Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

No.210 2019年6月7日放送(徳島) 中塚智恵美さん 読み聞かせ隊 ピーターパン代表

今回は読み聞かせ隊ピーターパン代表でいらっしゃる、

中塚智恵美さんにお越し頂きました。

 

 

絵本の読み聞かせというとどのようなイメージがあるでしょうか?

幼稚園や保育園、大きくても小学校低学年のお子さんにするものと思われる方も多いかもしれません。

しかし中塚さんが代表を務めていらっしゃる読み聞かせ隊「ピーターパン」ではなんと、

中学3年生の生徒さんにも読み聞かせをされているんです!

 

元々読み聞かせ等は一切行っていなかったという中塚さん。

ある時小学校のPTA活動でボランティア司書と読み聞かせのボランティア募集をしていたのを目にし、

おもしろそうだなあと思ったところから読み聞かせを始められました。

当初は担当する教室の先生に「絵本の読み聞かせを行う」と伝えた際には少し驚いた表情をされたり、

生徒さんの前に立つ前にはとても緊張したんだそう。

また初めての読み聞かせを行ったときは事前に生徒さんに読み聞かせを行うことは知らせず、

朝のホームルームの際にいきなり教室を訪れて行ったんだそうです!

その際生徒さんは突然のことでびっくりしていたようですが、回を増すごとに「続きが気になる!」、

「絵本って良いモノですね」などという声を生徒さんから直に聞くようになったんだそうです。

更に学校の先生からも読み聞かせを行うようになって「生徒が以前より落ち着くようになった」というお話もあったそうで、

今では体の大きな中学生の生徒さんもしっかりと読み聞かせを聞いてくれるようになったと、中塚さんは笑顔で話してくださいました。

実際に今回は読み聞かせを聞かせてくださいましたが、

中塚さんによる読み聞かせは言葉の一つ一つが心に染み入る感じがし、同時に懐かしい気分にもなりました。

また中塚さんは読み聞かせの際、「ハッキリした言葉で読む」「心を込めて読む」ことを意識しながら取り組まれていると教えてくださいました。

 

中塚さんが所属するピーターパンは小学生16人、中学生14人で担当されており、

お母さん方が中心となって活動をなさっています。

今ではこのピーターパンの活動に行くのが楽しくて仕方がないという中塚さん。

読み聞かせが楽しくて行っているのか、お母さん方とのお話が楽しくて行っているのか分からないと笑顔で語る中塚さんの姿が印象的でした。

ピーターパンに所属されている方は皆さん和気あいあいと活動をされているようで、

これはメンバーそれぞれが個人のことを尊重しあえているからなんだそうです。

 

しかし始めた当初は大変なこともあったという中塚さん。

特に朝が早いということで、ご自身の準備に加えて家族の準備をしてから読み聞かせに行くという苦労があったんだそうです。

そんな中18年間読み聞かせを続けてこられたのは家族や一緒に読み聞かせをされている仲間の皆さんの協力があったからだと教えてくださいました。

 

 

そんな中塚さんの活動を通してのキーワードは

き癒しき

これは中学3年生の生徒さんが部活動も終わり、

受験に向かっていく際にこの読み聞かせが少しでも癒しになってほしいという願いがあるんだそうです。

またこれからの展望を語って下さった中塚さん。

今後は少しでも長く読み聞かせを続けていくことが目標なんだそう。

そしてより多くの方に読み聞かせに興味を持ってもらい、

一緒にやってくれる仲間を増やしたいという抱負も語って下さいました。

是非少しでも読み聞かせに興味を持った方には中塚さん達と一緒に読み聞かせをして頂きたいなあと思いました。

 

 

 

 

 

 


2019年6月7日放送分ネット配信

6月7日のBrillante!は、FM徳島から、読み聞かせ隊ピーターパン代表の中塚智恵美さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


2019年5月17日放送分ネット配信

5月17日のBrillante!は、FM香川から、一般社団法人hito.tocoの宮武将太さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.209 2019年5月17日放送(香川)一般社団法人hito.toco代表理事 宮武将太 さん

Brillante! FM香川からのゲストは、一般社団法人hito.toco 代表理事の宮武将大(みやたけしょうた)さんです。

 

 

 

 

一般社団法人 hito.tocoは、いわゆる「ひきこもり」の相談を主に行っていますが、その中で障がいを持っている人が働ける選択肢が少ない実状を知り、企業と繋げられる場所を作りたいと思い、設立しました。


 

そんな、宮武さんご自身も、実は小学6年生〜中学・高校の間、「ひきこもり」の経験者でした。


 

子供の頃は、1年中遊んでいる元気で活発な方でしたが、勉強が苦手で、学年があがるにつれて「学校は勉強をするところ」を真正面から受け止めて、そのことがだんだん負荷になって、6年の2学期から不登校になりました。


 

宮武さんが「ひきこもり」から抜け出せたのは二十歳のとき・・・実は「ひきこもり」の当事者はそれほど世間との断絶を望んでいるわけではなく、「自分の一番居心地のいい場所が自分の部屋」という場合が多いものです。その中では、やはり「親や周りへの迷惑・心配」を考えており、宮武さんも「二十歳になったら社会復帰しよう」とは思っていたそうです。


 
そして、その通り、自分でアルバイト先を探し、自分で「引きこもり生活」から抜け出したわけですが、その時のアルバイト先の人が、「引きこもりだった自分」を特別視せず、普通に迎え入れてくれたこともラッキーでした。

 

中学の卒業式も、校長先生や先生たちが、特別に夜、一人だけの卒業式を行ってくれたそうで、そうした「人」とのつながりが宮武さんの心を少しづつでも癒していたのですね。


 

その後は、宮武さんは自分の経験を元に、不登校・ひきこもりの相談支援や、家族向けのオフ会などを行う一般社団法人hito.tocoを設立しました。


 

—閉じこもったままだと何も起きない。動くと何かが起こる期待感もあるものの、同時に「怖い」と思う。そこに誰かのサポートがあれば・・・いろんなことをあきらめた中でもやりたかったこともあるはず。問いかけることを繰り返しながら、人の支えがあれば可能性が広がることを伝えて、その橋渡しをしたいと考えています。


 

今日本には「ひきこもり」といわれる人が全国で100万人いて、それは子供だけではなく大人や、さらに定年後の男性や子育て中の女性も多いといいます。特に今は「80歳の親に(経済的に)よりかかる50歳の子供」という、いわゆる【8050問題】がクローズアップされています。


 

でも、結局「自分で決めないと一歩が踏み出せない」と、宮武さんは思っています。そのきっかけ作りの一つとして、誰もが自由に立ち寄れる「居場所」TocoSTATION(トコステーション)を作りました。ネット時代と言われる今だからこそ、人との繋がりがより必要になっています。


 

宮武さんのオフィス「 hito.toco」は、「hito=ヒト」「to=つなぐ」「co=社会・協力」という三つの言葉を組み合わせた造語です。「多様なヒトの想いを、いろんな人と協力しながら、社会につなげていきたい」と語る宮武さんは語ります。これからは、働く仕組みづくり、居場所の提供、家にいながらにして学べる・働ける形、社会にでるきっかけとしてのツールを模索し、どんなサポートをするかをトライしていくそうです。


 

今週のキーワード「人」


 

いろんな人の言葉掛けや支えでどれだけ人生が変わったか…人がいないと生きられなかった。人との出会いが、いいことも悪いことも経験させてくれました。


 

宮武さんとの会話のキャッチボールが、なんと心地いいものか。県外からの講演会などでも引っ張りだこなのも納得です。窓を開ければ、新しい風が入り込む。そこから何かが始まる。


 

宮武さんは、まさに薫風のような人でした。

 


2019年5月3日放送分ネット配信

5月3日のBrillante!は、FM愛媛から、 ピアニストの細田 真子さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.208 2019年5月3日放送(愛媛) 細田 真子さん [ピアニスト]

今回は、ピアニストの細田 真子さんにお越しいただきました。

愛媛県伊予郡砥部町出身の細田さん。

ご自身のリサイタルでの演奏はもちろん、大学などでのピアノ指導。岩崎宏美さん、柴咲コウさんはじめ様々なアーティストのサポートや、CM、アニメ音楽、ゲーム音楽、テレビドラマの音楽にも参加されています。

ちょうど今は、ユニット「BLEU」のパートナー・作曲家の平野義久さんが音楽を手掛けているドラマ「わたし、定時で帰ります。」でピアノを担当され、多方面で活躍中です。

細田さんとピアノとの出会いは、4歳の時。砥部町のご実家のお隣さんからピアノを譲っていただいたことがきっかけだったそうです。

当時の夢は、「地元のとべ動物園で大好きな動物のお世話をすること」で、ピアノへの興味はなかったとか。

「ピアノを弾きたかった!」というよりは、「ピアノが来たからやってみようか」。細田さんとピアノの運命の出会いでした。

 

地元で教わる中、先生の勧めで、大阪や東京の教室へ通うようになります。県外へのレッスンも、「飛行機に乗れる!美味しいものが食べられるかも!」そんな子供心、好奇心からのスタートだったそうです。

 

そして、高校から親元を離れて一人東京へ。東京藝術大学へ進学し、ピアニストの道へと進まれました。

「ピアニストになろうと思ったっていうよりは、なんとなく来てしまったというのが正直な感想で。続けていたらこうなった、という感じでしょうか。」

 

デビューは、なんと海外。イタリア・ナポリのホールでのリサイタルでした。

「ナポリにいらっしゃる方から声をかけていただいたので、行ってみようかな、と1人で行きました。公演1週間前に現地に入って、1人暮らしをしながら準備したんですが、行く店行く店で、辞書を片手に、片言のイタリア語でリサイタルのチラシを渡して宣伝したんです。仲良くなった魚屋さんや、チーズのお店のご主人が観に来てくれて。しかもみなさん、普段着で来るんです。嬉しかったと同時に、クラシック音楽がとても身近にあるんだなあと、とても印象深く感じました」。

 

紆余曲折もあったといいます。

「それでも続けられたのは、やはり、好きだったんだなあと思いますし、楽しいなあと思う機会が増えてきました。

ピアノとの距離をどう感じるかで、その時の自分の精神状態を表しているなと思うんです。ピアノを見たくない、と思った時は、ピアノが嫌いなんじゃなくて、自分の何かに問題があったりします。健康状態、心の状態が分かる、そんな存在になっています。パートナー、でしょうか。

人間と違って、しつこくしても嫌われませんし、喧嘩にもなりませんし(笑)。自分では子供の頃からこれまで、どんな音を出していたか分かりませんが、おそらくこれから10年、20年、自分の音も変わっていくんだろうな、と思います」。

 

以前、コンサートで拝見した時の、ピアノに向かう細田さんの表情。

やわらかく優しく、ピアノに微笑みかける美しい笑顔が思い出されて、ピアノを心から愛していらっしゃるんだなあと、つくづく感じました。

 

細田さんのこれからの夢を伺いました。

「やはり、クラシックを中心に活動しているので、クラシック音楽の枠の中で、ユニークなことをやっていきたいなと思います」。

そんなユニークなことを、地元砥部町で見せてくださいます。

6月30日(日)に行われる、「打(だ)の世界」というコンサート。

「ピアノとパーカッションの組み合わせで、あくまでもクラシックの作品を、ピアノと打楽器で表現できたらいいなと思っています。パーカッションはもちろん打楽器ですが、ピアノも、鍵盤を叩いてハンマーをあげる、という“打楽器”の側面もあるんです。そんなところから、タイトルを決めました」。

 

さらにその前に、ふるさと砥部町でのコンサートがあります。

「今月5月には、私の母校の砥部中学校で、授業の一環として、生徒のみなさんとアンサンブルコンサートを行います。「動物の謝肉祭」の中から演奏する予定ですが、合同練習はまだこれからなので、どうなるかしら?ワクワクしています。」

地元での演奏は、会場に行くのも、楽屋で待っているのも、終わってみなさんと交流する一時まで、全て楽しみです、とおっしゃっていました。

 

そんな細田さんのキーワードは、「笑顔」☆彡

「人生色々あると思うんですが、とりあえず笑っていれば、いいことがあると思うようになりました。」

笑顔で最近よかったことは?

「イライラしなくなったことと、よく眠れるようになったこと。少し太ったことです(笑)」健康的ですね。

 

かつて、ピアノの道を目指し、その世界で第一線に立つことは、人知れず重ねた努力と、やはり才能がなければできないこと知り、大きな挫折を経験したことがある私・大澤は、さらりと話される細田さんに、磨かれて洗練された、並々ならぬ才能を感じずにはいられませんでした🎹

これからもたくさんの皆さんに、クラシック音楽の魅力をお伝えください♪♪♪

 

細田さんのHPで、講演について、また日々のご活躍の様子などを見ることができます。

↓↓↓

http://masakohosoda.com/index.html

 

細田さんの地元公演情報】✨

 

5月24日金曜日 砥部町立砥部中学校で

吹奏楽部の生徒さんたちと細田さんとの「アンサンブルコンサート」

 

細田さんが母校を久々に訪れて、授業の一環として、後輩たちと音楽、クラシックで交流されます。地域のみなさんにも聞いていただけるそうです。詳しくは、「砥部中学校」(電話 089―962-2008)までお問合せください。

 

6月30日日曜日 砥部町文化会館ふれあいホールで

「細田真子 WITH 中山理恵 PIANO & PERCUSSION  打の世界」

 

13時30分開場 14時開演

チケットなど詳しくは、会場の「砥部町文化会館」(電話 089―962-7000)までお問合せください。

ぜひ皆さん、お出かけください♪

 


2019年4月19日放送分ネット配信

4月19日のBrillante!は、FM高知から、 ふんどしの店harenchiの 山下裕矢さんをご紹介しました。

 

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png


No.207 2019年4月19日放送(高知) harenchi 店主 山下 裕矢さん

ふんどしの店harenchi 山下裕矢さんが今週のゲスト!

15年ほど前に知り合いからふんどしをプレゼントされて以来、

ライトユーザーだったそうですが、5年ほど前から自分用に手作りを始めた山下さん。

 

作り始めて1年ほどは、色んな生地や形を試していたそう。

サイズが大きかったり小さかったり、生地が薄すぎたりゴワゴワしたり・・・

試行錯誤の日々だったそうです。

 

ふんどし作りで大事にしたのはユーザーの声。

人の体は十人十色。使ってみた感想や、要望は、

とても商品作りに活かされました。

 

「ふんどし」と聞くと、

日本人でも「あのふんどし?」と少し距離を置きがち。

しかし、体に良いことは沢山あるんです!

例えば、ゴムなど締め付ける素材を使用しないので開放的!

また、冷えやむくみなどの体調改善にも良いと言われているそうです。

 

 

harenchiのふんどしは、今までのイメージをガラリと一新するような

柄や色合いが特徴です。自然素材で肌に優しく、履き心地抜群、

ギフトなどにも最適なんですよ。

 

昨年はロンドンでの日本の見本市にも参加。

Made in KOCHI Made in JAPANを大いにPR

 

今後の展望は、

これまで通りオンラインショップと県内のイベント出店は続け

県外でのイベントにも積極的に参加したいとか。

四国でも香川と徳島での販売経験はないそうなので

関係者の方はぜひお見知りおきを!(笑)

 

 

キーワード

『失敗は成功のもと』

ふんどし作りで沢山失敗がありましたが、

その経験を経て今がある。

 

Onlineshop

 

公式WEBサイト

 

 

皆さんも、ぜひ!

騙されたと思って一度履いてみてください♪


2019年4月5日放送分ネット配信

4月5日のBrillente!は、FM徳島から、女性の農業家のグループ・阿波アグリガールズラボ立ち上げメンバー、大仲香織さんをご消化しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.206 2019年4月5日放送(徳島) 大仲香織さん 阿波アグリガールズラボ立ち上げメンバー

今回は阿波アグリガールズラボ立ち上げメンバーでいらっしゃる、

大仲香織さんにお越し頂きました。

 

 

徳島で有名な農作物と言えばスダチ!

京阪神方面や東京方面など、全国各地に流通されています。

そんなスダチ農家をなさっている大仲さん。

ご実家が農家ということやお父様の影響もあり、気が付けば農業系の大学に進学。

そして徳島に返ってこられてからは園芸関係の仕事などを経て現在、家業の農家を継がれています。

今でこそやりがいを感じている大仲さんですが、以前は「継ぎたくない」と思っていたこともあったそうです。

 

大仲さんが所属している「阿波アグリガールズラボ」。

女性の視点を農業に生かすことを目的に、2017年6月に発足しました。

徳島県内の主に東部地区の若手女性が集って構成されており、メンバー数は30人を越えたんだそうです。

”農業女子”という言葉を聞くと就農されている方のみが参加している集まりのように思えますが、

この阿波アグリガールズラボは農業に関する仕事をしている女性が集まり、様々な情報交換をなさっています。

農業に関する情報交換は勿論、時には外部から講師を招いて農業に関する交流を行うことで、

これまでよりも取引が増えたという事もあったと仰っていました。

メンバーには家業が農家の方から農業を始められて間もない方、

農業と育児、家事に悩みや不満を抱えている方も少なくないんだそうです。

そんな方と情報を交換することで農業以外の点でも様々な交流が生まれ、

皆さんの憩いの場のようになっていると大仲さんは仰っていました。

 

活発に情報交換を活発に行われる反面、メンバーそれぞれが作るものも異なり、

そこに育児や家庭の仕事も入る為、回によっては中々スケジュールが合わないという苦労あるようです。

「毎月会合をしたいけど、出荷時期などが重なるとどうしても時間が合わない面もあります」と、

大仲さんは現在抱えている悩みもお話しくださいました。

 

 

そんな大仲さんの活動を通してのキーワードは、

き繋がる・繋ぐ・続けていくき

自分たちの子どもが大仲さんたち親の姿を見て、農業をしたいと思えるようにしたい、

そして農業が続いていくように頑張っていきたいという想いからこのキーワードにしたと仰っていました。

また大仲さんの今後の展望として、阿波アグリガールズラボのメンバーがブランドを立ち上げ、

最終的には商品を流通させたいという想いがあるんだそう。

今の時代は女性が輝く時代、この阿波アグリガールズラボから農業を発信することで、

女性もこんなに頑張ることができるんだ、徳島で作ったものが全国で売れるんだということを全国の皆さんに見て頂きたいと、

熱く語って頂きました。

大仲さんも所属する「阿波アグリガールズラボ」。

是非興味のある方はチェックしてみてください!

 

 

 


<< | 2/36ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

recent comment

サイト内検索