Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

NO.236 2020年7月3日放送(愛媛) スタイリングカウンセラー 大澤 もとこ さん

2020年7月3日放送分、

大澤もとこさんのインタビューを終えて・・・

 

今回は、「スタイリングカウンセラー」の大澤もとこさんにお越しいただきました。


「スタイリスト」と言えば、お洒落でかっこいいイメージを持たれるでしょうか?

モデルさんや俳優さんなど写真や映画、テレビなどに出演する人の衣装やアクセサリーなどをコーディネートする人のことをいいます。

大澤さんは、「パーソナルスタイリスト(一般の方へ向けてのスタイリスト)」でいらっしゃいますが、ただ「この服が似合う」とスタイリングするだけでなく、「どんなものが好きで、どういう風に見られたいか」といった内面をカウンセリングした上で、その方に何が似合うか提案してスタイリングする、ということをしていらっしゃいます。

 

「一般社団法人 国際スタイリングカウンセラー協会」認定の「スタイリングカウンセラー」になられて3年目だそうですが、なんと四国第1号のスタイリングカウンセラーで、現在も、四国でただ1人だそうです。

個人や企業向けに「スタイリングレッスン」、実際に服を選んでくれる「ショッピングアテンド」はじめ、デパートなどでのイベントやアパレルブランドとの提携、さらに今年は「2020ミス・アース・ジャパン愛媛大会」の公式スタイリングトレーナーとして、ファイナリストのみなさんへ指導をされるなど、大澤さんがお住まいの愛媛県今治市を拠点に県内外各地で活躍される中、現在は「ユニクロ今治店」とコラボレーションして、コーディネートを提案したり、お客さんへスタイリングしたりもなさっています。

 

「お客様のパーソナルカラーと体型を見ますが、プラスして『思考の分析』も行います。自分がどういったキーワードが好きなのか、どう見られたいのか、可愛くみられたいか、かっこよく見られたいか、などを分析して、それを装いに落とし込むということをしています。ご自身の思考の整理にも役立つと思います」と大澤さん。

 

収録のこの日、少しだけ洋服に気合を入れてのぞんだ私に、

「エレガントのタイプですね。とは言え、スニーカーを履かれていて、スポーティさもミックスして・・・」と、少しの間にしっかり分析していただけました。

 

「お客様の未来を創る」という思いで活動している大澤さんは、去年の10月、「地球の未来」を創ることにつながるイベントを企画されました。

SDGs(持続可能な開発目標)に掲げられている「地球環境問題」をテーマにしたイベント

「#100年後の地球を考える エコTシャツアート展in今治」です。

「SDGs」。2015年の国連サミットで決められた国際社会共通の目標で、2030年までに貧困や教育、エネルギー、気候変動対策などに関する17の目標を達成しようというものです。SDGs推進の一環として今月7月から、「レジ袋の有料化」がスタートしていますね。

 

Tシャツアート展」は、大澤さんの出身地・高知県の幡多郡黒潮町が発祥の地。海岸の美しい砂浜を美術館に見立ててTシャツアートを展示するイベントで、四国では、徳島や、愛媛では伊予市双海町でも開催されましたが、大澤さんはこのイベントを「今治で」、そして、「エコTシャツで」行いたいと、去年の春、思いついたそうです。

 

「アパレル業界は、生産したものの半分を廃棄しながら経済を回している現状がありまして、スタイリストをする中で、『服の大量在庫、大量廃棄』が社会問題、環境問題になっていました。これとは別に、「海洋プラスチックゴミ」が世界的に問題になっていて、

このイベントをすることで何かアクションを起こせないかと。また、サーキュラーエコノミー(循環型経済、循環型社会=再生し続ける経済環境・ビジネスで環境問題を解決していく考えやシステム)を広くアナウンスできたら、とひらめきました。」

ファッションと地球環境、経済の融合です。

 

エコTシャツとして使われたのが、「BRING Tシャツ」という、プラスチックなどから生み出された再生ポリエステル原料で作られたTシャツ。

「リサイクルの過程は、100のものが不要なものを出しながら80になったり50になったりしますが、このTシャツのすごいところは、アップサイクルされることです。100から100に生まれ変わらせることのできる技術にのっとって循環させていくことができます。」

 

スタジオに「BRING Tシャツ」をお持ちくださいました。

手触り、肌触りがとてもなめらかで、まるで綿素材のようです。

左が、大澤さんがご自身のお嬢さんをモデルにデザインした作品ですが、イベント当日、このような鮮やかなアートなTシャツが、200点以上展示されました。

このほか、「リサイクルボックス」を設置して役目を終えた服を回収したり、

エコTシャツを開発した企業・日本環境設計()の岩元会長とFC今治の岡田オーナーとの トークセッションがあったり、

「準備は、くじけそうになることもありました。はじめてのことだったので、お客さんに来ていただけなくても残念に思うのはやめようと思いながらのぞんだんですが、実際、たくさんの方に来ていただけて安心しました。」

イベントによって、たくさんの方に、ファッションを通して地球環境について考えていただけ、地球を大切にすることを再認識できたということです。

また、会場の瀬戸内海国立公園 唐子浜海岸には、かつて遊園地がありました。「遊園地があった頃のようににぎわってうれしい」という、地元の方の声もあったそうです。

「第2回を開催しよう」という声があがり、今年に入って動き始めようとしていましたが、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。

 

「第2回は、コロナが落ち着いたら。来年の同じ時期にできたらいいなと思っています。前回は、私の所属する協会の主催で開催したので、次は、地元・愛媛・今治のみなさんと協力して、実行委員会という形で行いたいと思っています。」

大澤さんの夢を伺いました。

「今、私がスタイリストとして活動できているのは、与えていただいてるご縁だったり、モノだったり事などで成立していると思うんです。傲慢な立場ではなくて、私もいつか、何かを与えることができる人になって恩返しがしたいです。何歳になるか分かりません、おばあちゃんになるかもしれませんが。」

 

そんな大澤さんのキーワードは、「」☆彡

 

「自分の今があるのは、関わって下さっているすべての皆様のおかげだと思っています。ご縁をいただいているなと思うので、このご縁を大切にこれからも精進していきます。」

小学生の2人のお子さんのお母さんでもある大澤さん。

「子供たちに、この環境を残すことは責務だと思っているんです。自分のできる範囲でやろう、と思っています。」

未来を想う一言一言とそれを語る笑顔。美しい大澤さんがさらに美しく、キラキラと輝いていました。

 

同じ「大澤」姓(私も大澤です)ということですぐに意気投合でき、お話の中で共感する点が多く、私大澤も、大澤さんにご縁を感じました。

 

海岸でまた、真っ白なお洒落なTシャツたちが海風に気持ちよさそうに吹かれているところを見たいですね。そしてこのイベントが、地球のために、未来のために、来年再来年とずっと続いてほしいです。大澤さんの夢を、応援しています!

 

 

大澤さんのHP   https://m-ohzawa.amebaownd.com/    

Instagram  https://www.instagram.com/isca_motoko/?hl=ja

Facebookページもあります。


| 1/58ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 森寛子
FM徳島
森寛子
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

recent comment

サイト内検索