Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.202 2019年2月1日放送(徳島) E-Yo Tokushima in Japan代表 田井文枝さん

今回は徳島の特産品を使ったお土産品などを作られている、

E-Yo Tokushima in Japan代表、田井文枝さんにお越し頂きました。

 

 

徳島と言うと”阿波踊り”や”鳴門の渦潮”などが特に有名ですよね。

しかしその他にも伝統的な素材や名産品が数多くあるんです。

例えば「拝宮和紙」という和紙をご存知でしょうか?

この和紙は高級和紙として知られている手漉き和紙で、徳島の名産品のひとつとなっています。

このような徳島の伝統的な素材や名産品を使ってオリジナルグッズを制作販売し、

徳島の良さをPRしているのがこのE-Yo Tokushima in Japanです。

その代表を務めていらっしゃるのが田井さん。

田井さんに徳島に対する想い等をお聞きしました。

 

徳島県ご出身の田井さん。

なんと以前はアナウンサーやレポーターのお仕事をなさっていたんだそうです!

その後主婦業や子育てを経験され、E-Yo Tokushima in Japanを設立されました。

設立されるきっかけとなったのがずっと続けていた司会業で出逢った方達の影響で、

たくさんの方が徳島を愛しているということを知ったんだそうです。

それと同時に「自分自身がやりたいことを出来る時期に入ってきている!」と実感したことから、

大好きな徳島を世界に発信したいという想いからこの会社を設立されました。

そして子育て期間が終わった時に折り返し地点に到達した自身の人生に思いを馳せた時、

「人の役に立つこと」、「自分が楽しんでやれること」をしたいというのが大きかったと仰っていました。

 

このE-Yo Tokushima in Japan、なんと女性ばかりの会社なんです!

これは、田井さんが会社を立ち上げる際に手助けをしてくださった方がたまたま全員女性だったということ、

また拝宮和紙を使ったお土産品などを生産する際の技術を、知人の女性が持っていたことなどからなんだそうです。

田井さんは「本当に人に恵まれている」と笑顔で語って下さいました。

 

E-Yo Tokushima in Japanの活動の中には当然苦労も沢山あったようで、

設立してから3年間は正に「地を這うような3年間」だったそう。

この一言から地域創生の難しさや、それでも前を向き続けている田井さんの意思の強さを感じました。

 

 

そんな田井さんのキーワードは

き清く正しく美しくき

3年間大変なこともありましたが、勉強できることがたくさんありその苦労も「苦労ではなく学び」だということ、

大変な3年間があったからこそ今があるという想いを持たれるようになったんだそうです。

寧ろその苦労も「ありがたい」と感じられたそうです。

そして自分が正しく生きていると強くなることができ、怖いものが無くなってくるとも語って下さいました。

また田井さんは今後の展望も語って下さいました。

今後は食品の分野にも力を入れていきたいということで、2月にはドバイで食品の展示なども行うようです!

 

田井さんが行っているサービスについては、

E-Yo in TokushimaのHPをご覧ください!

http://e-yo-tokushima.net/

 

 

 

 

 

 


2019年2月1日放送分ネット配信

2月1日のBrillante!は、FM徳島から、E-yo Tokushima In Japanの田井文枝さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


2019年1月18日放送分ネット配信

1月18日のBrillante!は、FM香川から、株式会社 尾野農園 代表取締役 尾野弘季さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.201 2019年1月18日放送(香川) 株式会社尾野農園 代表取締役 尾野弘季さん

Brillante! FM香川からのゲストは、株式会社尾野農園 代表取締役の尾野弘季(おのひろき)さんをご紹介します。



スーツ姿で現れた尾野さんは、見るからにビジネスマン!収録日も、朝から畑のチェックをしてきたところだと言います。

 

システムエンジニアとして就職し、脱サラして故郷の香川へ。兼業農家だった実家で、両親とイチゴ栽培を始めました。反対していた家族も一緒になってすすめた農業が、やがて雇用し経営する組織になり、今では従業員23人が尾野農園で働いています。ほぼ農業未経験者の20〜30代の若い世代です。
 

長年の経験や、培われて来た勘などが必須だった農業が、データ化されたことによって効率的に進めることが出来るのが尾野農園の最大の特徴です。
 

 現在は、青ネギ、レタス、キャベツ、ブロッコリー、スイートコーン、玉ねぎを栽培していて、中でも青ネギはカット工場に行く原料として一年中栽培し、毎日収穫している代表的な作物となっています。気候的にも香川で作る強みがあるのだとか。
 

なぜ今のような形になったのでしょうか?

 

「ハウス栽培であるイチゴ作りは、温度管理などのいわゆる環境制御がしやすいものですが、路地野菜は外のため、環境制御が難しくて、対策をどうするかという後追いの技術になってきます。気象データ、温度、湿度、土の中の水分・成分など、データをみて判断して作業を組み立てなければなりません。
 

このデータをうまく活用すれば、もっと農業の可能性が広がるのでは・・・」まさに、システムエンジニアだった経験が「ITと農業」のタッグを組んで新しい道を開いたのです。  
 

農業をしたことない人が判断できる基準。その基準になるデータが必要になる。入力する、検索するしくみを自社で整えて管理へと導いたのが尾野さんです。気象、雨・気温・土の湿り具合といったデータを毎日入力し、分析をする。ほ場が広がり、品目が増えると、なかなかみえにくかったものが、データ管理で判断できるようになる。尾野農園で働く全員ができていることです。

 

「今までの農業は特別な仕事としてみられていました。しかし、他の産業と同じように、農業も一つの職業の選択肢になれるようなものにしたい。
 

農家は高齢化し、どんどんリタイヤされて農地もあいています。それらの農地を守っていくためには、作る人がいないといけないんです。農業をしてくれる人を増やすのが大事なので、それにはどうしたらいいかを会社としても考えています。」
 

国がすすめるスマート農業。トラクターの自動運転や、ドローンを使った散布や監視など、米作りにおいては始まっているそうで、畑での野菜などはこれから。その実験ほ場へと、尾野農園も手を上げています。
 

今週のキーワードは・・・「前進」
 

常に進み続けて来たように思います。下を向きそうになったときも、上を向いて、前へ前へと進み続けたからこそ今がある。これからも前進んでいきたいです。
 

平成から次の時代へ。その次の時代、ずっと先の日本の農業を考えた尾野さん。だからこそ、今を大切に、人を大切に、地域を大切にという強い想いが伝わってきます。そのための入社体験制度をもうけ、働きやすい環境を整備しているのです。「仲間で作る喜びを知り、農業を楽しんでほしい。」
 

そこには地域の繋がりはかかせません。近所の農家が集まり、産直市の集荷場になっている尾野農園。一緒に農業を盛り上げていく心意気が、毎日の元気な野菜を作っています。

株式会社尾野農園HP http://www.ono-farm.com/

 


2019年1月4日放送分ネット配信

新年一回目、1月4日のBrillante!は、200人目のご紹介でした。FM愛媛から、菊池林業の菊池俊一郎さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.200 2019年1月4日放送(愛媛) 菊池 俊一郎さん [菊池林業]

 2019年1回目の今回、番組はちょうど200回目を迎えました。

これから、四国でがんばるみなさんを応援していきます!

 

さて今回は、「菊池林業」代表の菊池俊一郎さんにお越しいただきました。

菊池さんは、愛媛県西予市三瓶町で、林業を営まれています。

「林業」と一口に言っても、具体的にはどのようなお仕事なのでしょうか?

「山に行って木を植えて育てて、育ったものを切って、それを丸太にして売って生計を立てるということが、林業の仕事です。」と、菊池さん。

 

愛媛県は、全国で10本の指に入る「森林県」であること。さらに、ヒノキの生産量が全国トップという、「林業県」であることを、菊池さんは教えてくださいました。

「媛すぎ」「媛ひのき」といった県産ブランド材や、乾しいたけの産地としても、愛媛県は有名ですね。ただ、全国的に、木が植えられた山は多いのに作業する人、従事する人がいない。労働力が不足しているという林業の現状は、愛媛県でも同じだそうです。

 

そんな中、菊池さんは、ご自身の林業のほか、林業をされている方達のスキルアップのためや、山を持っていて林業をしてみたいという人、さらには子ども達にも林業の指導を行っていて、現在は「愛媛県林業研究グループ連絡協議会」「西予市林業研究グループ」それぞれの会長としても活動されています。

 

「林業はものすごく長いスパンで考える必要があるので、次世代の育成が必要になってきます。子ども達がいずれ大人になって仕事をする時、林業に目を向けてもらって、選択肢の1つに入れてもらえたら、持続された形で山の管理ができるな、と思って」。

特に子供向けには、幼稚園や小中学校で、森林環境教育や、木工教室などを行っているそうです。

 

林業を営まれてきたご家庭に生まれた菊池さんは、幼い頃から「山が遊び場」という環境で育たれたそうです。東北の大学を卒業後、故郷の愛媛・三瓶へ戻り、自然と林業に就いたとお話しくださいました。

 

「僕が始めた時期は、バブルがはじけた頃なんです。当時は木材は高かったんですが、後継ぎがみんな山から離れていった。だから僕は恵まれていて、本来、親世代が我が子に林業の技術を伝えるべきところを、僕が、我が子に代わって教えていただけたんです。僕は父以外に4人師匠がいて、他にも指導者はたくさんいます。僕の20数年の経験の後ろには、延べ260年くらいの経験、知識があるんです。ありがたいことです。」

 

たくさんの方から教えていただいたものを取捨選択して、オリジナルのスタイルで林業を営んでこられた菊池さんは、木の上に上がって木をさばく「樹上作業(じゅじょうさぎょう)」にも取り組んでいるそうです。

「特殊伐採」とか、地域によって「空師(そらし)」と言われたりする、樹上作業。山の中とは違い、すぐ横に家がある場所や神社仏閣などでは、木に登ってチェーンソーを使ったりします。作業を危険なく安全に行うために、菊池さんは、「ツリークライミング」という、ロープを使ってきちんとした手順で木に登る技術を習得されました。

 

「ツリークライミング」は、アメリカで開発された、樹木を管理したり保存したりするための木登りの技術で、仕事の作業としてだけでなく、木や自然と安全に触れ合うレクリエーションにもなっています。ISA(International  Society of Arboriculture)という、ツリークライミングの世界組織があり、日本には今から20年ほど前、伝えられました。

菊池さんは、このISA認定資格「ツリーワーカー」を取得。全国でも100人に満たない、四国では現在ただ1人の「ツリーワーカー」としての顔も持ち、新たな取り組みに動きだしています。

 

「西予市が、昨年4月から『ウッドスタート宣言』を始めました。赤ちゃんが生まれたら地元産の木のおもちゃをプレゼントして、木のある子育てを推進する活動で、子どもから大人までが林業に力を入れようという動きです。その一環として、『ツリークライミング』の子供向けイベントを、まずは地元から始めたいなと。ゆくゆくは、県内で一番人口の多い松山あたりで、木で遊べるレクリエーションができたらいいなと思っています。

木に登ることは、危ないというイメージがあると思いますが、僕達の仲間がこれまで20年、全国で30〜40万人の方に木に登ってもらって、誰一人として事故は起きていない。それだけ安全には担保された状態でしていますので、そういうことも伝えていきたいです。

せっかくこれだけの山や資源がある所に住んでいるんですから、そこで家族や子供が戯れる場所があってもいいかなあと思うんですよね。」

愛媛に新しい風が吹きそうです。

 

林業の一番の魅力はなんでしょうか?聞きました。

「見てればいいっていうことじゃないでしょうか。」

・・・・え???

「山の仕事、木の仕事は、一朝一夕で何かしらできることではないんです。私が切った木は、自分が植えたものではないし、自分が植えた木は、私が切られるわけではないし。その間、何をするかと言えば、ただ見てるだけ。見てると、木は光合成をして1日で少しずつ大きくなって、1年たつと年輪が1つ増える。それをただ見てるだけなんです。おおかたの仕事は、どれだけ自分が手をかけたかで結果が出ると思いますが、僕らは、木の成長のお手伝いをしているだけなんです。これは子育てと似ていますね。親は、その子の自我を形成させるのではなくて、子どもが危ない時には手を貸し、横で手助けしながら大人になるのを導いて、見てるだけ。僕も親として、そうなんですよね」。

菊池さんは、木々をわが子のように見守っているのだろうな、と感じました。

 

菊池さんの夢を伺いました。

「ただのおじさんになりたいです。」

またまた、え???

「僕はたまたま多くの方に支えられて色んなことを学んだから、今、色んな人に教えていますけど、その教えた人達が育って、レベルが上がって、僕を超えていく。そうすると、僕はそこにいる、ただのおじさんになれる。叶ったらいいんですけどね。」

林業にもっともっとたくさんの人に就いてほしい(*^-^*)。そのために、日々県内外で、林業の魅力を伝えていらっしゃるんですね。

 

そんな菊池さんのキーワードは 「ワン、ツー、TREE(ツリー)☆彡

「ツリークライミングのレクリエーションで集合写真を撮る時、みんなが笑顔になるんでこの掛け声を使うんですけど、やっぱり僕達は木に関わっていて、木を糧にして生活もしているけど、木と共生しなければならないそんな意味合いもこめました。」

 

「林業は、子どもを連れて行くことができる、数少ない仕事だと思います。」あったかい笑顔でお話ししてくださいました。

菊池さんの活動は、Facebookでも見ることができます。

https://www.facebook.com/shunichiro.kikuchi.1

 

こちらの本をはじめ、林業関連の書籍に菊池さんは執筆されています。菊池さんならではの林業のノウハウ、経験談なども掲載されています。

一度手に取って御覧ください。

 

林業の魅力、菊池さんの想いがたくさんの方に届きますように、応援しています☆彡


2018年12月21日放送分ネット配信

12月21日のBrillante!は、FM高知から、 高知工科大学2年生、Space Lab.部副代表 高島涼太郎さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.199 2018年12月21日放送(高知) 高知工科大学 Space Lab部 高島 涼太郎さん

今日は高知工科大学2年生の高島涼太郎さんをお迎えました!

 

Space Lab部は、

天体観測やプラネタリウムを行う天文班。

週に2回ほどの活動ですが、流星群などの天体ショーがある時には

集まって機材を駆使し楽しんでいるそうです。

 

また最近では、

地域のイベントや各施設にお呼ばれして、

プラネタリウムの上映やそれに関するお話しをしています。

 

高島さんは大阪市出身。

育った場所では、なかなか星が見られる環境ではありませんでしたが、

科学館に出かけた際は、大きな望遠鏡やプラネタリウムに感激していたとか。

高知工科大学では機械系の学科で宇宙工学について学んでいます。

 

副代表として活動に携わっている高島さん。

今までに経験したことがない「リーダー」の仕事に苦戦中。

 

今年に入って、イベント出演の依頼が増えたことで

先方との意思疎通や打ち合わせの大変さを痛感しています。

 

 

実際にプラネタリウムを校外で実施した際に、

体験された方の反応がすごく嬉しいと話す高島さん。

電気を消した瞬間の「わー!」「おー!」の声に、

終わったあとの「ありがとう」は彼らの活動の糧です!

 

今後は、「宇宙」「プラネタリウム」「天体」などを

気軽に学んでもらえるワークショップを行っていきたいと考えています。

 

今日のキーワード

『思いを伝えるためには、思い続けなければならない』

 

自分が思っていることを、そのまま言葉にするのではなく、

「プラネタリウム」を通して伝えたいことが沢山ある。

その思いを届けるには強く思い続けることが大切だと、

このSpace Lab部の活動を通じて得た教訓だそうです。


2018年12月7日放送分ネット配信

12月7日のBrillante!は、FM徳島から、ムツビ・エージェント株式会社の代表取締役・中西昌子さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.198 2018年12月7日放送(徳島)中西昌子さん

今回は徳島で初の正社員に特化した人材紹介サービスを提供している、

Mutsubi Agent(ムツビエージェント)株式会社代表取締役、

中西昌子さんにお越し頂きました。

 

 

皆さんは”転職”というとどのようなイメージをお持ちでしょうか?

特に都会から地方に転職という場合には「良い求人が見つからない」等、

転職へのハードルが高いと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら人で不足を背景に、転職市場は年々活発になっていると言われています。

「徳島にも良い企業はあり、良い求人を待っている」と話して下さった中西さん。

今回はそんな中西さんの転職に対する想い、仕事に対する想いをお聞きしました。

 

 

中西さんは徳島県のご出身。

早稲田大学を卒業後、様々な経験を経て東京の大手人材紹介サービスの会社で営業として働かれていました。

そんな中「このまま東京ばかりに人が集まるような求人の仕事をしていて良いのだろうか」と、

疑問に思うようになったんだそうです。

そして27歳の時に徳島にUターンし、故郷徳島で働くようになりました。

そして30歳の時、「自分でこの求人の仕事をやってみよう」と決意し、起業されました。

 

 

中西さんが代表を務められている会社は”Mutsubi Agent(ムツビエージェント)株式会社”という社名です。

このムツビエージェントというのは「互いに 睦び 和みつつ」という祝詞の一節に由来しているんだそう。

これは「お互いに 仲睦まじく 和を大切に という意味」で、

この”ムツビ”という言葉を中西さんはとても大切に思われているんだと感じました。

そして採用や入社はゴールではなく、社員一人ひとりが能力を生かすことができ、

社員全員が仲睦まじく活躍できる場こそが、企業も社員も幸せに繋がると語って頂きました。

今ではなんと累計100名以上の方を新たな職場へと導かれた中西さん。

「今でも求職者だった方と繋がりがあり、会食も時々していますよ」と笑顔で語って下さいました。

 

今回中西さんはこの仕事をしている中で印象的だったこともお話してくださいました。

それはとある一人の男性のことでした。

その男性は徳島県外の大手で働いており、給与もそれなりに高いものを貰っていました。

そしてその男性には婚約者がおり、そのお相手の方が徳島県のご出身だったんだそうです。

彼は未来の奥様の為に大手を辞め、徳島に来たいと仰ったそうですが、

当初中西さんは「まだ結婚している訳ではないのに彼は大手を辞めて今後後悔したりしないだろうか」と考えることもあったんだそうです。

しかしながらその男性は大変人柄が素晴らしく、徳島での転職もトントン拍子に決まり、無事にご結婚されました。

更にその男性とは今、採用の仕事を通じて関わることがあるんだそうです。

「求職者だった方が今では会社の中枢として生き生きと働き、様々な活動をされていることを知ると、この仕事をしていて歓びをか感じます」と中西さんは語って下さいました。

 

 

そんな中西さんのキーワードは

きいつか徳島き

このいつか徳島という言葉は中西さんが行っている転職サイトの言葉です。

都市部で働いている徳島の方々には、いつか徳島で働きたいなあと思っている方が多くいらっしゃり、

そのような方々に良い求人を提供し、生き生きと働いて貰いたいという願いがあるんだそうです。

また中西さんは現在転職を考えている方へのアドバイスもしてくださいました。

転職をするに当たっては、「必ず今の仕事を見直す、自分に何ができるのかを考える、自分にはどんなスキルが必要なのかを考える」ということを行ってほしいということです。

その中で”今の会社が良い”と思えるならそれも大切な選択であり、転職が全てではないと力強く仰って頂きました!

 

 

中西さんが行っている転職サービス、求人情報などについては、

ムツビエージェント株式会社のHPをご覧ください!

http://mutsubi-a.jp/

 

 


<< | 2/34ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

recent comment

サイト内検索