Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.184 2018年5月4日放送(愛媛) 廣川 信太朗さん [廣川農園]

今回は、東温市にある「廣川農園」の 廣川 慎太朗さんに、お越しいただきました。

 

廣川さんが農園で栽培しているものは、インドと日本のお米のハイブリッド米、タイのトウガラシ、空心菜、パクチーなど。

ほとんどが「エスニック料理」に使われる農産物です。愛媛県内のほか、関西・関東方面へ出荷されるそうです。

中でも廣川さんが力を入れている野菜が、「パクチー」。
現在は、廣川さんと東温市内の若手農家みなさんでグループを作って、通年栽培を行っています。
「有機肥料を使い、化学肥料・農薬はなるべく使わない。有機肥料は量が必要ですし、重いし大変ですけど、その分、野菜本来の甘味が出る美味しい野菜が出来るので、そこはこだわっています」と、廣川さん。

廣川さんは、東京・品川のご出身です。高校卒業後、都内の飲食店で働く中、食材に興味を持つようになり、「自分で作りたい!」と一念発起。まず「福井県」で、米作りなどを3年間、続けられました。インドのお米とのハイブリッド米「プリンセスサリー」などに挑戦したそうです。
そこで出会った愛媛出身の方との縁で、3年前、愛媛・東温市へ。「プリンセスサリー」を作る中、「エスニック野菜もほしい」というお客さんの声から、パクチーなどを作り始めました。
「最初の1年、野菜はきれいにたくさんできたのですが、ことごとく売れなくて。産直でも売れないし、卸す先も少なくて、処分したものも結構ありましたから、なんで売れないんだろうと、思いました。1軒1軒、少しずつ扱ってくれるお店が増えて、お客さんが喜んでくださる顔を見られて、すごく幸せに思いました」。

愛媛のくらしはどうですか? 
「1年中、住みやすいです。周りの農家さんもとても親切で、機械を貸してくれたり、作り方も教えてくれたり。最初は知り合いもいなかったので不安でしたけど、今はもう大丈夫です。」
「元々一人で作っていたのですが、東温市の若手農家みんなが集まってきてくれて、一緒にパクチーを作れるところまでになったのが、うれしいです。今は、僕も含めて10人ほどで、それぞれ規模は小さいですが、1年中みんなで時期をずらして生産コントロールして、儲けが出るように工夫して作っています」。

皆さんで作るパクチーは、「東温パクチー」という名前でブランド化され、売り出し中です。
愛媛県内のスーパー、産直市などで手に入るほか、「ご連絡いただければ、配達します!」と、廣川さん、おっしゃっていました。

 

そんな廣川さんの夢は、
「僕が作った、東温パクチーとエスニックの野菜やお米で、エスニック料理店を作りたいです。」
愛媛・東温が、パクチー王国、エスニック料理のメッカになるかもしれません!

廣川さんのキーワードは、まさに、き東温パクチーき☆彡
「若手農家の想いが詰まった、「東温パクチー」をたくさんの方に食べていただきたいです。パクチーが苦手な方も、一度挑戦していただきたいです。」

廣川さんやみなさんが大事に育てたパクチーが、たくさんの方に届きますように、応援しています!

 


5月。これから田植えも始まり、パクチーの収穫もあって、忙しい中お越しいただきました。
日焼けしたお顔がりりしい、35歳の廣川さんは、「今年の夏には子どもが生まれる予定です」と、照れながらも、パパの顔で話してくださいました。

 


廣川さん達、東温市の若手農家のみなさんが作る「東温パクチー」。
スタジオ中に、いい香りが広がりました。
まっすぐな、さわやかな、「ザ・パクチー!」なパンチのある味が、くせになります。

廣川さんや、パクチーなどの情報は、Facebookで観ることができます。

https://www.facebook.com/hirokawanouen/
「廣川農園」で検索してください。

 



パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

recent comment

サイト内検索