、そこからチャレンジもしないしマイナーチェンジもしなくなってしまいます。なので、できたのものを一旦壊して「さら」にして、新しいものを作って、パフォーマンスで見せていく。修正して改善してまた新しいものを出していく、の繰り返し。そういったところで、チャレンジして失敗してチャレンジしての繰り返し、というのを意識しています。人生にも仕事にも言えると思います。」

大橋さんは現在28歳。ご自身も、数々の技を考え出してこられたそうです。パフォーマーネームは「kyosen」。ご想像通り、「大橋」さんと言えば・・・・「巨泉」さん!ということで付けられたそうです。

kyosenスピン」は、自転車に体を巻き付けるような形でスピンするオリジナルの技。大会でも切り札として披露されたそうです。

BMXで、愛媛から世界へ輝く大橋さんを応援しています!!

 

 

大橋さんのBMXチーム「LUSH」のHP

https://www.lushbmx.com/

 

  


| 1/55ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 森寛子
FM徳島
森寛子
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

recent comment

サイト内検索