Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2018年8月3日放送分ネット配信

8月3日のBrillante!は、浅井製菓所の浅井裕太さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.190 2018年8月3日放送(徳島)浅井裕太さん(浅井製菓所)

今回は徳島県民に親しまれている花嫁菓子を製造販売されている浅井製菓所の浅井裕太さんにお越し頂きました。

 

 

”お嫁さんのお菓子”。

徳島県民なら一度は食べたことのある、そして聞いたことのあるであろうこのお菓子。

浅井製菓所のものは赤・白・黄色の三色に彩られた小判型が特徴で、サクッとした食感の後口の中でホワッと溶ける、

とても優しい味わいのお菓子です。

そしてこの花嫁菓子はなんと徳島県のみで一般化しているとてもおめでたい風習なんだそうです。

 

徳島が誇るお菓子を作られている浅井さんは徳島市のご出身。

小さいなころから「いつかは家業を継ぐだろうなあ」と思われていたそうですが、

大学2年までは野球に打ち込まれていました。

そして野球を続けていく中で自分自身の中に限界を感じ、その際昔からやろうと思っていた家業を継ぐと決心されました。

また家業を継ぐに当たっては無理をして野球を続けさせてもらったご両親への感謝の気持ちもあったそうです。

 

現在浅井さんはお父様とお母さまの3人でお菓子作りをされていらっしゃいます。

幼いころからご両親が仕事をする姿を見ていた経験もあり、すぐに仕事に馴染めると思っていた浅井さん。

しかし実際に作業を行えば行うほど様々な想いが出てくるようになり、

上手くいかないことに憤りを感じることもあったんだそうです。

また家族と言えど同じ空間でずっと作業を行うことや、気遣いも大変なことの一つであると仰っていました。

 

浅井さんはお菓子作りを続けるうちにあった印象的なこともお話してくださいました。

ある期間浅井さんご自身が思うように仕事の工程が上手くいかないことがあったんだそうです。

そんな時お菓子を買ってくれたとあるお客様から、

「お菓子を使ってよかった。お兄ちゃんも頑張ってやってね」という言葉をいただき、

その一言から頑張るエネルギーをもらうことが出来たんだそうです。

今でもそのことには感謝しかないと仰っていました。

 

そんな浅井さんのキーワードは、

き楽しむ・縁き

良いこと、悪いこと、様々なことがある人生。

辛いことを辛いと考えるとただ苦しいだけなので、どちらの面も楽しもうと考えているんだそうです。

また生きていく中で全ての人と会うことは不可能ですが、その中で出会った人の”縁”を大切にし、

今後お菓子を使っていただけるお客様も”縁”だと思って、一生懸命にお菓子を作って提供していきたいと仰っていました。

 

 

さて浅井さんの今後の展望として、もっと多くの方に知って頂き、

気軽にお菓子を使って頂きたいという想いがあるんだそうです。

毎日真剣に一枚一枚手作業で作られている浅井さん。

その気持ちをお菓子の優しい甘さとして皆さんにお届けしたいと仰っていました。

また最近は結婚式の際、新郎さんと新婦さんが皆さんをお見送りする際に、

プチギフトとして花嫁菓子を送る方がよくいらっしゃるんだそうです。

浅井製菓所では可愛くラッピングしているそうで、

多くの方に気軽に利用して頂きたいともお話してくださいました!

 

徳島県ならではのおめでたい花嫁菓子。

是非これからも多くの方に利用して頂きたいです!

 

 

浅井さんが作られている花嫁菓子などについて詳しくは、

浅井製菓所のHPをご覧ください!

http://www.asaiseikasyo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年7月20日放送分ネット配信

7月20日のBrillante!は、台湾出身で香川県在住、観光情報サイトLife Takamatsu編集長、Ting Linさんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.189 2018年7月20日放送(香川)Ting Lin(林怡亭)さん(Life Takamatsu 編集長)

Brillante! FM香川からのゲストは、インバウンド向けタウン情報サイトLife Takamatsu 編集長の Ting Linさんです。大きな瞳と甘い声、満面の笑みで「緊張します〜」と、とても流暢な日本語です!

 


 

台湾から香川県に移住してきたTingさんが手がけるwebmedia「Life Takamatsu」は、観光地、飲食店、宿泊施設、イベント情報などを英語、韓国語、台湾、中国語の4言語で発信しています。穴場やきめ細かい情報などが多くの読者の人気を集めています。
 

もともと海外への移住は全く考えていなかったTingさん。6年前に訪れた、瀬戸大橋を渡る電車から見える瀬戸内海の夕景に一目惚れしたのだとか。島や観光地を巡り、その後何度も足を運びます。そこで旅人として感じたのは「日本語の情報はたくさんあるのに、私たちが読める繁体字の情報が少ない」ということ。訪日を重ねて友人も増え、あるとき香川の友人から移住について問われたところ・・・台湾ではメディア関係の仕事をしていたこともあり、自分らしいやり方、自分たちの言葉で香川の魅力を発信したい、と「Life Takamatsu」を立ち上げました。
 

そして、香川県へ移住して3年目になります。旅行の情報だけじゃなくて、できれば住みやすいという雰囲気も伝えたい、と考えて付けた名前。Tingさん自身も、住み心地のいい雰囲気を感じたからだそうです。
 

台湾では、瀬戸内国際芸術祭がよく知られていて、日本を訪れるきっかけになっているようです。自然が沢山あるところから、作品鑑賞するだけではなく、遊びや、のんびりするために、いくつかの島を巡り、まるで「帰ってくる」かのように香川を訪れるそうです。
 

台湾で行われたイベントでも、香川県に対する関心の高さが感じられたと語るTingさん。女の子に「何処が一番好きか?」を聞いたところ、手帳を見せながら丁寧に説明してくれたこと。鮮明に記憶に残されている、と感動したと振り返ります。
 

「島の自然がいっぱいなところは何度見ても感動します。地元の人たちがすごく熱心で、地域をおこすように頑張っている姿が一番の感動です。」
 

 

「これからの目標は台湾人として、観光客として、珍しい面白い記事をたくさん増やしたいです。これからも頑張らなくちゃ!」と張り切る様子も可愛くて魅力的!そんなTingさんです。
 

 

今週のキーワード★「初心を忘れないこと」
 

 

香川に住んで何でも慣れてきました。でも、どんなに慣れていても最初の気持ち、初心を忘れないで(観光客の目線で)面白い情報を提供したいです」自然や人を魅力的だと感じる心。それがまたTingさんの描く香川の魅力とTingさん自身の魅力につながっているのだと感じました。
 

 

Life Takamatsu」は、ライフ高松、Life Takamatsuで検索してください。

 


2018年7月6日放送分ネット配信

7月6日のBrillante!は、FM愛媛から、 「山の神硝子工房」の梶川泰臣さんをご紹介しました。

 


No.188 2018年7月6日放送(愛媛) 梶川 泰臣さん [山の神硝子工房]

今回は、「山の神硝子工房」の梶川泰臣さんにお越しいただきました。

 

愛媛県今治市玉川町の、山の麓にある古民家を改装した「山の神硝子工房」。ここで梶川さんは、「吹きガラス」という技法で、ガラス作品を制作しています。工房の隣に「ギャラリー未在」があり、梶川さんの作品が展示されています。

「普段使いで使っていただきたい気持ちもあるし、観賞用として置いておいていただきたい気持ちもあるし。その時のテンションで作っています。」と梶川さん、おっしゃっていました。

 

制作、展示だけでなく、一般の方向けに体験、講座なども開いていて、「吹きガラスをしてみたい!」という方が、県内外から来られるそうです。

「コップ、お鉢、一輪挿し、作りたいものを決めてもらって、それを目指して、僕がマンツーマンでついて、作ってもらいます。僕と一緒に何か作りたい方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください(*^-^*)」…イケメンの梶川さんファンの方も多いのではないかしら?と思いました。

 

今治で生まれ育った梶川さんは、大学卒業後、コンピュータ関係の企業に就職し、大阪でサラリーマンとして働いていらっしゃいました。そんな中、「自分の本当にしたいことを探そうと思った時期があったんです、サラリーマンやめて。  いつ死ぬか分からないし、何か、モノを残したいなと思いました。」

 

…どうしてガラスだったのですか?

「師匠の作品を見た時に、“すごい!”という、インパクトがあったんです。

ガラスって、透明なコップくらいのイメージしかなかったんですが、師匠の作品は金銀はじめ、色を使っていて、工芸品のガラスもありました。この人の所で勉強したいなと思って。」

すぐに兵庫県の師匠(吹きガラス作家・川原有造氏)に体験を申し込み、体験したその場で弟子入りを申し入れたそうです。

 

「修業は楽しかったです。体力的には、休みもほとんどなくてきつかったですけど、師匠がすごくいい人だったし、師匠が作るところを間近で見て、勉強できるのが楽しかったんですよ。最初は全然、思うような形にならないんですが、練習を重ねていくことによって、できるようになっていく。難しいことがちょっとずつできるようになるということが、僕に合ってたんですよね。毎日続けて、思うようなものができるのに、1年くらいかかりました。」

修業時代を、梶川さんはこう振り返っていました。

「1人だけで修業していたので、比べようがなかったのも良かった。

目指すところが、師匠。僕ヘタ、師匠うまい、なので 自分の成長具合が分からないところも良かったのかもしれません。上だけを見て、ただ追っていくのが、良かったと思います。」

 

…師匠に追いつけましたか?

「追いつきたいと思っていました。師匠も“うまくなったのは、独立してから”と言われていましたし、毎日好きなだけ作れるので、僕も独立したら追いつけるかなって思ってたんです。でも、僕が毎日作る間、同じように師匠も作っているわけで、その差は永遠に埋まらないんじゃないか!と思ったんです。でも、技術だけじゃなくて、感性とか閃きもあると思うので、その部分では、師匠に追いつけるようないいものを作れたらいいなと思います。」

 

梶川さんの夢は…

「作家活動を少しでも長く続けて、いいものを生み出していきたいです。もし機会があれば、アメリカなどで展示会を開きたい!これが最終目標かなと思っています。」

 

そんな梶川さんのキーワードは 感謝☆彡

「(誰に感謝かと言えば)修業をするにあたって両親の協力がないとできてないし、師匠も僕を弟子としてとってくれていないと成り立たないし、独立することになっても、友達や先輩後輩の協力、宣伝が色々あって、今の僕があると思うんです。幼稚園時の園長先生や、受け持ってくださった先生も、ガラスを始めてから再会して、応援してくれています。そういうみなさんと出会うたびに、感謝だなって思います。

僕にしてくれた分、これから僕のような子が出てきたら、応援してあげたいな、と思います。」

 

県展に入賞されたり、展示会も定期的に開催したり、積極的に活動されています。

今月19日(木)から24日(火)まで、香川県善通寺市の「灸まんギャラリー」で、展示会があります。

普段使いのコップ、お鉢から、花器、茶道具まで、梶川さんの渾身の作が並ぶそうです。ぜひお出かけください。

今後のご活躍を楽しみに応援しています!

 

梶川さんの作品は、HP →  https://yamanokami-glass.jimdo.com/

そのほか、インスタグラムでも見ることができます。


2018年6月15日放送分ネット配信

6月15日のBrillante!は、FM高知から、HIRAKO Labの主宰者、平子真治さんをご紹介しました。


No.187 2018年6月15日放送(高知) HIRAKO Lab 主宰 平子 真治さん

HIRAKO Labとは?

「木を活かす・森を育む・アダプター」をコンセプトに、

森林保全、自然体験(ネイチャーゲーム)

木づかい(木育インストラクター、木工)などの活動を行っています。

 

平子さんが、活動を始めたきっかけはお子さんの誕生。

椅子・机など、身の回りの物が

どれもサイズが合わず、それなら作ってしまおう!と。

スプーンやバッグ、おもちゃを作り始めました。

 

当時は広告関係、デザインの仕事をしていた平子さんですが、

2011年国際森林年に高知県の森林環境税を考えるシンポジウムに関わり、

森林や環境への取り組みに積極的に力を注いでいる人たちの存在を知り、

「自分には何ができるのか」と、考えたのが「木育」活動のスタートでした。

 

活動していく中で、強く関心を持ったのが

「行為をデザインする」こと。動きをデザインする。

何かに触れることで、その人の動き・目線などがデザインされる。

デザインは平面だけの世界ではないと、その可能性に触れることができました。

 

なので、ワークショップなどで木のモノづくりをしますが、

大切なのは、教える側のイメージ通りに仕上げることではなく、

モノづくりの過程で参加者に何を感じてもらうのか、

自己肯定感の構築がとても大切なのです。

 

 

6月16日(土)17日(日)は、

高知大丸で木育ワークショップが開催されます。

10時〜16時まで随時開催!

●マイお箸作り(670円)

●木のペンダント作り(400円)

 

今後の展望は・・・

県内各地に木育の風をおこすこと(地域を活かした木育プログラム、ヒトづくり)

今なぜ木育なのか?人が生きるために必要としてきた営みが、

失われてしまう危機感が生まれているからと言われています。

私たちの暮らしを見つめ直し、生活の中にある知恵や工夫、

自然との繋がりについて、皆さんも考えてみてください。

 

今日のキーワード

モノは媒体、主役は心

facebook⇒『ヒラコラボ』で検索!

 

♪リクエスト♪

『RAIN』/BLU‐SWING

 


2018年6月1日放送分ネット配信

6月1日のBrillante!は、FM徳島から「和の学び舎」主宰、藍(あい)さんをご紹介しました。


No.186 2018年6月1日放送(徳島)  藍さん[和の学び舎主催 三味線・着付け講師]

 

今回は「和の学び舎」主催、三味線・着付け講師の 藍さん にお越しいただきました。

 

 

藍さんは徳島県の上板町のご出身。

大阪の大学を卒業後、東京のIT企業に就職され、27歳の時に三味線に出会われます。

その後東京八王子花柳界で芸者になられ、それまで働いていた会社を退職。

そして38歳の時に徳島県にUターンされ、今では三味線・着付けなど和のマナー総合スクール、

「和の学び舎」を徳島や東京で運営されています。

 

何故藍さんが三味線に魅せられたのかというと、それは「音色」なんだそうです。

三味線は沖縄の三線が元になっている楽器で、

藍さんはその心地よい共鳴する響きに魅せられたとお話しくださいました。

 

そんな藍さんが運営されている和のマナー総合スクール、「和の学び舎」は現在、

小学生から80代の方と様々な年齢の方が通われていますが、

一番多いのは30代と40代、そして60代のご婦人方。

また若い生徒さんは三味線を新しい音楽と捉える方が多く、

一方で60代のご婦人方となると三味線を懐かしい音楽と捉え、

余暇を楽しむ一つのものと思っている方も多いようです。

 

藍さんは元々芸の道をお伝えしたいという想いから三味線を教えることを始められました。

そのようなことから、「学ぶ」ということはしっかりと技術を伝えることだと思われていました。

しかし生徒さんによって環境が違ったり、何のために三味線を学びたいかということが異なり、

そのことを気づくまでに時間がかかったんだそうです。

また藍さん自身が忙しくなりすぎた時に生徒さんの気持ちを考えることなく接した結果、

辞められる生徒さんも出てしまったことも。

そのような経験を経てから、

「対人間として」自分の考えを押し付けてはいけないという考えを持たれるようになったんだそう。

人によって生き方も考え方も全て違う…。

藍さんは一人一人に心を込めて向き合うことの大切さを語ってくれました。

 

そして今回はスタジオで藍さんが徳島県の那賀町に伝わる「わじき小唄」を披露してくれました。

この曲は「ご当地ソング」と言えるもので、鷲敷の風光明媚な景色を歌ったものとなっています。

藍さんはこの他伝承によって伝わってきた曲を「譜面化」することで後世に残そうと活動されています。

中には江戸時代から伝承によって伝わっている曲もあるとのことで、

未来に伝統を残す大切さもお話してくれました。

 

そんな藍さんのキーワードは

き感謝き

生徒さんやコンサートのお客様から人生観など教わることは本当に多いそう。

またコンサートの際にはお手伝いをしてくださる方もいらっしゃり、

自分の労力と時間を使って行ってくださる為、感謝という言葉しかないと語ってくれました。

 

そんな藍さんが今一番力を入れているのは、ここ徳島に伝わる曲を掘り起こしていき、

譜面化と音源化をして一人でも多くの方に伝えることなんだそうです!

また三味線そのものの魅力を伝えていくことも行いたいとおっしゃっていました。

 

 

さて藍さんですが、7月に徳島でコンサートを行います!

 

藍 三味線のきらめきコンサートvol.6

〜未来へ伝えたい。阿波の唄、お座敷をお囃子入りで華やかに〜

 

こちらのコンサートが7月21日(土)に、徳島市、ふれあい健康館で行われます。

入場料は1000円!

開場は13:00、開演は13:30です。

今回のコンサートで特に力を入れているのは、徳島の曲を後世に伝えることだそう!

その他東京の粋な曲も併せて演奏されるので、

是非多くの人に聴いていただきたいプログラムとなっています。

 

詳しくは藍さんが運営されている「和の学び舎」のサイトからもお問い合わせができますので、

是非チェックしてみてくださいね!

http://wanomanabiya.com/     

 

 

 

 


<< | 2/32ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 土橋琢史
FM徳島
土橋琢史
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

recent comment

サイト内検索