Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.149 2017年2月3日放送(香川) NPO法人香川県運動推進協会理事長 安部 武矩 さん 

Brillante!〜四国の輝く人たち〜。FM香川からのゲストは、NPO法人 香川県運動推進協会 理事長 安部武矩(あべたけのり)さんです。体育教師の資格をもちバスケットボールを専門としているだけあって、188センチの長身!さわやかな笑顔で颯爽と現れました。

 

 

 

近年、健康寿命を長くしようという介護予防教室などの取り組みが盛んになる中、2014年に立ち上げられた運動指導者の集まりが香川県運動推進協会。高齢者施設や、公共のコミュニティセンター、自治会館、発達障害のある施設、学校、こどものくになど、活動場所も多岐に渡り、3歳〜100歳くらいまでと幅広い年齢層を対象とした運動教室を委託実施しています。

 

香川県は車社会なので、県民一人ひとりの運動量も少ないと言う懸念と、「うどん」を食べる際に野菜の摂取が少ないため糖尿病が多い実情があるそうです。運動不足になると体がかたくなるだけでなく、姿勢も悪くなり血液の流れが悪くなることから、腰痛や肩こり・・・いわゆるロコモティブシンドローム(整形外科的疾患)につながります。さらに気持ちも落ち込みやすいくなり、精神的にも鬱になるなど々な弊害をもたらします。逆に体が元気であれば、体力が有れば風邪もひき難くなりますし、まずは体を動かすことが大切なんです。

 

安倍さんの教室では、指の体操や頭の体操もゲームを取り入れるなど楽し石道をしています。ストレッチ・筋トレをして肩こりが楽になったり爽快感を感じられますが、楽しさがないと継続しないので、そこを一番大事にしています。」

 

また、子ども向けには「たけのこ体育教室」を展開しています。「たけのり」という名前と背が高いところからついたあだ名「たけのこ」と名付けました。スクスクと子どもたちが伸びるように、そして大きくなったときに芯が有るようにとの願いが込められているとのことです。(写真撮影もタケノコポーズになっています)

 

運動が苦手な子も、好きになって、得意になって、やがて自信になるように。楽しく運動する中でコミュニケーション能力が高まって友達ができたり、笑顔になったり、前向きな生活をおくってもらう。競争したり、協力したりすると、子供たちが目を輝かせる瞬間というのがあります。そんな瞬間を見逃さず、頑張るメニューも織り交ぜながらメリハリがつくよう指導しています。

 

参加者や保護者からも、教室を楽しみにしている、運動を話題にするようになった、前向きになったなどの感想を聞いて、それがやりがいにもなっているそうです。

 

今週のキーワードき自分の人生は自分でつくるものき 

 

受け身じゃなくて、自分で考えて行動することが、今の自分を作っていると感じています。子どもたちが大人になっていく過程に携わっているので、自分で考えて行動できるように僕たちがサポートできたらと思っています。

タケノコ教室としても、自分が携わる子ども達が、目を輝かせて自分が好きなことに取り組めるような体作りを目指していて、苦手が好きになる、楽しめるような体操の開発をしているところです。(安倍さん)

 

開催される教室のお知らせは、たけのこ体育教室のHP  http://takenoco.info  

 

「みんなへ」と書いた たけのこ先生のメッセージも要チェック!

 

 

 

 



パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 近藤公美
FM徳島
近藤公美
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

recent comment

サイト内検索