Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.141 2016年12月9日放送(香川) 筒井朋章さん(野球王国かがわ復活Project代表)

Brillante! FM香川からは、野球王国かがわ復活Project代表の筒井朋章(つついともあき)さんをご紹介します。

 

筒井さんは、小学4年生から大学・社会人までピッチャーとして野球を続けてきました。四国全体が野球王国と言われていた時代に野球に携わってきただけに、昔に比べると野球が「元気がなくなってきた」「野球が身近でなくなった」と感じるところがあり、何か自分でできることを・・・と2014年の夏にプロジェクトを立ち上げました。

 

四国では、昔から地元の公立高校である4県のの商業高校が強かった時代が長くありました。しかしスポーツの種類が多様化や卒業後に活躍する選手が減ったこと、全国でも勝つのが難しくなったことの他に、地元の子どもが地元の学校に行き甲子園を目指す、そんな身近さが感じられなくなったことなどが低迷の理由ではないかと筒井さんは振り返ります。

 

特に、1982年まで現在の高松市立中央公園の場所にあった高松市立中央球場が、郊外の県営野球場として移転したことが大きかったと感じています。休みの日にぶらりと観戦に行き、お父さんもビールを飲んで帰ってくる・・・と言うようなこともできなくなりました。

 

実際に野球をする子供たちにとっては、いつも身近に野球に触れている指導者が少なくなったことも問題です。一回や二回の野球教室ではなかなか技術は得られません。また野球の理論も年々変わっており、指導者も新しい指導方法を常に学ばなくてはいけません。ということで、プロジェクトでは指導者育成に目をつけて中央で活躍する監督・コーチ、選手などを招いて講演会も行っています。

 

一方で、野球が上手になるためには技術的なことだけではなく精神的な修行やトレーニングが大事です。

 

常に礼儀正しく、道具類がキレイに並べられているチームはやはり強い。その象徴がトンボだ考え、野球教室に参加したチームには手作りのトンボを作って贈呈しています。すべて木から切リ出し、ネームプレート作って取り付けたり・・・とオリジナルのトンボ。これらもメンバーの人脈・行動力によるもの。Projectのメンバーは野球経験者も未経験者も、地域活性化に役立ちたいと頑張っています。

 

今週のキーワードき「復活」き

ちょっとでも地元のためになれたら・・・と、いわゆる「おせっかい」なんですが、それがないと進んではいけません。地元の子どもたちが地元の学校で甲子園を目指して活躍する!

 

そういう環境になってどんどん勝てるようになったら「復活」といえるのではないか・・・と筒井さんは結びました

 

 



パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 近藤公美
FM徳島
近藤公美
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

recent comment

サイト内検索