Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.155 2017年3月17日放送 (高知) 川添ヤギ牧場 川添 建太郎

南国市にヤギ牧場を経営する川添建太郎。

国内ではあまり目にする・口にする機会が少ないヤギミルク。

川添さんがヤギミルクと出会ったのが約12年前。

音楽の勉強でドイツに留学した際にスーパーで出会ったヤギミルク。

日本ではあまり馴染みがなく、少し興味を持ったそうです。

(当時飲んだ感想は「あまり美味しくない」独特の臭みが強かった印象)

 

日本に帰って、すぐに牧場経営を始めたわけではなく、

5年位は「ヤギミルク」には全く触れず生活を送っていました。

その後、農業共済組合に務めるようになり「家畜担当」に。

その際に牛の農家さんと話をする機会が増えました。

(実はヤギは牛科の動物!ヤギの病気や飼い方を学ぶ)

この時に、大きい牛を飼うのは大変だから、

ペットを飼うような感覚でヤギのオス・メス1頭ずつを飼い始めました。

後々商売にする!という考えはなく、

ペットがミルクを出してくれるならラッキー♪

自分で飲むくらいは出来るのかな?という感覚だったそうです。

 

川添ヤギ牧場のヤギミルクは独特の臭みがないのが特徴。

その秘密は、こだわりの「飼料」にあります。

100%自給飼料で、輸入飼料は一切使わず新鮮な牧草を通年ヤギに与えています。

ヤギの排泄物を土に加えて畑で牧草を栽培。

循環型の仕組みを確立するなど育て方を工夫しています。

 

ヤギミルクは牛乳と違って通年流通している訳ではありません。

秋頃に発情し、約5カ月の妊娠期間を経て春に出産。

ヤギミルクの流通が始まるのは3月頃からなんです!

(可愛い赤ちゃんがたくさんいました!)

 

現在、日本で商売としてヤギを飼育している牧場は20件ほど。

その中で頭数だけで言えば、川添さんの牧場は2位!(100頭ほど)

まずは、数で全国1番になることが川添さんの目標です。

 

きキーワードき

 縁と運

色んな方に恵まれて助けられながらヤギを飼育できている。

様々なタイミングが重なって今があると感じています。

 

昨年は、地元の「ひまわり乳業」と共同でヤギミルクの生乳を商品化。

また、プリンやジェラートなど様々な企業の加工品にも使用されています。

高知県内で見かけた際はぜひ味わってみてください!

ひまわり乳業のHPからも購入できますニコ



パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 近藤公美
FM徳島
近藤公美
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

recent comment

サイト内検索