Brillante ! 〜四国の輝く人たち〜

2019年11月1日放送分ネット配信

11月1日のBrillante!は、FM愛媛から、「一般社団法人 キタ・マネジメント」事業課長、井上 陽祐さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.220 2019年11月1日放送 (愛媛) 一般社団法人キタ・マネジメント 事業課長 井上 陽祐さん

今回は、「一般社団法人 キタ・マネジメント」事業課長、井上 陽祐さんにお越しいただきました。

愛媛県の南予地方に位置する大洲市は、「伊予の小京都」と呼ばれています。

市の中央を流れる「肱川」を中心に風光明媚な自然が広がり、「大洲城」、「臥龍山荘」、

「城下町として栄えた街並み」はじめ、「うかい」や「いもたき」、「志ぐれ」、「月窓餅」など見どころ、グルメも豊富です。

そんな大洲市が「観光」という切り口から活性化するよう、

「地域DMO候補法人(DMO=Destination Management Organization=食や芸術、自然、芸能、風習など、

それぞれの地域が持つ観光資源に精通し、地域と協同して観光地域づくりを行う法人)」として

物販、施設管理、不動産を中核事業として運営しながら、地域のマーケティングやマネジメントを行っていらっしゃるのが、

「一般社団法人 キタ・マネジメント」です。

大洲市と協同して活動されています。

 

「キタ・マネジメント」の名前の由来は、大洲の辺りがかつて「喜多(きた)郡」と呼ばれていたことと、

100年以上前に大洲の木蠟や絹などを海外へ輸出していた貿易商社の名前が

「喜多組(きたぐみ)」だったことから来ているそうです。

シンボルマークは、「喜多組」のトレードマークの下に、大洲盆地を表す曲線が描かれています。

 

「『喜多組』は当時、大洲の良い物を海外へ売って、大洲を潤わせていましたが、『キタ・マネジメント』は、

海外から皆さんに大洲に来ていただいて、大洲を潤わせたいという思いで、『喜多組』にあやかって、マークをいただきました。」と、

井上さんが教えてくださいました。

 

井上さんは、大洲生まれの大洲育ち。県外の大学に進学後就職され、商社で仕事をされていました。

30歳を機にふるさと大洲へUターンされ、大洲市の職員・「地域おこし協力隊」として働いていたところ、

市がDMOを作ることになり、井上さんは立ち上げから関わってこられたそうです。

 

昨年夏の設立から、どういった活動をされているか、伺いました。

 

「中核の活動としては、古民家の再生事業です。

大洲城と臥龍山荘の間に広がる『肱南エリア』には、170軒ほどの古民家があるんです。

その中の約30軒を買ったり借りたりして改装して、大阪のホテル事業者にお貸しするという、

比較的ハイクラスなホテルの誘致を行っています。

日本でも珍しいスタイルのホテルで、同じエリア内に、チェックインする古民家と、食事をする古民家と、

実際に宿泊する古民家がバラバラになっているという『分散型ホテル』を展開しようと、今準備中です。

東京オリンピックに合わせて来年の4月、まず10室と食事棟をオープンさせる予定です。」

 

施設管理、物販の分野では、

「『大洲まちの駅 あさもや』や、『大洲赤煉瓦館』、『伊予大洲駅 観光案内所』の運営を行い、

大洲や愛媛の良いものを、観光客向けに販売しています。

また大洲市の『ふるさと納税』事業を受託し、大洲の良いものを、ふるさと納税を通じて『返礼品』として

全国に発信しています。」

今年の夏、「キタ・マネジメント」より、大洲市のPR冊子「おおず-美味いもの良いもの旅-Vol.01」が発刊されました。

「まずは、ふるさと納税の返礼品のカタログとして製作したのですが、昨年7月の豪雨で、大洲市は500億円近い経済被害があり、ほとんどの市内事業者が被災されました。大洲市のふるさと納税の返礼品も、120品目あったものが90品目程度に減ってしまい、

しかも、人気のあった『じゃこ天』などは、廃業という結果になってしまっていました。結果的に、大洲市のふるさと納税は大きく減少が見込まれていましたが、今年度から弊社が事業を受託し、様々な返礼品を開発して、現在は170品目ほどの返礼品を世に送り出していっています。その中でも選りすぐりの品を、今回はPR雑誌として編集し、松山空港の有料ラウンジ、道後温泉のホテル、旅館などに設置していただいております。お陰様で現在、通常の2倍の寄付をいただいていて、今の時期、年末調整前が一番のシーズンですので、売り込みをかけていこうと思っています(*^-^*)」

 

このほか、JR西日本と近畿圏の大学とで連携した産官学の取り組み「瀬戸内カレッジ」では、

今年8月、和歌山大学の学生さんと一緒に、若者視点で大洲市内の観光コースづくりを行いました。

日本国内でも大変珍しい『禅堂でのヨガリトリート』や『浴衣でのうかい』などが企画され、

12月のコンテストで優勝に向けて、今準備中ということです。

 

さらに今、温めていらっしゃる大きな計画は、なんと「大洲城に宿泊」!

 

「12月に『大洲城の宿泊滞在型城主体験』の実証実験を行い、来年4月に、1日城主になって天守閣に泊まっていただき、当時の料理を現代風にアレンジしたコースを召し上がっていただいたり、鉄砲隊の演武も見ることができたりと、大洲に残る伝統文化を、特別にフルで味わえるラインナップの宿泊体験サービスを作ろうとしています。

ビジネスベースでは、日本初の取り組みです。」

今年夏の発表後、問い合わせが相次いでいるそうです。

 

井上さんの夢を伺いました。

 

「西日本豪雨で被災してから、大洲市は人口が急速に減少し、賑わいも減少していっています。しかし、私のふるさと大洲が、世界に認知されて、行きたい場所、住みたい街になることで、大洲が最も栄えていた明治後期のような賑わいを取り戻すことが、私の夢です。」

 

そんな井上さんのキーワードは、「世界から見てどうかを考える」☆彡

 

「私自身、高校時代に『ここは何もない街だな』と思って愛媛から飛び出てしまいましたが、留学したり海外で働いたりして帰ってきてから、一見何もない町でも、世界的に見れば、大変魅力的なものがたくさんあるなと感じるようになりました。空き家だった古民家も、視点を変えれば大変魅力的な資源です。そういう地元の良いものが、世界から見たらどう映るかを、常に考えるようにしています。

大洲は、私自身を育ててくれた町でもあるので、恩返しをすべき存在だと思っています。」

お話しによると、大洲城の宿泊体験は、1泊100万円超の予定とか・・・。殿様気分、姫気分を味わってみたいなと思いました。

「キタ・マネジメント」の子会社「株式会社KITA」の社長としても奮闘されている、

「大洲愛」にあふれる井上さんと、「キタ・マネジメント」のこれからに、目が離せません。

大洲がさらに賑わいますよう、そして大洲のために頑張る井上さんを、応援しています。

 

 

「一般社団法人 キタ・マネジメント」の

HP http://kita-m.com/

HP内に、大洲市のPR冊子「おおず-美味いもの良いもの旅-Vol.01」web版もあります。

Facebook でも情報発信されています。 

  


2019年10月18日放送分ネット配信

10月18日のBrillante!は、FM高知から、漁師の松尾拓哉さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.219 2019年10月18日放送 (高知) 遊漁船 海来 船長 松尾 拓哉さん

今日は、高知県の東部 室戸市で漁師として活躍する

松尾拓哉さんをご紹介しました。

 

松尾さんは、大阪のご出身で

幼い頃から室戸に縁がありよく通っていた中で、

室戸の海や魚、人が好きになって2016年に移住。

室戸で新しい事や夢を叶えるべく日々、頑張ってらっしゃいます。

その、新しい取り組みの一環?なのか。

オオグソクムシを生きたままふるさと納税の返礼品に!?

 

 

 

【オオグソクムシとは?】

水深200m〜1000mの深海に生息し、

ダンゴムシのような見た目・・・

 

オオグソクムシは漁の際に、よく網に入っていて

特に使い道もなく、捨てられることが多かったそうですが、

松尾さんは、限りある漁業資源を有効に活用したい、

漁師の担い手不足というピンチを打破したい!

オオグソクムシは新たな起爆剤、室戸の海のPRが出来るのではないか?

また、子どもたちには海には色んな生き物がいるんだよ!という学習にも生かせるのではないか?

 

最近では、移動水族館を実施中。

海の環境や生物について実際に触れてもらえる取り組みをされています。

 

将来の展望は、お世話になった室戸に恩返しをしたい。

その為に、次々に新たな取り組みと進化を続ける松尾さんです。

 

 

今日のキーワード

『夢を目的に変えていく、未来に向かって』

夢に向かって挑戦をすれば、周りの方も応援してくれる!

どんどんチャレンジしてほしい!と力強く語ってくださいました。

 

 

 


2019年10月4日放送分ネット配信

10月4日のBrillante!は、FM徳島から、「きっかけ食堂」の徳島代表・齋藤智恵さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.218 2019年10月4日放送(徳島) きっかけ食堂 徳島代表 齋藤智恵さん

今回は、「きっかけ食堂」の徳島代表

齋藤智恵さんにお話を伺いました!

 

 

「きっかけ食堂」とは、毎月11日にだけ開かれる『東北居酒屋』のこと。

2014年に京都の大学生が立ち上げ、現在は全国各地で開催されています。

そして、今月、四国で初めて徳島での開催が決まりました。

その代表を、26才の齋藤さんが務めているんです!

 

この食堂の目的は、“きっかけ”作り。

お客さんたちには、この居酒屋に集まり、東北の食材やお酒を味わいながら、

東日本大震災や災害からの復興・防災などについて考えてもらいたいと思っています。

 

2011年の春、齋藤さんは大学生になったばかりでした。

自分自身は大きな被害を受けず、震災はどこか他人事のような気持ちもあったようです。

でも、海外に留学に行ったときに、

『日本は大丈夫?』『いまどんな状態なの?』と現地の人々に聞かれ、

東日本大震災は日本全体の問題なんだと感じます。

 

そして、齋藤さんは実際に東北を訪れてみて、すっかり東北ファンになりました。

その土地の人や食べ物、風景の素晴らしさを伝え、

復興活動や風評防止活動を行う全国の大学生の取り組みにも、

まとめ役として積極的に参加します。

そのときの活動もあって、今回「きっかけ食堂」も、

代表として取り組むことになったのです。

 

そんな齋藤さんの、活動を通して感じたキーワードは、

ききっかけは、すぐそばにき

 

齋藤さんは、東北と関わる色々な“きっかけ”があって、

多くの人に東北を知ってもらいたいと思うようになりましたが、

いまはそれだけではないそうです。

これを“きっかけ”に、地元・徳島の魅力も伝えたいと考えているんです。

東北を知れば知るほど、

じゃあ、私は自分の故郷の魅力は伝えられるのかな?

と思うようになったそうです。

これからもっともっと、徳島を盛り上げる活動にも力を入れていきたいと話していました。

 

ありふれた生活の中に何か行動する“きっかけ”がある。

「きっかけ食堂」を訪れた人たちにも、そう感じてもらいたいんです。

 

 

難しく、堅苦しく考えず、まずはぜひ、足を運んでみてください!

「きっかけ食堂」徳島では、四国ではなかなか食べられない東北の家庭の味、

“いかにんじん”や“芋煮”をおいしいお酒と楽しめるそうですよ。

東北の味を知ることで、

あるいは、はつらつと働く齋藤さんのエネルギーを感じて、

あなたにも何かの“きっかけ”が開けるかも!

 

「きっかけ食堂」の開店時間や場所の最新情報は、

HP(https://kikkake-syokudo.org/)でご確認ください。

 


2019年9月20日放送分ネット配信

9月20日のBrillante!は、FM香川から「小豆島スポーティーズ」専務理事の渡部勝之さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.217 2019年9月20日放送(香川) 一般社団法人 小豆島スポーティーズ専務理事 渡部勝之さん

Brillante! FM香川からのゲストは、一般社団法人 小豆島スポーティーズ 専務理事 渡部勝之(わたべかつゆき)さんです。



 

2017年11月 小豆島で、初めての男子プロバスケットボールBリーグ ファイブアローズの公式戦が行われました。その当時、地元の新聞やテレビでも話題になりましたが、それを実現させたのが、渡部さんです。

その年に行われたキャンプでの要望から、超満員の開催日までの努力と工夫がたくさん詰まっていました。(渡部さんご自身の口からは、努力という言葉は出ていませんが、それがまた素敵なところです)

初めての試みなので、お金を払ってスポーツ観戦をすること自体、ハードルの高いことだったと渡部さんは振り返ります。

まずは、子供達に見て欲しい。そのためには、大人の本気を見せないと、見に来てはくれない。それなら、大人が本気になって一人の子供を呼ぼう!とバスケファンや、島の人たちが子供達のチケットを購入してくれました。そして、子供達を招待する。その招待券は、ファイブアローズの選手達一人一人が、子供達一人一人にメッセージを書いて送る。その数、なんと1700にも及びました。書いた選手とは、触れ合える時間も作りました。選手達も本気です。

ファイブアローズのチームカラーは、黄色。当日は、チームTシャツを配って、会場を黄色一色に染めました。そこには、選手達にはチームカラーに染まった満員の会場でプレーして欲しい、という願いが込められていました。それだけでなく、来たお客さんが自分もチームの一員と感じられるような、一体感や楽しさを生み出したのです。二日間とも満員御礼となりました。大成功です!!

2回目となった今年の2月公式戦では、「みんなで作る」をテーマに、自分たちで作っていこうと、参加団体それぞれのカラーでの応援となりました。3回目の来年は、またさらに進化していくようです。

 

一体どうやって人集めをしているのか、疑問をぶつけてみました。 

 

小豆島の人口は、2万7千人だから、どこかで誰かが繋がっています。関わってくれる人、作り手が多ければ多いほど拡散力が早いんです。ネットもポスターも見ているだけだったのが、自分の仲間が関わってくると意味をなすようになります。自分ごとにしていく。関わり手をどれだけ増やすか、ですね。



 

実際に、ファイブアローズの彼らが来てくれたことがきっかけとなって、選手になりたい、応援しているチアになりたい、と子供達が夢を明確に示してくれました。スポーツがきっかけとなって、一緒にイベントを作ったり、みたり、楽しんだり、とみんなで関われるコミュニティを作りたいんです。



 

スポーツで食べていける人材を増やすため、小豆島スポーティーズを立ち上げました。もちろん、ファイブアローズを応援していくことは変わりません。そして、小豆島にご当地プロバスケチームを作りたい、と小豆島STONESが5月に活動スタートし、来年は地域リーグ参入を目指しています。

チーム名は石?・・・そう、小豆島は石の文化が素晴らしいんです。昔から島の人たちがみんなで石を切って、切り取られた石が大阪城の石垣として、そこの礎になっている。一方、残った石は残念石と言って、残ってもこの島で一つの存在として価値がある。この島の石には、ここから育って世にでる、ふた通りの種類があるんです。小豆島の石のように・・・。

今週のキーワード「夢中に夢中」

夢中のきっかけさえあれば、人が変わっていくのを見ていける。そして、それを作るのに夢中になれる。「夢中」の言葉の本質をわかって、小豆島スポーティーズを始められたんです。



 

小豆島スポーティーズの理念は、「夢中のキッカケを作り続ける」今まである文化にプラスしていろんなスポーツに出会えるきっかけを作り続けたい。ファイブアローズの現役時代から、ずっとあり続ける難しさを感じていた渡部さんらしい言葉です。

子供達のすぐ横にいて、選手が進んでいる姿を見て、子供達は追いかける。当たり前の環境としたいですね、まるで柿の木みたいに。ずっとここにある、ずっと実を作る存在。

夢中のキッカケを作り続ける小豆島スポーティーズ。日に焼けた笑顔で奔走する渡部さんの周りには支えてくれる、応援してくれる、仲間が次々と集まっています。


2019年9月6日放送分ネット配信

9月6日のBrillante!は、FM愛媛から、株式会社マルク 代表取締役 北野順哉 さんをご紹介しました。

http://img-cdn.jg.jugem.jp/33f/3044618/20150930_1358935.png

No.216 2019年9月6日放送(愛媛) 株式会社マルク 北野順哉さん

今回は、「株式会社マルク」代表取締役の 北野 順哉さんにお越しいただきました。

 

北野さんが代表取締役を務める「株式会社マルク」は、2006年創業。

障がいのある方の社会的な自立を「働く」という面からサポートされています。

具体的には「障がい者就労継続支援A型事業」と言い、障がいのある18歳以上の方を

「マルク」で雇用して、実際の仕事を通してスキルや社会性を身に着けて、そして

一般企業などへ就労するという流れで、「マルク」では「データ入力」、「清掃」、「工場での作業」など

様々な職種があり、その方によって仕事を選べるそうです。

 

また、2016年からは、障がいのある児童に対して、将来的な就労や自立のための準備をする塾のようなもの、

「放課後等デイサービス」という療育事業も行っていらっしゃいます。

「就労支援事業」で培ったノウハウを使って、

将来的に働くスキル、生活するスキル、コミュニケーションスキルを総合的に

子ども達に身に着けてもらうプログラムを提供していらっしゃいます。

 

「就労の準備に特化したプログラムを提供している事業所は、まだ全国的にも少ないので、

子どもが大きくなるにつれて必要とされる支援も変わってくる中、

少年期に入った時に療育を提供してくれる施設があってありがたい、というお声もいただいています」と北野さん。

現在、「放課後等デイサービス」「就労支援事業所」合わせて愛媛県内に8事業所あり、

利用者の方から人気です。

 

「いつからでも、どの年代からでも、どの状態でもどんなハンディの方でも、一般就労へ、自立へとつなげていくような形を作ることを目指しています」。

 

 

「マルク」の名前の由来を伺いました。

 

「ベタなんですが(笑)、 世の中は、色んな事でデコボコしてけど、それを『まるく』したい、という思いが1つと、

数字って、0から9で構成されていますが、全部違う形なんですよね。

いろんな形、いろんな人が社会を構成していく世の中になってほしい、ということで、

0(まる)から9(く)、『マルク』です」

 

創業から13年。「マルク」は、今年3月、東京証券取引所に株式上場されました。

「障がい者就労継続支援事業」として「日本初の株式上場」で、話題になりました。

北野さんは、

「当社は、全従業員のうち約7割の人材が、何らかの障がいのある方です。

そのような企業が上場をしたことで、『企業の成長に障がいのある方が戦力になっている、自立できる存在だ』ということを、広く、労働市場や世の中に発信できたのではないかと思っています。」

と話されました。

 

また先日、9月1日〜2日、「G20 愛媛・松山 労働雇用大臣会合」が

松山市で開催されましたが、この100日前イベントとして5月にあった

「えひめ・まつやま 働き方改革シンポジウム 2019」で 北野さんは

パネリストとして参加され、テレワークや、働き方などについて、話されました。

 

「これからの働き方は、『チームプレイ』が大きなキーワードになると個人的に思います。

 

例えば、今どこでも言われています『働き方改革』は、『業務改革』と必ずセットで考えないと、休みを増やそうとすると残業が増える、というように、結局、表面的なものになってしまうんです。

でも、業務改革を進めていくには、これまでのように、『個人で大量の仕事を抱えてこなす』、という進め方から、『チームで役割分担して、情報、業務を共有して、全体として最適な業務効率化を目指していく』ことが不可欠かなと思っています。

実は、我が社の社是が『チームプレイ』なんです。

色々な障がいがある方、健常者、一緒に仕事をする上で、出来ないことは補い合って、

出来ることは伸ばし合って、力を合わせて業務に取り組んでいく、その精神、心がけが必要なので、

健常者と障がい者が共にチームとして業務を最適化していくことにこれからも取り組み続けていきたいと考えています。」

 

シンポジウムでは、「バリアフリー」についてもお話しされていました。

 

「バリアフリーは、環境整備だと思います。

心理的なバリア、物理的なバリア、両方の面があると思いますが、チームとして働く中で、

バリアをできるだけ取り除くことで、力を発揮しやすい環境が作れます。どの企業でもバリアを取り除く必要があるかなと思います。」

 

モノ、心の垣根を取り払うことが、本当の意味での「チームプレイ」への近道かもしれませんね。


 

実は北野さん、経営者の他に、「スポーツコメンテーター」としての顔も持たれています。FM愛媛では、「trip」(毎週土曜日8:30〜放送)に出演中。ご自身は現在、

「トライアスロン」や「自転車」などをされているそうです。

 

「トライアスロンはライフワークでもあり、10年続けています。

今年は上場のことなどもあり、大会には出場できていませんが、トライアスロンは

『生涯スポーツ』なので、僕自身も70代まで楽しんでいければと思っています。

また、ロードバイクでサイクリングすることや、出張先、旅先で知らない街をジョギング、『旅ラン』なども楽しんでいます」。

アスリート!多才です。

 

北野さんの夢を伺いました。

「夢は、当社の経営理念でもあるんですが、『我々のような事業がなくても、障がいのある方が自立できる社会の実現」』です。逆説的かもしれませんが、自分たちの存在を、いつかなくすような社会にするために、今、日々全力を注いでいます。

株式上場も、『その目標、経営理念を達成するにはどうすればいいか?自分たちが社会に対して果たせる役割や、発信できるメッセージは何か?』と考えて行ったことなので、これからも、自分たちが大切にしている想いはブレることなく、社員たちと共に頑張っていきたいと思います。」

 

 

そんな北野さんのキーワードは、「想い

「振り返ってみると、自分が大切にしていることだったり、その『想い』を、どれだけ

強く思い描くことができたか、それによって先の行動が変わって、様々な結果に繋がっているように思えるんです。自分の人生の指針となるキーワード、出発点として、『想い』というものがあるなあと思います」。

 

 

そしてこのほど、「株式会社マルク」が、一般財団法人 船井財団主催の

『グレートカンパニーアワード2019』で、9,000社超の企業・法人の中から、「信念のある取り組みを続けてきた」ということで、「社会貢献賞」を受賞されました。おめでとうございます!

 

北野さんの真っすぐな熱い想いがたくさんの方に届いて、愛と笑顔がいっぱいの

「まるく(マルク)、まあるい世の中」になりますように、私達1人1人も、

何ができるか?と考えて行動したいですね。

 

「株式会社マルク」のHP   http://maruc-group.jp/

北野さんのTwitter   https://twitter.com/junya_kitano

              Instagram  https://www.instagram.com/junya_kitano/

            Facebook   https://www.facebook.com/junya.kitano.9 

 


<< | 2/38ページ | >>

パーソナリティ

FM香川 大津奈美子
FM香川
大津奈美子
FM徳島 森寛子
FM徳島
森寛子
FM高知 加藤 結
FM高知
加藤 結
FM愛媛 大澤さつき
FM愛媛
大澤さつき

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

recent comment

サイト内検索